Realforceのキースペーサーを自作する用のスキャン

2019年1月21日

まさかのリアフォ関係5連載め。

3万円もしたキーボードなのだから1記事あたり6千円でも妥当、とか考えてしまうコスパの鬼畜と化した私が私であり、効率厨も兼ね備えるともう1記事やってしまうのは仕方ないね的にご容赦。

月曜なので短めに参ります。

ダウンロードして印刷してどうぞ。キースペーサーのスキャン実物大。

2と3ページ目は同じモノなのでどちらでも。

中身その1はこちら。

キースペーサーのスキャン

その2はこれ。著作権がどうとか書かれていなかったので丸ごと。

スペーサーの説明書

その1のスペーサー現物スキャンは文字キーの部分のクッション的なやつで、PDF印刷すると私と同じ最上級エディションなリアルフォース用スペーサーのコピー品ができてしまうはず。

どう作るかの手順。

  1. PDFファイルを紙に印刷する
  2. 白い部分をカッターなどで切り抜く
  3. 2mm厚くらいのマットやスポンジを探す
  4. 切り抜いたやつを型としてペンでマットなどに枠を書く
  5. カッターなどで切り抜く
  6. キー抜いて下に敷く
  7. キーをはめる

「バカかな?」とか「ヒマなの?」と思うかも知れない。しかし、この型枠はかなり貴重な気がするので、どうしても勝手に提供したくなった。他のリアフォやFILCOのメカニカルでも使えるかも知れない。

たとえばコピー用紙でこの型紙を作ったとして、キーの下に敷けば防汚効果はあるはず。マットやスポンジならば防錆効果にもなるはず。純正キースペーサーに近い素材ならば両刀のはず。

私がなぜここまで必死にリアフォ記事書いているかは、もちろん東プレから金もらっているわけではなく、こんなすごいキーボードに対しメンテ用具の少なさを感じ寂しかったからに他ならない。

キーボードに3万円とかマジキチ。

しかし東プレがガチで製造している証券会社用やATMのキーは3万どころではないかもと思えば、私らリアフォファンは東プレからのおこぼれを頂戴している気がしてならない。業務用のメンテは東プレの代理店とかがするのだろうし。

Apple信者のごとくラリっており失礼。

この5連載くらいで、「金持ちor文字書き以外にリアフォはムダ」と書いた気がするけれど、デスクトップPCを一生使い続けるならばリアフォはいいぞ。

※タッチが軽すぎて合わない人が稀にいるのはご注意あれ
※5連載しようと1記事6千円は割に合わないとも思った

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

3Dプリンタニキ「ようしよしよし」

>中身その1はこちら。
なんだかアイソレーションキーボードに見えてきますね。

MOBO|MOBO Keyboard
https://mobo-jp.com/products/mobo-keyboard/

>どう作るかの手順。
私ならそこまで面倒な手順は踏みませんね。

1.PDFファイルを印刷する
2.2mm厚くらいのマットやスポンジを探す
3.マットの上に用紙を置いてテープで固定する
4.用紙に書かれた白四角の四隅を針などで刺し、マットに印を付ける
5.用紙を外し、マットに空いた穴を頼りにカッターで四角く切り取る
6.キーを抜いて下に敷く
7.キーをはめる

手数が変わっていませんがカッターで1つ1つ四角く切るのが面倒なら、1回で済む上記手段をおすすめ。恐らく市販の細いカッター程度では、はみ出さず正確に四角く切るのは難しいはず。アートナイフとかデザインナイフとか呼ばれるカッターの使用を推奨。

Amazon|オルファ(OLFA) アートナイフ 10B
https://www.amazon.co.jp/dp/B000CE8RUY

Amazon|NT デザインナイフ D-400P
https://www.amazon.co.jp/dp/B001MTI3QQ

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。