b-mobileへMNPして速度を実測しつつ体感での比較

2019年3月23日

FREETEL(現、楽天モバイル)からb-mobileへ移行。

MNP代もバカにならないので格安SIM難民としてはここで最終としたく、私のMNP版と友人の高校生の子ども用を新規で契約。いつものMNPとは少し手順が違った、自動で切り替わらなかったので報告。

難しい話ではございません。

b-mobileのMNP版と新規バージョンの違い

ネコポスで届いた、格安SIMあるあるで別に問題はございません。

ネコポス

左は私のMNPによる移転、右は新規のパッケージで少し違う。

b-mobileジャストフィット990パッケージ比較

裏面も違うのは当たり前か。

パッケージ比較裏面

中身は電話番号などの固有情報以外は同じ。

マニュアルとSIMカード

SIMは切り取る位置で大きさが変わる最近のあるある仕様。

SIM交換

SIM難民的にはいつもの作業なので、もう何とも思わない簡単なお仕事。 

 

他社とやや違うMNP完了手順や最低利用期間

MNP前のb-mobileマイページがこちら。

MNP完了手続き

受付番号とはMNPの予約番号のことで複数の回線を移転するなら必要になるのでしょう。業者かな?と思ったけれど、例として家族4人とかで移転するならば、移転元の支払い日などで調整が必要になるのかも知れない。

切り替えボタンを押して確定すると画面がこうなった。

ステータス画面

月額の起算日が1日で末日締めだと勝手に思っていたが違う。MNPが完了した日からの30日が一回転。なので移転元が月末締めならば、月の下旬にMNP手続きした方が良いと思われ、b-mobileの「30日間」は上手いと感じた。

一ヶ月ならば30か31日、平均30.5日、2月入れても30日は切らないところ30日間とされるとほんのりこちらが損する計算。些細なことだけれども。

もう1つ意外に感じたところは解約金なしの解約までが短め。

最低利用期間は4ヶ月

どこも音声通話アリなら12ヶ月縛りと思っていたけれど、b-mobileは4ヶ月で8千円払わなくても出ていける仕様。

切り替えボタンを押してスマホ側を設定変更。

APN設定

私の端末には登録されていたのでそのまんま選択すれば4G通信できた。できなければ、選択が無いならSIMカード入っていたマニュアルの通り手動で登録すれば普通に使えるはず。

 

b-mobileの990円1GBプラン回線速度実測

全然速くないどころかFreetelの方がまだ良かった気がしてならない。

平日金曜18時過ぎのスピードテスト実測

画像の上部にある時刻の通りで18時台。

この日は金曜なので一応平日ながら3Mbps近くは出ており特に文句は無いけれど、この時間でこの程度ならばFreetelとそう変わらない。

そして先程再び計測。22時台。

bm2232.jpg

まあ、普通ですな。格安SIMならばこんなところ。

24時台。

bm2400.jpg 

左の24:38は良いとしても、右の24:15の低速さが気になる。上下とも遅くなっているので端末側の調子が悪かったのか。

これ以上深夜帯を実測しても意味なさそう&おそらくこの記事が公開になる27時0分よりも前に私は寝落ちしていると思うので、また改めて報告したい。

知りたいのは平日12-13時。別の記事にはせず、この下へ追記予定で。※更に下にて追記

 

格安SIM難民としてLinksMateを試したい

もしかしてと思い調べると、移転前のFreetelも別に遅くはなかったようで、実際に体感で「え?」と思うほど遅くはないb-mobileで3M出ているなら違いがわからなかったのかと。

上で書いた通り、ドコモ系格安SIM共通して弱い時間帯が平日の昼休みにあたる12-13時の1時間とその前後。

これを書いている今は金曜から日付が変わった25時頃なので土曜。月曜以降の正午前後に実測して結果報告する予定。

※結果報告予定地

追記(2019.03.25 昼下がり)

友人の話を疑っていたわけではないけれど、格安SIM難民として平日の月曜昼にこの数値は正に驚異、圧倒的異例。カイジ抜きでもざわざわできるレベル。意味不明なら失礼。

Screenshot_20190325-121351.png

ほとんどのドコモ系格安SIMは1Mbpsさえ出なくなるところ、b-mobileは3回の計測で上下共に2Mbpsを切らなかった。上のスクリーンショットは一番悪かった数値。

オマケで一昨日の土曜も。左から10時、12時、13時くらい。

Screenshot_20190323-101814.png

土日の昼は他社も低速化は平日ほどではないとしても、余裕で3Mbps超えるため、LINEとかChromeブラウザで天気のライブ見る程度ならWi-Fiとの違いは体感できない。

良いものは良いとして広めたい方針なので宣伝して差し上げましょう。

b-mobile ホーム|スマホの月額料金を安く。世界初のMVNO-日本通信
https://www.bmobile.ne.jp/

私が言っているのはドコモ版の月額990円~プランのことで、ソフトバンク版は話が違う、知らない、わからない点にはご注意あれ。

※追記ここまで

難民遊びすると、本当にこれで体感遅くないのか?ドコモ本家はもっと速かったのか?と疑ってしまう。

私はガラケーからいきなり格安落ちしたのでドコモの速さを知らない。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>左は私のMNPによる移転、右は新規のパッケージで少し違う
何となく分かっていましたけれど、パッケージにでかでかと書かれている「990」は最安プランの月額料金ですか。少しだけ「もしかして990Mbpsが上限か」と思いました。

>解約金なしの解約までが短め
ヒツジ先輩がそれに気づかなかったということは、b-mobileの広告ページやら契約画面やらでその点はアピールされていない、イコール大多数のユーザはそれに気づかない、ということですね。

せっかくですから「月額料金を6ヶ月間マイナス300円する代わりに最低利用期間が3ヶ月伸びるオプション」でも出したらお互いに得しそう。

>回線速度実測
3Mbps前後で非常に低速、7Mbps前後で低速とは、Googleってけっこう厳しめな判定だったのですね。ADSL時代って5Mbpsも出ていれば十分だった気がしますけれど、HD動画くらいなら快適に再生できることが条件な現代ではギャップを感じる次第。

Google基準ですから判断材料は「YouTubeが快適に閲覧できるか」でしょうか。

nuro mobileを今月から開始
金曜日午後1時にmパック選んで、
電話番号の新規もしたので申し込み時に身分証明さくっと撮って送ると受け付け完了メール

日曜日の昼に届いたので開封してsim取り出して説明書通りに設定するとすぐに電話とネットが使えた
夕方の速度はダウンロード17Mbps アップロード7Mbpsといった感じですね

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。