故障しにくいPC、修理しやすいPC

2008年12月27日

パソコンで壊れにくいメーカーってどこ?

と聞かれ

「どこも似たようなもんなので自分次第」

と答えたのですが、本当にそうなのか調べてみると、オールアバウトのライターが
なかなか良いことを書かれていました。

私はこの手の記事を読む時、一番最後のページから逆に読むので4ページ目です。
ちなみにテキトーに情報誌を読む時も裏表紙から読みます。関係無いですが。

「故障しにくいPC」!?の見分け方 - [デスクトップパソコン]All About
http://allabout.co.jp/computer/pc/closeup/CU20080717A/index4.htm


もっと関係ありませんが、約2年前に大騒ぎしたDELLノートの爆発炎上。

DELLのノートパソコンが突然、爆発炎上 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060622_dell_danger/

DELLノート爆発炎上

故障しにくいパソコンは?
オールアバウトより

* 大手PCメーカー製
* ミニタワー型またはタワー型で、薄型機体以外
* メモリなどの周辺機器は購入時に増設しておく



なるほど、その通りだと思います。

下から行きますが、増設や周辺機器は最初から付けておけば、故障していない前提、要は初期不良ではない正常な状態での取付なので、何かあった時に増設などが原因ではないと言えます。

ミニタワー、タワー型(フルタワーとか)も賛成です。以前、スリムPCの電源はヤバイという記事やノートパソコンには無理があるということを書きましたが、パソコンってのは中身が広い方が良いのです。冷却や拡張性だけでなくメンテナンスし易いからです。

後まわしにした「大手PCメーカー製」が良いということ。
実はこれも半分合っていると思います。さんざんBTOを勧めておきながら何だと思われるかも知れませんが、BTOはカスタマイズできる利点ともうひとつ「金を出せばオプションが付けられる」ということ。

オプションというのは、ハードディスクの熱伝導を効率良くするシートや、大型ファンに取り替えたり追加したり、これらは購入者次第ですが、大手メーカー(私が見たPCは富士通)は初めから壊れにくいように設計されていることが昔はありました。ここがオチです。

最近は大手メーカーと言われるブランドも価格競争が激しく、そういった「壊れにくい設計」が薄く、または無くなってきています。どことは言いませんが、NE●などです。

BTOは壊れにくくする判断が自分でできるという利点があるわけです。


修理しやすいPC
上に答えが出ていますが

・ タワー型(フルタワーも良いです)のケース
・ ノートPCではない
・ CPUを取り替えるレベルなら、可能な限り最近のパソコン

3番目は私の経験からですが、今時Pentium3以前のPCを修理しようという人もいないでしょうけど、Socket478より前は構造が少しややこしかったり、設計が親切ではないので難しいことが多いです。慣れなければ何でも難しいとは思いますが。

修理しやすいということは、メンテナンスしやすい、ということなので、普段からクリーニングをしていない場合、またはする気が起きないほどケースの開け方が難しそうな場合、イコール壊れやすいということにもなります。

掃除しましょう。
各メーカーの修理担当者は口を揃えて言うはずです。


そんなことよりパソコンって爆発するの?
ソニーもですが、DELLは有名なので、不具合あったらすぐリコールですね。他のメーカーでもあるはずですが、出荷数が少なくて判らないことはあっても放置は無いと思います。

例えばマウスコンピュータの場合、サポート情報で公開されます。
mouse computer Support Information
https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_news.asp

過去情報もしっかり残っています。
例)・ EasyCube M56DR DVI出力についての不具合 (2005/08/31)

マスコミが騒ぐか騒がないかの違いでしょう。
本格的にヤバイ時は、メールなどではなく郵送や電話で連絡があるはずです。


何となく漠然としてしまった気がしますが、結局は「ユーザー次第」ということは
オールアバウトのライターに全く同感です。

壊れた -> メーカーが悪い

その前に、自分の使い方やメンテナンスに問題が無かったか、
よく考えてみましょう。

本当にメーカーが悪かったら一発目からコールセンターへ怒鳴るのはアリです。
私ならそうします。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。