DELLのパソコンマニュアル(部品交換手順書付き)

2008年12月18日

以前、DELL方式のBTOパソコンで書きましたが、サポートどうなんだろう?
ということで、サポートとは少し違いますがマニュアルがダウンロードできるのか
調べてみました。調べたというよりググっただけですが。

DELL 製品マニュアル
http://support2.jp.dell.com/jp/jp/docs/index.asp


普通のBTOパソコン屋さんとは違い「モデル名」「サービスタグ」「ログイン」
3種類が選べます。シリアル番号、型番からの検索のどちらかはあることが多いですが
ここまで選べるシステムになっているとはさすがです。

DELL製品マニュアル


ちょうど1年前、プライベートで修理したことのある"OptiPlex GX270"を選択。
JavascriptかAJAXかは判りませんが、スムーズに移動できました。

DELLマニュアルOptiPlex GX270


「正面」「背面」は分りますが「内部」とかあり、本当にCPUやメモリ交換の方法が図や
写真で解説されています。これはすごい。知りませんでした。


こうなると気になるのはノートです。

ハードディスクは外のフタを1つ開ければ交換できることが多いのですが、
メモリやCPUは本格的にケース(ベアボーン部分)を分解するパターンが多く
どこまで説明してるのだろう、というわけです。さすがにノートはきついはず。

現物見たことありませんが"XPS Laptop M1210"で、日本語を選択。

XPS Laptop M1210

当然ですが、HTMLとPDFを選べますね。

このノート1台しか持っていないなら、印刷しなければ交換作業ができません。
できなくは無いかも知れませんが、内容を覚えておくことになります。
PDFは版権ありそうなのでHTMLを選択しました。

DELLマニュアルノート英語・・・

英語・・・ まぁ、この程度なら単語で分りますが、問題は説明文が英語だと
どうにもならないです。エキサイト先生が使えなければなおさら。


まずはとりあえずハードディスク。

DELLマニュアルノートハードディスク

おお、写真!しかも手順が矢印で判るようになっています。
裏面のビスを抜いて、横からスライドすると良いってことですね。OKラジャ。


ではメモリ。

DELLマニュアルノートRAM

ケチの付けようがありません。
メモリの外し方まで絵で表現。使い回しできるからでしょう。

次はCPU。ここからは分解になることが多いのでどうかと思いますが。

DELLマニュアルノートCPU

いやはや。普通に外し方載ってます。

マイナスでひねると、途中で「コキッ」という感触があって外れます。
しかし、これはあからさまに分解済、ですよね。

しかし"Mother Board"って項目は無かった気が・・・、と思ったら、"System Board"に
ありました。はい、ドン。

DELLマニュアルノートマザーボート

ここまで来たら、2個1とか3個1できそうです。
DELLの同型番で「電源が入らない」と「液晶が割れている」の2つあったらいけそう。

しかし液晶が、と思ったら"LCD"ではなくて"Monitor"のリンクがありました。
これ。

DELLマニュアルノートLCD

参りました。すばらしい。

DELLパソコンのマニュアルは、製品の機能説明だけでなく、完全に分解(バラバラ)に
できるまでの説明書になっているのです。おそらく全製品。

分解推奨なわけではなく、おそらくこれはDELLパソコンをオンサイト(出張修理)する
業者がオンラインで見て作業できるように、という意味もあるのでしょう。

ここまで解説してあれば、部品さえあればDELL製品は私でも修理や交換できます。

小出しにしたり制限かけたり有料だったりする日本のメーカーとは違いますね。
少しは見習って欲しいものです。


ちなみに"OptiPlex GX270"は、ケースを開けてCPUを交換するまで、ビスが1本も
ありませんでした。全部手で外せる仕組みになっているのです。

調べれば調べるほど、他社とは比較できない規模で充実しています。
DELL。すごいです。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。