Colorful製など低価格SSDの品質疑惑が炎上し祭りへ

2018年6月 6日

中華製の激安SSDに激震。

個人的には聞いたことないメーカーの安物SSDでも動けばOK、普通に速度が出るなら大丈夫と考えていたけれど、偽インテルロゴのプリントや廃棄されたチップを載せて新品として販売しているとの噂。

安物をつかんでいるならご注意あれ。

Colorful製など低価格SSDの品質疑惑が炎上し祭りへ

これを書いている2018年6月5日現在までの情報、以下のメーカーのSSDをお持ちなら祭り対象製品の可能性がございます。

  • Colorful(カラフル)
  • SUNEAST(サンイースト)
  • PHISON(ファイソン)
  • KingFast(キングファスト)
  • Zheino ※日本語読み不明

というか、有名メーカーやブランドよりかけ離れた安さのSSDは全部そうなのでは?と疑える根拠が多数。

元ネタはこちらで、5/31頃からのツイートをお読みあれ。6/5現在までこの話題で持ちきり中。

PC修理廃人(@pana_junk_pc)さん | Twitter
https://twitter.com/pana_junk_pc?lang=ja

過去ログも読むと相当な腕前の修理スキルをお持ちなご様子。はんだ付けで溶接されたCPUを基板からはがす程度は簡単と言われるレベル。

それは良いとして、祭りツイートを並べて参ります。

Colorfulは昨年辺りから頻繁に見かける、今では個人的に割と知名度高くなってきたと感じていたメーカー。目印はColorfulというメーカー名以外に640GBという珍しい容量。 

淘宝はTaobao.comのことで、一時期確かYahooがテコ入れしていたと記憶しているアリババ系の中華ネットショップサイト。タオバオで販売している怪しい基板に偽インテルチップを搭載するスタイルなのだろうか。山寨は直訳すると山賊のような感じ。

続き。

out of qualityは直訳すると品質低下。そしてインテルの偽物とご指摘。

違いがおわかりだろうか。

後ろの画像がインテルの本物で、Intelロゴの周囲の曲線をイメージした下が太めになるデザイン、に対して偽疑惑のあるマークは細い線。インテルのようなデカい企業がロゴをミスるわけがないと思えば偽物か。

更なる詳細。

リマークとは。

製品に記された刻印を不正に変更して、安価な物を高価な物に見せかけて販売する不正行為(悪徳商法)をさす。この行為によって売買される物品を「リマーク品」と呼ぶ。

source:リマーク - Wikipedia

悪徳商法。

  • 原片・・・大丈夫
  • 白片・・・少し問題ある
  • 黑片・・・廃棄レベル

その黑片、廃棄物の印字を削るか何かで消した上に偽インテルチップとして搭載されているという。

偽チップ以外の廃棄物レベルなやつも存在。

廃棄した目印として線で刻む。

その代表的な例がこちらのようで刻まれすぎ笑った。

もはやAmazonがタオバオ日本支店状態か。

名前の知れてきたColorfulのSSDは本場中国でさえ評判悪い。

もうダメかもわからんね状態。

リンクスのやっちまった感ある現在

6月4日のリリース文。

事実無根として否定するとともに、COLORFULのSSDはNANDメーカーの純正品のみを使用した嘘偽りのない製品仕様であることをお知らせいたします。

source:COLORFUL SSDにおける実装NANDおよび製品仕様についてお知らせ | リンクスインターナショナル

これほど証拠があがっているというのに言い訳、どころか公式でもしウソ公開ならマズいのでは。確実に純正品であると証明できなければ、国内でPCパーツ取り扱う代理店としての信頼が無くなってしまうと思うのだけれども。

 

単品でもBTOパソコン搭載でも普通に販売されている

祭りは5月31日から開催中で現在でも指摘されているSSDは販売されているのだと思う。さすがにパソコン工房なら気付いて引っ込めたか、は不明。

約8千円は250GBクラス、1.3万円は500GBクラスの中でも安い方かそれ以下であり、容量的なコスパはColorfulよろしい。

BTOパソコンはドスパラがカラフルな模様。

カラフルなはずなのに真っ黒なのかも知れないに。

ツクモはとっとと撤収。

そして安定のトランセンド。

BTOパソコン.jp管理人、そんな私も自宅PCはもちろん自作PC。

 

安物買いの銭失い?良い勉強になったと思うべきか

個人的な感覚や価値観で言えば、故障していないなら使い続けて壊れるまで耐久テスト状態で良いのでは、と感じており、そうは行かない人はバックアップしていないだけでしょう。

しかし私は前日までのバックアップしかしていないため、当日分のデータが吹き飛び前の日分までロールバックは痛い、このようにリアルタイムでバックアップしていないなら考えものですな。 

