新聞やニュースに関する調査へ御協力を(2016年1月)

2016年1月25日

紙媒体な新聞に関するアンケート。

パソコンなどのデジタル&ネットとは激しく無関係だけれども、相反や競合する意味では関係有り。先日、新聞は消えるメディア?という記事を発見し、皆さんどう思われているか気になったので調査。

いつも通り適当に説明。

説明不要ならアンケートフォームはこちら

※アンケート公開と同時に当記事も公開しており、いつもより早く上がっております。昨日の日曜まとめ記事はこちら。

条件

  • 期間:2016年1月20日より1週間くらい
  • 対象:BTOパソコン.jpにアクセスし気が向いた人
  • 方式:選択7問

1.新聞を毎月定期購読中ですか?

はい/いいえを分割し、自分で支払っているか否か、定期購読はしていないけれど新聞を読む機会が有るかの質問となっております。

分かると思うけれど一応補足すると、配偶者とは妻や夫の事で、専業主婦でも夫の収入で新聞代を支払っているなら自分が半分くらい出しているようなものとして。

「いいえ(買わないけれど稀に読む)」は、喫茶店やホテルのロビーとか会社に置かれているなどで手にするなら、買ってまでは読まない感じ。

2.月額いくらなら新聞を購読しますか?

現在の相場は朝刊のみなら約3千円、夕刊有りは約4千円。現状の価格が適正と思うなら最上段の「3千円を超えてもOK」で回答を。3千円は高いと思うならば、月額いくらなら購読したいかをお答え有れ。

補足すると、朝刊のみと朝夕セットになる区別は地域による違いが有り、(販売店との交渉は別として)基本的にセットの地域は朝刊のみには出来ない仕組。

朝日新聞の例。

アカヒのセット地域と統合版

source:朝日新聞社インフォメーション | お問い合わせページ

なお、休刊日はいずれの新聞社も年間10~12回程度、月1回休みが有るかどうかなので、朝刊のみなら1日103円、セットは135円くらいという認識で。定期購読は本誌以外に折り込み広告も有る点もご考慮を。

3.最も多くニュースを知るメディアは?

ありきたりに、新聞、雑誌、テレビ、ネット、その他の5種類。

「最も」の択一式なので、新聞を毎日読むけれど情報量としてはテレビの方が多いならばテレビで。

パソコンを利用していてもTVチューナーによる窓枠でテレビを見ているならそれはテレビ、NHKのネット配信はネット、のように解釈を。

4.ネットでニュースサイトを読む頻度は?

どこで区切るか迷った挙句、以下の通り。

  • 毎日
  • 週2~3回
  • 週1程度
  • 月に数回
  • 滅多に読まない
  • 全くと言えるほど読まない

ネットのニュースサイトの定義は、新聞や雑誌と似た情報を流しているページとしたいけれど回答者お任せで。

新聞では無く、紙かネットか、アナログかデジタルかという分け方なので、読売やNHKなどネット上ならネットのニュースサイト。

5.新聞は今後どうなると思いますか?

実質三択。

  • 現状維持
  • 縮小するが無くならない
  • いずれ消滅する
  • わからない

発展するとは思えないけれど、もしそう思うならば現状維持を選択。

6.利用頻度の高い移動手段はどちらかと言えば?

クロス集計用の3択。

  • 自分で運転しない乗り物(電車やバスなど)
  • 自分で運転する乗り物(自動車や自転車など)
  • どちらも利用頻度が高い

移動中に暇かどうかを聞いており、電車などでの通勤や通学なら雑誌やスマホ利用は可能、運転しながら新聞読めるわけが無い感じ。

長期の単身赴任や海外出張ならば、自宅では無く現在の環境で回答を。

7.あなたの年代は?

これもクロス用。説明は省略。


新聞の信頼性も聞きたかったけれど、これを設問すると新聞社毎に分ける必要が有ると思ったので断念。

私を例にすると、朝日は信頼性に乏しく、産経は信頼性が高いと思っている為、ひとくくりに高低を言えない。Googleのアンケートフォームならスマートに設置出来るけれど、現在のシステムでは設問数が多くなるのでやめた。

まとめて信頼性の調査をグラフ化されているページ。

メディアへの信頼度、テレビと新聞の高さ継続(2015年) - ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/2153900.html

(ネットでの)嘘を嘘と見抜けない人が多いのだろうか。


アンケート開催期間中は全記事の下部と全ページ右上から投票ページへリンク中。消えているなら終了しており、結果公開後は独自調査結果より自動でリンクされる仕様。

ご協力有難う御座います。

リンク用ソース

コメント(3)

>新聞を毎月定期購読中ですか?
購読はしていますが、どちらかと言うと「読む」より「見る」に近い程度しか読んでいないため、無駄金を使っている気がしない事も無いです。辛うじて折込チラシの有効活用により、収支はプラスと思われます。

最近はYahoo!のトップページをちょいちょい読んでおけば、世間の話題には付いて行けるような気もしますね。

>月額いくらなら
個人的には「1面から3面までの3ページのみ購読で月額500円」を希望。

>最も多くニュースを知るメディア
ニュースのジャンルによっても、何のメディアを選択するかは変化しそうですね。PC関連のニュースならネットニュースが最適でしょうが、野球関連ならスポーツ新聞が良さ気ですし。

>今後どうなる
産業新聞や交通新聞など、業界新聞や専門誌がある限り新聞が消滅する事は無さそうですけれど、確かに発展する気配は感じませんね。個人的には電子新聞は

・転載OK(文字のみ転載は1記事10円、写真付きなら20円)
・逆転載(新聞社が自社の転載記事を0円で紙面に載せる)もOK

とでもすれば、双方にそこそこメリットがありそうだと思います。

>新聞を毎月定期購読中ですか?
自分は読んでいないけど、家族は購読している場合はどこに入るんですかね?w

契約の有無ではなく購読の有無ですから、契約していても読んでいなければ「いいえ」で良いのでは。

「テレビ欄と天気予報だけ確認しています」だったら、購読していると言えるのか疑問に思うところは有りますが。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。