精巧さの高いニセAmazonのフィッシングメール受信

2020年8月 4日

進化するフィッシングメール。一応、天安門。

今回受信したフィッシングメールは完成度が高く、私でもニセAmazonサイトへアクセスするであろうレベルとなっており、誘導方法や日本語の自然さに関心したので紹介、間違えた警鐘。

普通に騙される人がいそう。

精巧さの高いニセAmazonからのお便り

現物のスクリーンショットがこれ。

am-phishing-01-html.gif

注文番号はデタラメだろうし、住所を調べてもその場所にグランドール調布は無かったので、読者の皆様もリアルさをお求めだろうとしてモザイクなしで。

以前、ニセ楽天からのメールでもあったと似た手口で、これを見て第三者が自分のクレジットカードを使用してAmazonで買い物をされたと焦らせることが狙い。

下まで全文読んでみたけれどAmazonの本物から完コピしているのか日本語のおかしなところが1つも無く、警戒心ないならそのまんまリンクをクリック、スマホなどはタップするしかないはず。

差出人欄は amazon.co.jp で宛先は自分のメールアドレス1つだけ。このスクリーンショットで不自然なところは1点しかなく、冷静さを欠くと気付けないと思う。住所の下に名前が無い、不自然ポイントはここだけ。

しかもこのメール、スーツの裏地にまでこだわるかのごとき丁寧さがあり、個人的にはこちらの方に驚いた。上のスクショはHTML表示、私が普段見ているのはこのテキスト表示の方。

am-phishing-02-txt.gif

何が凄いかはテキスト表示にしてもフィッシングかどうか判断できないところで、先程書いた「名前が無い」だけクリアしていたなら本当にわからない。

また、名前が無くともこれが本物の盗人の手口ならば、調布市~の行までを住所として、氏名欄にグランドール~を書いていると想像すると届くのかも?と勘ぐれましょう。

なぜテキスト表示でフィッシングと判断できないかはURLが1つも表示されないという、要するにHTMLとTXT版の2種類をわざわざ作っている巧妙さが素晴らしい。いや凄まじい。

私がフィッシャー側なら、テキスト表示しているような人が騙されるとは思えないしURL丸見えなのでこちらは捨て、テキスト版だけ本物のAmazonのURLを書いておけば更に完成度が高まる。

この段階で私がフィッシングと判断できた材料は以下。

  1. pub@bto-pc.jp はAmazonに登録していない
  2. HTMLにはリンクがあるがテキスト版に1つも無い
  3. HTML版のリンク先が http://amazon-co-jpweb.co ※ガチ注意
  4. メールヘッダが Return-Path: <dyyxzlw@hiku.co>

普通の人は1で「あれ?」と思うやも知れず、しかし偶然Amazonに登録しているメールアドレスなら1アウト。HTML表示にしているなら2アウト。スマホなどで表示しているなら3アウトの可能性が高まる。4までやる人は滅多に居ない。

ちなみに上でガチと書いた通り、URLは本物のフィッシングドメインなので行くなら自己責任にて。

 

実際アクセスできてしまえていた(過去形)

さて、ここまで完成度の高いフィッシングとなると実際にどこまで精巧に作り込まれているか確認したくなるのがヒツジ先輩。

というわけでログイン画面がこちら。

am-phishing-1-login.gif

空欄のまんまログインボタンを押してみるも赤文字でメールアドレス入れろとまともな日本語で注意が表示。

仕方ないので適当に p@p.com と入れてログインボタンを押すとこれ。

am-phishing-2-pass.gif

先程から若干フォントに違和感がある、Amazonのサイトっぽくない点が気になるものの、そこまで感じる人は少ないと思う。

そしてパスワードも適当に 1 とか入れてログインボタン。

この時点でメールアドレスとパスワードは盗まれてしまったはずなので、本物のAmazonへログインされてアフターフェスティバル。ここからはカード情報も盗めるといいな的なボーナスチャンス。

am-phishing-3-addr.gif

上手い。けれどついにボロが出ましたな。まずSSL非対応。※URL左「保護されていない」

そしてアカウントサービスの下「私たちは最近、珍しいログイン活動を発見しました」は頂けない。また、住所追加への誘導は良かった割になぜここで「アカウントを保護」とか関係ないことを書いてしまったのか。「必要な手順を」も変。

しかしあわてている人ならばこの行は読まずに名前や住所などを入力し、盗人の発注をせめて自分の元へ取り返そうとするかも知れないけれど、ここでもやらかしており「瀬文 太郎」は無いでしょう。偽セブンイレブンのフィッシングから流用したのだろうか。

更に冷静に考えることができる人ならば、どうして住所の入力で生年月日が必要なのかという疑問も持つかと。

しかしカード情報入力フォームはパーフェクト。

am-phishing-4-cc.gif

「配達を支援するために」ェ・・・

全然SSL暗号化されていないとしてもSSL知らない人には何のことかわからない。

試しにカード名義人や番号などをデタラメに入力したものの間違っていると警告され次に進めず。カード番号のチェックデジットまで導入しているとか、どこまで作り込まれているのか感心、間違えたあきれる。

