ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(起動編)

2008年12月15日

書いていて本当にフリーなのか気になってきましたが、配布元のMaxtorが
無い(seagateに買収された)ので気にしないことにしました。

ハードディスク検査とローレベルフォーマットのパワーマックス

このツール、無料でダウンロードできていたのは確かなのですが、探しても
見つからず。"cowscorpion.com"というサイトにあったようなのですが、
2007年の12月頃にドメイン失効して誰かに取られ、現在アクセスできません。

というわけで、"BTOパソコン.jp"へアップロードしておきました。

PowerMax 4.23 - ハードディスク診断ツール ダウンロードサイト
https://btopc.jp/

PowerMaxのハードディスク検査は優秀なの?
ぶっちゃけ大したことありません。無いよりはマシな程度。
しかし、Windows上で検査するフリーソフトなどよりは検出精度は高いと思います。

私は修理現場で色んな検査ツールを見ていたので、数百万円するハードディスク検査ソフトなどと比較しての感想です。しかし、PowerMaxの何が良いかってハードディスクのメーカーを問わないことなのです。さすがMaxtor太っ腹。(もう無いけど)


PowerMaxの使い方 - インストール~起動まで
PowerMaxを探して上げるだけで3時間かかったので今回は起動までにしておきます。(画像をアップロードする気力が無い)
以前書いたmemtestのようにパソコンの電源を入れた後、Windowsではなく直接(DOSで)検査ツールが起動するパターンになります。

FD(フロッピーディスク)で起動ディスクを作成する場合

 1.先に空のFDを用意するかフォーマットしてFDD(Aドライブ)に突っ込んでおく  2.上のサイトで落としたzipを回答して、実行ファイルをダブルクリック  3.画面の指示通りに進むと、最後あたりでFD作成が実行される


CDまたはDVDで起動


 1.上のサイトで落としたISOイメージをCDかDVDに焼いて終わり


以上です。起動はFDまたはCDを入れたまんまPCを再起動でOK。
ブートデバイスの設定はmemtest86+のページをどうぞ。

メモリ検査フリーソフト"memtest86+"(起動編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-76.html

どっちでも良いですが、FDの利点として書込OKにしておくとエラーなどのログが残せます。が、そんなマニアックなことをする必要は無いですしする必要も無いでしょう。てきとうにそこら辺に転がってるDVDとかに焼いてください。

<関連リンク>
ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(操作編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-104.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

捜していました
凄く助かりました
ありがとうございます

それは良かった。
Power Max は、ローレベルフォーマットがメインなのでご注意あれ。
※HDD検査は大した内容では無いという意味です

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。