砂コン搭載インテル335シリーズのSSD寿命はTLC以下?

2013年6月24日

インテルの割に安いSSD、335シリーズの寿命について。

私も所有している、240GBがBotchy World、SSD耐久テストで2月頃から実験開始。数ヶ月は要するだろうと一旦忘れていたところ、TakaQさんより壊れたらしいとタレコミ。見て来ると何と3月で終了しておりました。

寿命と言えるか確定では無いけれど、小ネタとして1本参ります。

砂コンとはSandForce controlerの俗称で、SSDのコントローラ。

過去砂コンネタでややマニアックな記事をやらかしておりますが、理由は量産系BTOパソコンのSSDはこれの120GB~が使われている事が多い為。

何が起こったか、TakaQさんの説明が相変わらず面白く、公開OK用メールアドレス( pub@bto-pc.jp )宛なので転載。

  

砂コン搭載インテル335シリーズのSSD寿命はTLC以下?

専門用語的な所を解説しておくと

  • 廉価砂・・砂コンの中でも安い物
  • 840・・サムスンSSD 840シリーズ、TLCで比較的短寿命
  • TLC・・トリプル・レベル・セル。MLCより寿命が短い
  • MLC・・マルチ・レベル・セル。現在普及しているSSDの大半がこれ
  • 520・・インテル520シリーズ、高価砂搭載のMLC SSD
  • 335・・インテル335シリーズ、廉価砂(同上)

以下、メールよりほぼ全文。


メールタイトル:【ネタにするのは】Intel砂コンSSDンゴwww【まだ早い】

はじめに言って起きますが煽りじゃないですからね。 いやほんとうに。

例のSSD耐久テストにそれなりに動きがあったようで、Intel砂コン335(廉価砂)が338.4TB書き込んだところで逝っていたらしく、ネタ的に美味しすぎたのでお知らせです。

http://botchyworld.iinaa.net/ssd_335.htm#end

他にもCrucialの廉価版 v4なんかの結果も出ているようで、こちらは好成績(840の3倍)のようです。

http://botchyworld.iinaa.net/ssd_v4.htm#end

いやまあなんというか、実際のところほんとうに耐久的に使いきった(コントローラ異常から神がかり的にアホな動作をして短時間で使い切った可能性)のか、単純なコントローラ故障なのか不明ではあるのですが、840より寿命ありませんでしたとか、いや、ホント寒損笑えないからねコレw

もっとも、この管理人殿はさすがでして、いくらどうでもこれはないろうということで、結果は保留として裏も取りに別の再試験も行なっていて、同じように逝くならIntel砂コンの仕様だろうと520(高価砂)で実施→ 335程ではなかったものの廉価版のCrucial v4に勝てなかった模様

http://botchyworld.iinaa.net/ssd_520.htm#end

をぃ

少なくとも壊れた状態(BIOSから認識不可になる)も335と520共に同様なことから、同サイトの別コンテンツにある東芝製SSDのように、データサルベージ可能な壊れ方はしてくれないのがIntel砂コンの仕様のようです。

とりあえず保留ではあるので80GBの335で再度耐久テストはしておられるご様子(実施中)これが簡単に逝くようだともう擁護できない感じでしょうか。

いや、大丈夫ですよきっと頑張ってくれるはず、だってIntelだしw

いやこれ、半年ばかり全力で売れ筋だったSSDなわけですが、影響範囲デカすぎて笑えないとか思うのは考え過ぎでしょうか。うん考え過ぎですね。きっとそうです。

実際、数字的には普通(一般的な書込量)で使っているぶんには保証期間内は余裕といった感じのようですが、TLC以下のMLCとかないわ~


ここまで。グラフを耐久テストサイトから1つ拝借。

samsung-840-250gb-vs-intel-335-240gb.jpg

SSDは書込回数に上限が有るとされており、東芝のコントローラを搭載しているSSDはその上限に行きそうなら書込を禁止し読み取り専用になり、とっととデータ退避してくれという親切設計。

砂コンにはそんなものは無かったという、当然と言えばそれまでなものの、問題は本当に寿命(書込上限到達)なのか、砂コンが突然ぶっ壊れてしまったのか。

TLC以下の短命に不自然さを感じ、耐久テストサイトの管理人殿が80GBの335シリーズで再テストを現在しておられるという。

HDDに置き換えが上手く出来ないけれど、ヘッドが消耗してクラッシュするなどの故障か、コントローラ(基板)が突然故障し認識しなくなるのか、のような。

私の認識では、SSDの場合は故障すると寿命やコントローラ故障に関わらず、認識しなくなりデータは取り出せなくなるのだろうと思っており、東芝のコントローラ優秀過ぎると思うけれど、やはり問題は寿命か不運かの違い。

TakaQさんの本文初め辺りに書かれているように

コントローラ異常から神がかり的にアホな動作をして短時間で使い切った可能性

そうならまだ納得出来なくもないけれど、TLCの840より寿命が短いとするなら、個人的には335は本当にMLCなのか?と疑いたくなる所。

  • インテル「トリプルもマルチという意味で間違ってはいないのだからMCLと表記しているけれど何か問題でも?(白目)」

いや、無いと思うさすがに。私の妄想。

335シリーズは80GBで再テスト。これが240GBより耐久時間が長ければ240GBの即死はコントローラ故障の可能性。

240GBより短く、計算がだいたい合うならMCL(のはず)の割にTLCの840より低品質という事になるかも知れない。80GBが即死してもコントローラの故障では無いとは言い切れない為。

とりあえず80GBは1ヶ月以上順調に過ごしてくれなければ240GBのやばさが証明され掛かってしまう為、7月下旬頃に再度アクセスしてみましょう。

というわけで、SSDに限らずHDD含めストレージは突然故障する物なので、必要なデータなら別ストレージへバックアップしましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。