ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(起動編)

2008年12月15日

※2020年7月1日追記:当記事にあるPowerMaxは2020年現在、すでに使用不可と言えるほどの古い仕様となっており、DELLのPowerMaxは全く別モノなので再検索を。一応、このページは当サイトの記事として残している&削除はしない方針なので残しているまで。


書いていて本当にフリーなのか気になってきましたが、配布元のMaxtorが
無い(seagateに買収された)ので気にしないことにしました。

ハードディスク検査とローレベルフォーマットのパワーマックス

このツール、無料でダウンロードできていたのは確かなのですが、探しても
見つからず。"cowscorpion.com"というサイトにあったようなのですが、
2007年の12月頃にドメイン失効して誰かに取られ、現在アクセスできません。

というわけで、"BTOパソコン.jp"へアップロードしておきました。

PowerMax 4.23 - ハードディスク診断ツール ダウンロードサイト
https://btopc.jp/

PowerMaxのハードディスク検査は優秀なの?
ぶっちゃけ大したことありません。無いよりはマシな程度。
しかし、Windows上で検査するフリーソフトなどよりは検出精度は高いと思います。

私は修理現場で色んな検査ツールを見ていたので、数百万円するハードディスク検査ソフトなどと比較しての感想です。しかし、PowerMaxの何が良いかってハードディスクのメーカーを問わないことなのです。さすがMaxtor太っ腹。(もう無いけど)


PowerMaxの使い方 - インストール~起動まで
PowerMaxを探して上げるだけで3時間かかったので今回は起動までにしておきます。(画像をアップロードする気力が無い)
以前書いたmemtestのようにパソコンの電源を入れた後、Windowsではなく直接(DOSで)検査ツールが起動するパターンになります。

FD(フロッピーディスク)で起動ディスクを作成する場合

 1.先に空のFDを用意するかフォーマットしてFDD(Aドライブ)に突っ込んでおく  2.上のサイトで落としたzipを回答して、実行ファイルをダブルクリック  3.画面の指示通りに進むと、最後あたりでFD作成が実行される


CDまたはDVDで起動


 1.上のサイトで落としたISOイメージをCDかDVDに焼いて終わり


以上です。起動はFDまたはCDを入れたまんまPCを再起動でOK。
ブートデバイスの設定はmemtest86+のページをどうぞ。

メモリ検査フリーソフト"memtest86+"(起動編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-76.html

どっちでも良いですが、FDの利点として書込OKにしておくとエラーなどのログが残せます。が、そんなマニアックなことをする必要は無いですしする必要も無いでしょう。てきとうにそこら辺に転がってるDVDとかに焼いてください。

<関連リンク>
ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(操作編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-104.html

今月のオススメBTOパソコン

コメント(2)

捜していました
凄く助かりました
ありがとうございます

それは良かった。
Power Max は、ローレベルフォーマットがメインなのでご注意あれ。
※HDD検査は大した内容では無いという意味です

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。