ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(操作編)

2008年12月16日

昨日の「ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(起動編)」の続きです。

操作といっても選ぶだけなので簡単なのですが、全部英語なので間違ってフォーマット
してしまわないよう、 ローレベルフォーマットのやり方を簡単に説明します。

ローレベルフォーマットの利点として、クラスタエラーなどの軽めの不具合が
もしかしたら直るかも、という期待があります。(直っても怖くて用途限定されますが)

もう1つは、通常の(Windows上とかで実行する)フォーマットよりも1つ下のレベル
なのでデータが復元できなくなる可能性が激高いことです。(100%ではありません)

別の理由でOASYSやPC98、MSXに接続するということもあるかも知れませんが
そんなマニアックな人は直観でできるので読まなくて大丈夫だと思います。

※パワーマックスはここからダウンロードできます
PowerMax 4.23 - ハードディスク診断ツール ダウンロードサイト
https://btopc.jp/

ディスクを入れて起動する
昨日作ったディスクを入れて、そこから起動させます。
この画面が出たらOK。※ノートで起動して画面左上を撮影しています

PowerMax起動画面

自動でバッチファイルを読まず、この画面になってしまったら、A:\>の後に
autoexec
と入力してリターンキー(Enterです)を叩けば起動します。

PowerMaxコマンドプロンプト画面

ちなみに、上の方で
dir/w
と入力していますが、これはディスクの内容(ファイル)を横並びに一覧するコマンド。
私が上げたファイルなら画面と同じ9ファイルがあるはずです。
空っぽだったら焼きに失敗したなど、正常にディスクができていません。


使用に同意してセレクト画面へ
同意も何もMaxtor社が無いのですがそれは良いとして、この画面が出たらF8を連続して2回押しましょう。何と書いてあるか読んだことありませんが、多分「もしデータ消えても知らんし責任取りませんよ」とか書いてあるのだと思います。おそらく。

何か色々書いてありますが"F8"キーを押すと進み、"Esc"を押すと終了します。

PowerMaxの多分同意画面その1

もう一度出ます。ここでも"F8"ならば次へ、"Esc"で終了します。

PowerMax多分同意画面その2

2回のF8ゲートを抜けると数秒~数十秒ほどドライブを認識に行きます。
1分かかったことは2回しかありません。そのハードディスクは壊れていました・・・

PowerMaxデバイス認識中の画面


装置と機能を選んでHDDを検査してみる
ドライブの選択画面。このパソコンは上から、

1.プライマリマスタ  ・・・ハードディスク
2.プライマリスレイブ ・・・なし
3.セカンダリマスタ  ・・・なし
4.セカンダリスレイブ ・・・DVD-RAMドライブ

となっています。なぜ光学ドライブがスレイブなのかは分かりません。
ちなみに「HTS~」で始まるハードディスクは日立、という感じで決まっていますので、どれがハードディスクか分からないなら(PowerMaxのようなマニアックなツールは使わない方が良いですが)、ググるかヤフって検索してみてください。

PowerMaxドライブセレクト

いきなり飛びますが、これはドライブのテスト中画面です。
ハードディスクを選んだ後、QuickかAdvancedテストを押したのだと思います。
検査したい場合は、まずQuick(90sec)した後にAdvancedしましょう。90秒のテキトーテストでエラーが出るようならダメです。Advancedはかなり時間がかかるので覚悟して押してください。途中で終了したい時は、WindowsみたいにCtrl+Altを押しながらDeleteキーを押すと再起動できます。
PowerMaxドライブテスト


ローレベルフォーマット
一応、先に書いておきます。

この操作をすると、ハードディスクのデータは全て消去され、復旧できないくらいすごいフォーマットが実行されます。冗談やテストで必要なデータが入ったHDでやらないように。


さて、まずは機能の選択です。
ディスク検査とローレベルしか使ったことないですが、上から

1.(知りません)
2.クイックテスト90秒※多分ランダムに何となくリードテストするのではなかと
3.アドバンスドテスト※FullReadScan=全部読んでみるテスト
4.(多分書込テスト)
5.ローレベルフォーマット(Full)※データ消えます
6.ローレベルフォーマット(Quick)※データ消えます
7.(多分別のドライブを選ぶ画面へ)
8.(おそらくMaxtor社情報が出る)

PowerMaxローレベルフォーマットの選択画面

なぜローレベルにクイックがあるのか分かりませんが、Quickは数秒で消えたと記憶しています。単純に領域や論理フォーマットをぶっ飛ばすだけならこっちで良いと思います。

で、下の画像がFullの方を選んだ画面。

PowerMaxローレベルフォーマット開始の同意その1

一度、本当にやってもいいのか?の画面が出て"Yes"を選んでも、もう一度マジで消してもいいの?の画面が出てここでも"Yes"を選ぶと問答無用で開始されます。消えるとダメなハードディスクなのでビビってYesは押しませんでしたが、最初の選択は上のような画面です。

久々に本格的な役に立つ記事を書いた気がします。

ハードディスクの検査ツールは数あっても、どんな検査をしているのかよく分からないし
DOSで動くフリーのツールは、ほとんど自社製品しかチェックしてくれません。
体感できるほどおかしかったら検査の必要も無いので、消耗品として使い、
壊れる前提でデータはバックアップしておきましょう。

以前書いたメモリ検査のフリーソフトはこちら
パソコンのメモリ検査フリーソフト"memtest86+"(起動編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-76.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。