[おまけ] ブログ用デジカメPENTAX Optio VS20を購入

2012年10月29日

手が滑りペンタックスのコンデジを購入。

現在使用しているデジカメは富士フィルムのFinePix HS10というでかいカメラ。これを仕事用に使うという話になり、ほぼブログ(ここ)専用とし安く良さそうな物を探しているとVS20が条件に合っており決定。

おまけ記事なので短めに参ります。

なぜブログ用にPENTAX Optio V520なのか

現物の写真その1。

PENTAX-Optio-VS20.jpg

このデジカメの特徴は、写真左下辺り(カメラ側面下)にレリーズ(シャッター)ボタンが付いており、縦で撮る際に使うそうな。

使わないのでスルーし、大きさ比較用の目薬を忘れているけれど結構大きめで、幅11cm、高さ6cm、厚み3~4cm(レンズ出すと7cm)くらい、更に234g(公式の仕様より)と重め。

後ろからも撮影。ちなみにHS10で撮っております。

PENTAX-Optio-VS20-b.jpg

液晶は3型でマット加工のような反射しない画面。HS10は光沢というよりガラスのような表面なので反射が鬱陶しくVS20の方が見易く感じております。

さて、なぜ私がこれを選んだかは価格以外にただ一つ、記録サイズに低解像度が有るからというだけ。

PENTAX-Optio-VS20-640pix.jpg

最低640x480まで落とせる仕様。

HS10は最低でもフルHD(1920x1080)で、ファイル容量は700KB前後という凄まじい無駄遣い。用途が違うわけですな。

ブログ用に高解像度は必要無し。本当は800x600が良かったけれど、そのようなサイズで撮影出来る新品のデジカメは見当たらず。

使わないと思うけれど、誤り高解像度で撮ってしまった際でも簡単に編集モードで低解像度へ変更可。

PENTAX-Optio-VS20-edit.jpg

640の次は1024。しつこいけれど800が欲しかった。

PENTAX-Optio-VS20-edit-1024pix.jpg

購入時の価格はAmazonが最安で8,950円、。下は10月28日の昼前の価格コム。

optio-vs20-kakaku-2012-10.jpg

source:価格.com - ペンタックス Optio VS20 [ノーブルブラック]

選択の際に機能は見ておらず、比較的安く低解像度で撮影出来る事。他には私のようなカメラ素人でも聞いた事が有るメーカーで。

後で気付いたけれど、電池切れがHS10(単三電池x4)より早く、バッテリの予備を持とうにも純正は約5千円、実売3500円くらい。本体の価格を考えると有り得ない高さ。

しかし互換バッテリが送料込400円で販売されており、冗談でバッテリーバンクの物を購入してみたけれど中々。純正ほどでは無いけれど7割くらいの性能。寿命は不明。

その他、HS10と比較すると室内など暗めな所ではノイズが多めに入ってしまい、その点だけが気に入らないけれど価格相応でしょう。

詳しい機能を知るならVS20の公式の仕様をどうぞ。これだけの機能や性能で1万円を切れるとは、凄い時代になったものですな。

 

メーカーはブログ用デジカメやモードを考えて欲しい(まとめ)

デジカメは低価格化に対抗するかのように解像度が経年で上がり続け、今時10Mピクセルでさえ低解像度と言えるほど。

私が今回購入したVS20は光学20倍ズームとか顔やまばたき検出、360度パノラマ撮影、など凄い機能が有るけれど使わない。

低機能かつ低性能のデジカメを安く量産しても需要が低く無理かも知れないけれど、可能な限り画質良く横1000ピクセル以内の写真を撮りたい人間がここに居ります。

なぜ高解像度からリサイズしたくないかの理由は3つ。

  • 元の画像で保存したい(リサイズすると2ファイルになり容量の無駄)
  • 編集作業が面倒
  • 劣化するはず

なぜ低解像度が必要か理由は1つ。

  • より多くの訪問者の画面解像度に合わせたい

100%近くがフルHD解像度以上のモニタで全員ブラウザを最大化しているなら1920x1080未満で良いけれど、より多くの閲覧環境に合わせるなら横1000以内が無難。個人的には800が妥当と感じております。

上海問屋などでトイカメラに近い低解像度の安物も有るけれど信頼性が乏しく、携帯電話のカメラはレンズが小さく不特定多数へ見せるには画質に難有り。

800x600という概念が無いのかも知れないけれど、VS20のように640や1024を追加してくれると選択肢が広がったと思った次第。

需要が無いのでしょうな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。