Intel 335シリーズの寿命はTLCのSamsung 840以下

2013年7月22日

Botchy WorldによるSSD耐久テストより。

前回の335シリーズがあまりにも早く故障した為に再度計測されていたけれど、今回も驚くべき早さでぶっ壊れた模様。この件について、某SSD変態(以下、TakaQさん)からお便りを転載OKメール(pub@bto-pc.jp)宛に貰ったので公開。

手短に参ります。

ちなみに私がインテル335シリーズを所有しており、それに対する煽りで、インテル信者にケンカを売られているわけではございません。おそらく。

以下、原文ママ。

 

【悲報】335を再テストした結果~wwwww

なんかもういろいろと酷いんですが、とりあえず

Intel335のMLCはSamsung840のTLC以下であったことがほぼ確定した模様です。

335の再テスト
http://botchyworld.iinaa.net/ssd_335.htm#end

Intelンゴw

Samsung840 → 安かろう悪かろう

まあこれはいいとしましょう。そういう商売の仕方は普通にありますし特に悪いことでもなし。むしろSamsungの十八番というか、らしさが出ていると好意的にもとれなくもないです。ユーザーが価格重視で難点を承知で選んでいるなら最良の選択とさえ言えます。

Intel335 → 高かろう悪かろう

これでいったいどうしろとw いいとこなしで最悪じゃねーかヲイ いい加減にしろw

しかもどこの馬の骨かわからないような所の製品ではなくてあのIntelの売れ筋なんですがそれは

それなんてドM仕様w 立体機動装置無しで壁外調査逝く感じですか? わかりません。

一応、一日数十GB超えるような使い方でない使用環境であれば、実用上まったく問題は無いのでしょうが、Intelだからとブランド代が乗ってるのを承知で買った方はがっかりというか、おおかたこんな感じでしょうか。

Intel 「あのIntelブランドがお求めやすくなりました(キリッ (コストダウン美味しいれすw) 」

  • ユーザA 「コレなんといいますかもう砂コンとかそいうの以前の問題なんですが(白目)」
  • ユーザB 「こうなった上で840との差額を考えると335やたら高額じゃないですかね(震え声)」
  • ユーザC 「コストダウンですかそうですか。そらCPUもグリスにするわw ってやかましいわ」

アレだ。世の中には知らないほうが幸せなことは多々あるから・・・気にしたら負けですよ

ってユーザーでない私が言ってみるw


転載ここまで。

以上の結果より、335シリーズ2台というサンプル数としては少ないものの、1台よりは精度が上がっており偶然とは言えないレベルでしょう。

サムスンの840(無印)も2回目をやれば更に下回るかも、とか妙な考えは起こさず、高価なSSDを故意にぶっ壊し善意で公開されているBotchy Worldへ感謝。

335シリーズに限らずバックアップ推奨

今回のテストで、インテル335シリーズ240GBの寿命は6年6ヶ月となっているけれど、これは単発での計測。

335シリーズ、SSDに限らずHDDやUSBメモリなど、ある日突然故障するものと考え、吹き飛んではまずいデータは別のストレージへ随時コピーを推奨。

335シリーズへのバックアップは危険

昨日のまとめ、ソニーの自動バックアップSDカードの注意書きで気付いた事。

一部のメールソフトでは、何通ものメールを1つのファイルにまとめて保存するため、メールデータが数GBといった非常に大きなファイルになることがあります。

そのようなデータをバックアップの対象に指定すると、メールが1通届くたびに数GBのファイルを毎回バックアップする事に(中略)

(該当例:Outlook, Thunderbird等のメールソフト。)

source:Sony Japan | バックアップSDカード

確かOutlook Expressも同じ仕様で、メールはランダムな文字列のファイル1つにまとめられているはず。

長年使っているならGB単位になると思われ、このようなファイルを同期すると、たとえ差分バックアップでも毎回GB単位の書込量へ。

「1日20GBも書き込む人は稀」と思っていたけれど、Outlookなどを使っており335シリーズをバックアップ側にするとやばそうなのでご注意有れ。 

Botchy Worldの更新を検出する方法

Botchy World、SSD耐久テストはフィードによる更新情報が出ない為、実際にアクセスして最新までスクロールし確認する必要がございましょう。

そこでWWWCの出番。

WWWC
http://www.nakka.com/wwwc/

ウェブページの更新チェッカーで、URLを登録しておけばまとめて更新チェックが可能なフリーソフト。 実際の画面。

wwwc-check.jpg

URLの登録は、「ファイル」から「新規作成」、「HTTPアイテムの追加」。

wwwc-new.jpg

古いソフトなのでIEにしか対応していない為、「ブラウザから情報を取得」は使わず、手動で名前とURLをコピペや入力しましょう。

例として、今回は終わってしまったけれど、335シリーズのページを登録するなら上の例のように~.htmlで止める。

標準設定ではファイルの更新日時を比較しており、変化が有れば家のアイコンが「UP」という青いアイコンへ変化し知らせてくれるというもの。

「表示」から「オプション」で「自動チェック」など有るので、必要なら使わせてもらいましょう。ちなみに私はTakaQさん自動チェッカーをあてにしており、これは使っておりません。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。