VR元年はまだなのかアンケートにご協力を(2021年)

2021年4月19日

ヴァーチャル・リアリティについて。

価格や形式は色々あるけれどこだわらず、ゴーグルを装備して3D映像が見えるやつならVRといたしましょう。毎年どこかのメディアが今年こそVR元年とのたまうは、もはやネット風物詩に。

本文短め、最後にアンケートございます。

元ネタ。

VR元年そろそろ来る! : 汎用型自作PCまとめ
http://www.jisaka.com/archives/37550409.html

vr-fy-2021-5ch.gif

ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーを彷彿とさせる。

Beaujolais-cc.gif

source:毎年、絶妙なキャッチコピーをつけるボジョレー・ヌーボー | エンジョイ!マガジン

VRについては過去何度かアンケートしております。 

VR酔いするしない半々、約7割が未体験

2020年はやるの忘れた(多分)。小数点以下四捨五入で、未体験:(酔うか?)はい:いいえ。

  • 2017・・・69%:15%:15%(n=424)
  • 2018・・・74%:16%:09%(n=329) 
  • 2019・・・71%:15%:14%(n=323)

未体験率が7割を切れない。

では何をもってVR元年キタと定義できるかはロジャーズのベルカーブが参考になりそう。こちらのグラフの方がわかりやすいのでWikipediaのアーリーアダプターより。

Diffusionofideas.png

source:アーリーアダプター - Wikipedia

黄線は普及率、紫は利用者の数。それぞれ累計した最大値。

  1. 超早期導入・・・2.5%(Innovators)
  2. 早期導入者・・・16%(Early Adopters)
  3. 早め導入者・・・50%(Early Majority)
  4. 遅め導入者・・・84%(Late Majority)
  5. 残りの人々・・・100%(Laggards)

とりあえず2番の16%を超えなければ普及しそうとは言えず、3番(17%~)に入れば可能性アリ。しかし誰もの必需品ではないため天井は高くはないのがVRというモノ。

他の端末を例にすると、スマホの世帯普及率は8割を超えたけれどタブレットはまだ5割行かないのでそれぞれ4番と3番に該当。VR非体験者7割の逆は3番と言いたいけれど、酔う人が利用できないとするならば戦える人は15%くらいとなり2番に。

調査期間が約2年開いた2021年4月現在で比率が今回も75:15:15%くらいになるならば、2017年7月調査時から約4年間変化ナシと言えるのでこの聞き方でのアンケートはもうやめる。

VR酔いしつつも利用している人も居るだろうし、酔わなくともここ1年間全然使っていない人も居るだろうし。

ご協力ありがとうございます。

今月のオススメBTOパソコン

コメント(6)

>ボジョレー・ヌーボー
進化し続けていると考えれば上等な文句なのでは。その割に新しいワインより古いワインの方が価格は高いですけれど。

>VR酔い
ひとつ疑問があるのですけれど、市販の酔い止めってVR酔いにも効果あるのですかね。

>市販の酔い止めってVR酔いにも効果あるのですかね。
>A.酔い止めを駆使して活用している

効果のほどは聞けてませんが一緒に遊んでいるグループに市販の酔い止めを飲んで遊んでる方いますね。

VRとは言っても幅が広いから想定次第で回答も変わりそうです。
スマホやパソコンのデスクトップからの体験をVRと言っているのもあります(いわゆるなんちゃってVR)。とはいえ普通に考えればVR機器を使うタイプでしょうか…?

後は遊ぶ方向も幾つかあって、どの方向性を考えるかでも答えは変わりそうです。
大抵のゲームやムービー・それからvrchatでも派手に動きギミックで遊ぶようなのは酔いやすいです。
チャット系は遊び方にもよりますが、昔のIRCやテキストチャットに3Dアバターが付いた感じなので基本は酔いにくい。電車ですら酔う私でも(デスクトップから遊んでいる分には)酔わない。アバターの購入・改造や着せ替えしての見せ合い・触れあいを楽しむのがメインな気がします。
後、アンケートのコメントにありますが「左右移動は酔いにくいが上下移動は酔いやすい」です。また、アバターが選べる場合は背(視点)が低い方が酔いにくいとは言われています(視点が上向きになりやすいのと、地面が多く見えるから?)。
ゲームでもbeat saber辺りならおそらくかなり酔いにくい(簡単に言えば飛んで来るラインを両腕動かして切る、体感型音ゲーなので背景はうごかなし)。

デスクトップ体験での問題点は、最大手のvrchatが日本語インタフェース非対応(名前などで入力は出来る)で英語と格闘しなければならない点でしょうか…日本産のclusterというのもあり、こちらはグラボ無しでもある程度の世代なら、軽いワールドなら動くようですが、いかんせん人が少なめ。ポケモンのイベントが行われるなど頑張っているのでこれから伸びる可能性はありますが。

なお、vrchatでのVR機器使用率は上昇を続けており、昨年10月末に50%を超えたそうです。おそらく、デスクトップから体験して問題なければ買うのでしょう(そして、合わなければvrchat自体から離れる)。
https://www.moguravr.com/vrchat-14/

かくいう私はvrchatをデスクトップがせいぜい。VR機器を使うにはその高解像度を処理するために結構な性能(最低でも2070か3060ti程度が無難だそうです)のグラボが必須ですが、マイニングバブルでの凄まじい高騰では手が出ない。デスクトップなら1660程度もあれば大体は動きます。機器自体はOculus Quest2が4万円以下で手軽なのですが…。故に、元年がくるとすればマイニングバブルが弾けて以降でしょう。

>立体写真の見方
裸眼立体視はニンテンドー3DSで盛大に失敗したので先は無いかと思います。売りの1つだったはずですがマイナーチェンジ版でオミットされてしまいました。

ARに関してはVRキャラを表示するような方向性でVRと共に進歩しているので、これから伸びそうです。例えばこんな感じのgoogleアプリ。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.virtualcast.arviewer&hl=ja

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶ。ヤマダ電機の一部、または自作PCのパーツ屋さん。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作したくない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

※マウスコンピューターは高いぞと書きまくったからか遠回しにリンク削除しろと言って来たので削除(2021.03.28)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。