今回の祭りで学べたこと。

  • 聞いたことのないメーカーは避ける
  • 有名メーカーよりやたら安いSSDも避ける
  • BTO PC搭載SSDはメーカーやブランド不明を避ける

故障して良いとか、RAID0して遊ぶ用としてならアリかも知れないけれど、このたびの疑惑で知らないメーカーのSSDはヤバいかも、と認識できて良かったと思う。

「人の噂も75日」ということわざがある通り、今から2ヶ月と2週間くらいは尾を引くと思われ、格安系な中華SSDを単品販売しているならやめるBTOパソコンならばSSDの型番を書く、を徹底した方が良さそう。

しなくても良いけれど信用失う可能性。

SSDは歴史が割とあり始めたとはいえ、HDDとSSDの違いがわからない人はパソコンに詳しい人間へ聞くものであり、そういう私のような相談される側はこの件を存じているわけで。

問題は型番やメーカーを元々書かない大手PCメーカーでしょうな。

NECや東芝がノートPCにSSDを搭載したとしても記載する項目は容量のみ、あったとしても速度程度のもので、パーツがどこのメーカーなのかはもちろん、型番など不明が基本。

見分け方としては容量しかないわけで、そんなSSD搭載の大手メーカー製品は怖くて手が出せない。いや、元から出さないけれど。

というわけでSSD搭載ならBTOパソコンおすすめ。SSD非搭載でもおすすめ。SSDならメーカーと型番の確認を。わからないなら私はスルーしたい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(10)

Colorful→Crucial、Corsair
SUNEAST→SANDISK
PHISON→PLEXTOR
KingFast→Kingston

こんな感じですか分かりません。

>Zheino ※日本語読み不明
会社が中国ですから、おそらく中国語の読みを英語に当てはめたモノ。という訳でそのまま、ゼノーとかゼイノーとか読むのでは。

>後ろの画像がインテルの本物で
確かメモリモジュールだって、品質検査をパスしたら高速に動作するメモリモジュールとして出荷、パスできなかったら下位速度規格のメモリモジュールとして出荷、というシステムだったはず。ならばSSDも「高速で動作はしないけれど、ある程度の速度で動作可能。寿命や耐久性には問題ない」くらいの認識で良かろう、というのが私の意見。

値段を考えれば、Intelのチップを使っているのでIntel純正SSDと同じ速度が出る、と思うのは虫が良すぎる話。

>PHISON(ファイソン)
だいぶ以前(3年ぐらい前?)から「PHISON」製コントラーラーの載ったSSDを使ってます。
>https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/dosv/1016692.html
このコントロラーメーカーPHISONと同じ会社なんですかね。
SSDのメーカー自体はシリコンパワーでしたが。

今のところ問題無いですが。

PC修理廃人氏、容量の見方に付いて間違っていたようで謝罪してたり、それでも疑わしきという状況は変わってなさそうでまだまだ目が離せませんね。
追加でSSDを入手してきて検証まではじめてたり、若干意地で引けなくなってる可能性もありそう。
状況的にリマーク品だといわれると納得してしまう材料がそろっているだけに、慎重に判断したいところでもあります。

しかしリンクスがお知らせ出したりしてる割には大手が全く触れないのが気になるところ。

低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある | スラド ハードウェア
https://hardware.srad.jp/story/18/06/07/0455213/
BTOパソコン.jpがスラドのネタ元になっていますw

リンクスからさらに反撃がきましたね。
http://www.links.co.jp/2018/06/post-464/

これはColorfulに関しては大分ホワイト側によってきたように見えますね。
個人的にはColorful以外の、実際に傷ありのチップが見つかったところの方が気になりますがそっちが音沙汰なしのまま収束してしまうとしたら残念です。

https://twitter.com/pana_junk_pc/status/1050326607364149248
https://twitter.com/pana_junk_pc/status/1050328431290798080
https://twitter.com/pana_junk_pc/status/1050330299710693376
https://twitter.com/usagihoshii/status/1050328381194100736
https://twitter.com/monacoin241/status/1050581256184844288
https://twitter.com/monacoin241/status/1050585417358045185
結局黒だと確定したようですねw

https://twitter.com/pana_junk_pc/status/1050402173316546560
https://twitter.com/ki873/status/1050527813533491200
ほんこれw

>左の「ドスパラ」の説明文をこう書き直すべきか
書き直すならついでにBTOパソコンメーカーの知名度調査もやり直したらいいと思いますw

>ドスパラZ1
【SSD】 ドスパラSSD『Z1』シリーズのMicron偽装問題まとめ。製造元の言い訳があまりにも酷すぎる件 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
http://blog.livedoor.jp/nichepcgamer/archives/1072291674.html
ドスパラが販売しているのはMicron製チップを騙ったSSDですねw
これもMicronに問い合わせればはっきりしますけどねw

インテルやMicronにリマークしたチップを利用しながら、インテルやMicronのチップ搭載と宣伝するのは不正競争防止法違反か商標法違反に当たるんじゃないんでしょうねw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。