USB接続のフィギュア製作機が8万円で発売など5つ

2011年10月10日

10月10日はピンボールの日(本当)

私は元ゲーマーと自称しておりますが、レバーとボタンのビデオゲーム以外にフリッパーピンボールもハマっておりました。ピンボールは台を揺らすイメージが有るかと思うけれどあれは台をずらす物。ずりっと数cm、やり過ぎると店員にマークされる諸刃の剣。

それとは全く無関係なPC関連で良く解らないニュース5つ。

今回はPCマニア向けなネタが一つも無い珍しいエントリー。

 

USB接続のフィギュア製作機が約8万円で発売

2.5次元に迷い込んでいる大人には嬉しいニュースでしょうか。

自由に立体制作できる7万5000円の切削加工機「iModela」-ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/05/news065.html

imodela-75k.jpg

私はあいにく2~2.5次元の良さが全然解らず、これで何かをしようとは全く思わないものの3次元から逃避する兄貴達には夢が広がるザ・マシーン。

現物はリンク先か下の動画を見て貰うとして結構小型。USB接続で専用の編集ソフトも無料で付属するそうな。

絵心というか3D CAD並の感性や技術を要しそうですが、8.6cm以下の小型な人間模倣なら可能な御様子。やり放題、良かったですな。何がかは知らないけれど。

機械とソフトは良いとして素材となる材料側がいくらなのか、メーカーのプレスリリースを読むと「樹脂などのやわらかい材料」と有り、プリンターのようなインクビジネスでは無いようです。

発売1年間で3千台を販売予定と有り、その規模の大小が全く判らないけれど個人で購入出来ない額では無く。3千台の仲間入りはどうでしょう。

これが売れると低価格な上位機が出そうでは有りますが。

3D切削は2分55秒辺りから。ヤスリ掛けや着色などはやはり職人芸も必要なようで、プラモデルで言う面白い部分から始めるような感じでしょうか。

ちなみにITメディアの価格表記は税抜なので正確には78,750円。

 

ノートパソコンのスタンド使いに覚醒する方法

スティール・ボール・ランが完結したと聞き全巻購入し2日で読み切りモヤモヤした時期は最近の事。それとは全く関係の無い、上海問屋から発売のアルミ製スタンドは約4千円+送料。

ちょっくらスタンド使いになってくるぜ「アルミ製ノートデスク」-ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1109/28/news093.html

note-desk-donya.jpg

夏前からファンの付いたノート用下敷きが出回っておりましたが、これにはファンを付けないのでしょうか。無くて良いとは思うけれどパンチ穴が空いており冷却も謳えそうな簡易デスク。

アルミの為に価格が上がったと思われ、その狙いは放熱や冷却以外に軽さ。この大きさにしては2.2kgは優秀かも知れない。要するに持ち運べと。

屋内で使うとしても高さ調整によりソファでも何とか行けそう。

mt2011081701-a.jpg

現実的には地べた座り(和室)用の高さ。この提案が上手い。 

note-desk-leg.jpg

これは良い脚。いや、そちらでは無く。

ひざに載せると低温やけど以前に安定感に難有り、足部分が安定しているならソファで無くとも和室に常備してもコンパクト。

電源ケーブルとか外付HDDなどの接続は考えない事にしましょう。

 

タオの良く解らない企画「ガールズパソコン」

一見すると広告記事。しかし本文やタグを見るに違うと思われるGIGAZINEの斜め明後日なネタニュース。

これで女子力は青天井、模様替えできるガールズパソコン-GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20110824_girls_pc_dolly/

girls-pc-dolly.jpg

これはひょっとしてギャグで言ってるのか?