Chromeブラウザの防御は遅い

フィッシングサイトはブラウザが警告してくれるから大丈夫と思っているなら考えを改めましょう。

chrome-fa-ng-0730.gif

この画面が出始めたのは私がメールを受信した翌々日なので約2日間は騙されタイムがフィーバー状態で放置されていたわけで。

無理やりアクセスしてみるとURLの左が「危険」の文字へ変化。なぜかURL、ドメインも変わっております。

am-phishing-6-0730.gif

しかし2日要したとはいえフィッシング判定してブラウザ表示の段階で警告、止めてくれるのはありがたいし良いこと。

ところがなぜフィッシングURLが存在しているとGoogle側にわかったのかを想像すると、私らがどこにアクセスしているか監視されていると思えばキモい。

 

情弱はメールのリンクも絶対に踏むな

上手い表現が思い当たらず「情弱」としたけれど、要するに私(ヒツジ先輩の中の人)よりも警戒心の薄い、本当にフィッシングに騙されそうなレベルの人を指しております。

例としては私の母親がそれにあたり、今回の激ウマ詐欺メールを見て「うちの母なら引っかかるな」とほぼ確信した、そういう人のこと。

ここまでハイレベルになると見分けろという方が無茶振り。ではどうすれば良いかは、メールの添付ファイル開くなに加えてリンクは踏むなにまで発展せざるをえない。

面倒でもショップや銀行などからのメールは見るだけにしてブックマークや検索からしかそのサイトへは行かない、くらい制限しなければいつか必ず事故る日が来るはず。

代替サービスとしては、スマホのアプリで買い物ができたりも増えているため、メールを使わず決済などできるのならばそちらの方向へ切り替えるべきとも。

また、数日でフィッシング判定されてドメインなどが無駄になろうともこの手の犯罪が減らない理由を考えると、その数日間で充分元が取れるほど騙される人が多いから美味いやり方になっていると推測可能。

今回のフィッシングメールは、サイト側の日本語さえ完璧ならば騙される人はもっとたくさん居たかも知れない。

また、本当にMacbook Proが発注履歴ページにあり、お届け先変更などもっと完成度を高めたなら、URLのドメインを良く見るしか判断する方法が無くなりそう。

逆にいうと、ドメインを良く見ない人は判断する方法が無くなるので、そういう人はメールのリンクを絶対踏まないようルール変更した方がよろしいかと。

簡単にいうと、私がフィッシングチームに居たならドメインでの判断以外では見分けがつかないパーペキなお便り&釣り堀を構築できる。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

最近に届いた迷惑メールで面白かったのは「From:Amazon.co.jp、件名:楽天安全異常」ですかね。

Amazonから楽天IDのお知らせが届く。そうフィッシングメールならね。


>現物のスクリーンショットがこれ。
>このスクリーンショットで不自然なところは1点しかなく
現物と違う点をヒツジ先輩の指摘以外に挙げますと

1.支払ったクレジットカードの種別が書いていない(MasterやJCBなど)
2.Amazonの注文番号には必ず「-」が入る
3.「注文日:1」は意味不明
4.2020年モデルのMacBook Proに同様のスペックで 175,770円 前後の商品は無い

これらですかね。決定的なのは3。注文日の記載が無いのは異常。

>URLは本物のフィッシングドメインなので行くなら自己責任にて。
すでに消滅しているご様子。

>先程から若干フォントに違和感がある
いわゆる中華フォントですね。カタカナに特徴あり。

>カード番号のチェックデジットまで導入している
ニセ動画サイトとかニセショッピングサイトとかはだいたい導入していますね。そういうサイトを調査するときには、ネットクレカのVプリカをオススメ。迷惑メールに来る会員制の怪しいショッピングサイトを覗くときに便利。ボタン1つでカード番号の変更もできますから、被害額はゼロに抑えられます(私の経験上)。

ネット専用Visaプリペイドカード|Vプリカはどうやって買うの?
https://vpreca.dga.jp/faq_detail.html?category=&page=500&id=2277

>「うちの母なら引っかかるな」とほぼ確信した
知識の無い方は「何をすれば良いのか分からない」ので、何もしないから結果的に被害が出ない可能性も高いです。私の周囲で未だスマホさえ使えない層は「分からないから何もしない」か「分かる人に聞くまで何もしない」という反応が多いです。

逆にスマホをある程度は使えて、仕事でのみPCをバリバリ使っている方は「よく分からないけれど○○してみたら□□になってしまった」という、知識不足で墓穴を掘る傾向がやや強い印象。

アマゾンは一切使わない(現在)のですが、大昔に一度だけ使ったことが有ります。
この記事を見た直後に
>Amazon.co.jp アカウント所有権の証明(名前、その他個人情報)の確認
などというメールが着弾しました。
別にこれからアマゾンを使う予定が無い為、読むことも無くサクッと削除しました。
ですから、本物かどうかは不明です。
表題を見ただけでも怪しさ満載ですが。
何種類かパターンが有るのでしょうかね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。