[おまけ] Windows8 RTM版ダウンロードは有料

2012年8月13日

Windows8のRTM公開まで後2日。

2012年8月15日からダウンロードが可能になる予定と発表されておりますが、個人で入手するには開発者向けサイトからのダウンロードとなり、結局は有料になる為、一般の人は大人しくGA(一般販売)まで待ちましょう。

本日は更新休止日では有りますが、盆休みなので少し解説。

昨日の日曜まとめ記事を読みに来た人はこちら

Windows8のRTMをダウンロードして使う方法

8月13日現在まだ上がっておりませんが、Windows8 RTM版ダウンロードはマイクロソフトの開発者向けサイト、MSDNまたはTechNetからの予定。

Computer Worldのブログ記事が分かり易い。

Windows 8を一般発売日前に入手する方法(合法)|Computerworld
http://www.computerworld.jp/blogs/d/204472/Windows 8を一般発売日前に入手する方法(合法)

RTMがなぜ一般公開されないのか、RTM(Release To Manufacturing、出荷版)はベータ版のようなテストでは無く

製品版が一般公開されることはない。商品なのだから当たり前である。

というわけで、マイクロソフトの関連企業など組織を除くと開発者のみへの公開となっております。

テックネットの利用料が書かれているので引かせてもらうと

  • TechNet Standard…新規: 23,000円、更新: 18,000円
  • TechNet Professional …新規: 39,000円、更新: 29,000円
  • TechNet Professional with Media…新規: 75,000円、更新54,000円

費用が高額になる以外、内容が開発者向けなので専門用語が多く、日本国内での情報が少ない場合は当然のように英語サイトへ飛ばされる事も有るハードルの高さ。

MSDNの利用料も調べて来たので参考まで。

msdn-subscriptions-buy.jpg

source:MSDN サブスクリプションの購入

購入してまでしてWindows8の最終形態を見たいなら止めないけれど、ベータ(CPやRP)版と大して変わっていないと思われ、好奇心や興味本位代としては高価過ぎましょう。

現状のアップグレード費用から推測するにWindows8は7より安く販売されると見ており、あと2ヶ月くらい待つが正解。

Windows8がどのような物か全く知らないならCP版では有りますがこちらに画像を上げているので暇ならどうぞ。

Windows8は7に余計な機能を追加し必要な機能を省略
https://btopc.jp/select/windows8-7-cp.html

いずれにしてもWindows系は発売から1年様子見が基本なので、どうしてもタブレット(ARM)版Windows8と連動したいとかで無ければ急ぐ必要は無いかと。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。