女子力アップに欠かせない存在になる可能性も否めません。

PCの天板付近に画像の乱れが有るかと思いきや、何やらリボンのようなオブジェが搭載。この色と柄が分り易い。

dolly-brown.jpg

お前は風呂敷かと。本当に風呂敷なら失礼。

女性目線で女性の気持ちを第一に考え、女性だけのメインチームを結成し、企画・運営・サポートを行っているそうです。

最終決定どころか企画の段階からおっさんが指揮しているのでしょうか。どう見ても女性にうけるとは思えないデザイン。

運営会社がどこなのかページを見るとタオエンタープライズ。聞き覚えが有り検索すると見覚えの有るロゴマーク。

tao-enterprise-hp.jpg

source:タオエンタープライズ株式会社

どこかのPCで電源に貼って有った気がして電源コーナーに行くとSilentCoolやSilentBlueなど聞き覚えの有るシリーズ名。

電源の名前で更に検索すると製造元はTOPOWERの御様子。ツクモやフロンティアが採用している電源ユニットと同じメーカー。タオ~は代理店というわけですな。

肝心なガールズパソコンの構成と価格を見ると、ドスパラやPC工房と比較し3~5万円高くなっておりました。ONKYOとかフロンティア並という事。

パソコン工房の痛ノートシリーズのように、やっている事は間違っていないけれど売れないだろう=認知度向上が目的と思われる、なら解るけれど風呂敷パソコンは無いと思う。

細かなビーズでデスクトップをデコってしまうととんでも無い価格になるのだろうと安易に予想出来るけれど、初めから売るつもりが無いならハデにやり10万円の構成で30万円にした方が良さそうです。

余計な世話ですな。

 

敷物から天板へ、今度は搭載用「すのこたん」

敷くのみでは飽きたらず載ってしまったすのこタン。

ASCII.jp:PCケースに載っけて使う「のっけて!すのこタン。」が販売中
http://ascii.jp/elem/000/000/636/636629/

sunokotan-on-pc.jpg

好きにしてくれという感じですが、何がしたいかはアルミ製のスノコに熱を逃し冷却効果を向上するという物。

上の写真はケース自体がヒートシンクで外側がフィンになっているファンレス仕様と思われ、これなら効果は有るでしょうな。確かケースのみで4万円。

すのこタンを敷くパソコンは通常もちろんノートPC。天板は液晶パネルの裏になる為、熱はほぼ発しておらずノートに搭載しても意味無し。

どのようなデスクトップPCの上に載せると良いのかが写真の通り。オリオスペックがネタにしているだけと思われ普通はノートに敷いて使いましょう。

普通の人は買わないと思うけれど。

 

無理が有ると思う充電式、扇風機の調査結果

ラストはパソコンとは直接関係の無い、節電に掛けた充電式◯◯の話。

8月、「節電」を意識したユーザーが急増 - japan.internet.com
http://japan.internet.com/research/20110927/1.html?rss

 

eco-charge-electricfan.jpg

上のグラフは充電式の扇風機を買う予定についての結果、買うわけが 予定はないが約9割。購入者は3%。2011年の夏は普通の扇風機が売り切れており、仕方無く充電式にした人も居るやも知れません。

万一の災害などで停電した時の事を考えると扇風機は有りかも知れないけれど、節電の為にバッテリを消耗させるなら廃棄料が必要となり後々高く付くでしょう。節電なら結構、節約にはならないかと。

私がテレビや紙広告などで見た充電式は

  • テレビ
  • 電気スタンド
  • ノートパソコン

そこまでしてテレビを見たい人には充電式は良いかも知れないけれど、やはりバッテリの消耗具合が心配。常時通電(充電)状態なら2~3年で劣化は必至。

一番意味が判らない物がテレビ通販でやっていた電気スタンドで、LEDが数十個付いているけれど蛍光管より暗く青い。コンセントの通電が無くなると自動で点灯する機能付で約6千円。500円の懐中電灯が12個買える計算。

ノートPCもテレビ同様。ローカルでやる事が有るなら良いとしても、現代ではインターネット接続での作業が普通。ルータやモデムの電源が落ちてやる事が有るのかと。

充電するにはバッテリが搭載され、それを廃棄するには金が掛かる以外に環境に良くないと思うけれど如何に。

私はエコ嫌いなので知った事ではございませんが、エゴ好きな人はそこまで考えているのか心配になりはませんなやはり。


ゲームと言えばスマートフォンの宣伝で提案される事がある携帯ゲーム機としての使い方。画面サイズ、操作キー、性能の面で大した事は出来ないものの暇つぶしにはなりそうです。

電話、カメラ、パソコンの代用、ポータブルゲーム機として、小型機の割に色々出来るけれど、未だに月額が約6千円(基本料金とパケット無制限代)を出す気が起こらず。

逆にパソコンの電源を滅多に入れない人間には、光回線で月額約6千円などは高いと思えるでしょう。

個人の価値観や用途の違いなので第三者がスマートフォンやタブレットPC、または普通のパソコンは駄目だと言えど惑わされぬよう。

私はパソコン派なので携帯電話や板PCは価格に合わないと本文内に良く書く為、目眩ましにならぬようご注意有れ。

自分で良いと思うならそれが良いという事で。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。