(補足)USB3.0対応メモリの機種による速度の違い

2012年9月18日

先日の、SanDiskの本当に高速なUSB3.0メモリ棒を勝手に評価への補足。

あまりの速さに驚き、酔った勢いで購入したSanDiskのメモリ棒は実際に期待を裏切らない速さとなっておりましたが、それを見られた以前のコメント常連殿より他の機器のベンチマークが送られて参りました。

本日は更新休止日なので短めに参ります。

昨日の日曜まとめ記事を読みに来られたならこちら

 

テスト用のパソコンの仕様

テストPCの仕様まで書かれていたので引かせてもらいます。

  • CPU:Intel Core i3-2100T(Sandy Bridge)
  • マザーボード:Intel DZ68DB(Z68
  • メモリ:16GB(DDR3-1333)
  • GPU:Radeon HD 7750(Sapphire)
  • メインストレージ:Intel 520 シリーズ-120GB(SSDSC2CW120A3K5)

CPU性能は抑え、メモリを特盛にしてSSDで高速化された上手い構成の省電力デスクトップPC。グラボも載っているのでモンハンくらいなら余裕で動くでしょうな。

それは良いとして、エレコムとバッファロー製、2種類のUSB3.0対応メモリのベンチマーク結果を拝見しましょう。

 

ELECOM製「MF-MSU304G」(4GB、実売千円くらい)

これを書いている現在の実売は、最安で840円くらい。価格コムを見ると50軒くらいのショップが売っておりました。

ベンチマークはCDMを使用されており、フォーマットによる違いが出るかも比較。左がFAT32、右がNTFS。

ELECOM-MF-MSU304G-FAT32-NTFS.gif

USB2.0と比較するとシーケンシャルリード(連続読み)と512Kの読込がやや速い程度。USB3.0としては速度はかなり遅め。

読込速度は全体的に昔のHDD(IDE接続)より少し低い程度と言えるものの、書込速度が壊滅しておりますな。

 

BUFFALO製「RUF3-K4G」(4GB、実売千円くらい)

こちらはエレコムより安く、現在の実売最安は600円くらい。価格コムの登録ショップ数は37軒とやはり多め。

エレコムと同じく、左がFAT32、右はNTFSフォーマット。

BUFFALO-RUF3-K4G-FAT32-NTFS.gif

中身が同じ物なのかと思えるくらいエレコムとの差が見られず。

いずれも容量が4GB有れば充分で、USB2.0でも3.0対応の方が気分的に良いなら、という程度ですな。

 

(補足)USB3.0対応メモリの機種による速度の違い(まとめ)

お便りから感想部分を引かせてもらうと。

  • フォーマット形式による差異は無かった
  • やはり小容量かつ安さ重視の製品は読み書き速度が遅い
  • それでもまだギリギリUSB2.0よりは速い(特に読み込みが)
  • 価格が同じならUSB3.0メモリの方が得

私も同意見。

このような製品ばかり見ていたので、USB3.0=大した速度は出ないと思っていたけれど、冒頭でリンクしたSanDisk製品は本気で優秀。

くじ引き感覚や人柱が趣味なら楽しめるかも知れないけれど、実用を重視するなら人柱になってくれる人のレビューを先に読み参考にしましょう。


関係無いけれど追記:

9/22頃まで実施しているノートPCに関するアンケートが1週間経たず回答数900を超えており全私が戦慄。最終的に行って300だろうと思っていたので、回答されていないなら是非5問(選択のみ)お答え有れ。

アンケート用リンクはこの下。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。