価格設定おかしいロジクールのMX ERGO開封の儀

2017年12月 4日

清水テンプルから羽ばたく勢いで散財する毎年の12月。

第1段はロジクールが9月下旬に発売した約1.2万円のトラックボールをヨドバシで発注して届いてしまった。箱を開けて驚いたことは、これM570が重くなっただけの色違いでは?である。

月曜の流儀に乗っ取り手短に開封の儀のみ。

現物の箱はこちら。

mx-ergo-01-box

普通にロジクールらしい、いつもの箱。

中身一式はこれら。

mx-ergo-02-set

やはりロジクールらしい、いつものシンプルな内容量。

本体の他には紙類のほか、レシーバーとMicro USB端子をトラックボール側に接続するUSB充電用のケーブルが1本。

操作感として大きく変わる箇所は噂のマグネットで角度調整する鉄板。

mx-ergo-03-mag

後日改めて詳しく紹介するとして、分厚い鉄板が底面に磁石でくっついており、これの本体内側を開くか閉めるかで角度を調整できるという新たな仕様。

これがロジクール公式のネット通販価格12,880円(税別)?

税込13,910円。

先代にあたるかどうかは別として、MX ERGOは形ほぼ同じM570tが価格コム最安4千円少々なので3倍くらい。単純にM570tを3つ買える。

しかもM570tは3年保証なので3年は1台分の価格で使えるとしたなら1.2万円少々あるなら9年は余裕で使えてしまうが、このMX ERGOは2年保証に改悪されている上にお値段3倍くらいなので比較すると1.2万円もする割に2年しか保障されていないという事になりましょう。

M570tとの違いがほぼ判らない

提灯記事なのか大手メディアのレビュー然り、個人ブログでも購入額が高かったから後悔したくないのか、「もうM570には戻れない!」系のクソ記事らしきリソースの無駄遣いがばら撒かれているので敢えて言おう。

お前らバカじゃねーの?であると。

なぜこれを賞賛するのか今のところわからない。まだ使用歴数時間なので奥深さを知らないだけか。否、ポインティングデバイスごときに奥深さなど必要ない。触れた瞬間と操作開始から数分で解る。

これに13,910円の価値は無いはず。

鉄板で角度調整?確かにあればあるで困らないだろうけれども、個人的には無くても困らないのでM570に満足していたわけで。

多機能?それは結構だが、そういうのはOSやソフトウェアでカバーできるので求めておりません。

万能包丁と多機能包丁の違い

万能包丁は切るもの問わず何にでも使えるとして、多機能な方はいろんな機能が付いているとしましょう。多くの人は手に取り、まず軽い、次によく切れる、しかも何でも、までを求めているはず。

多機能包丁なる物があったとして、充電するとみじん切りが機械的にできるとか、ミリ単位で短冊切りが出来るとかあったとしても、普通そういうの要らない。

M570より3倍以上とまでは言わないけれど、1.3倍くらいは「おお!」と思いたかった。価格は抜きにして逆にガッカリ度の方が1.3倍だった。価格込なら3倍がっかり。

有頂天という言葉を思い出した。※(ロジクールがM570トラックボールで)うまくいった喜びで夢中になっている感


開封の儀は以上。

皆さん、どのくらいの価格のポインティングデバイス(マウスとかトラックボール)をお使いなのだろうか。お暇ならぜひご投票あれ。

ポインティングデバイスの価格帯

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。※2017.12.13 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

きっとその鉄板は超合金と呼ばれて男子のココロを鷲掴みなんじゃ
しかも動く(ロケットパァーンチ!

価格コムやアマゾンの評価では賞賛というわけでは無いようですが、サッと見たところコスパについての言及はあまり見かけないですね。

自分はIBM時代からトラックポイントキーボードです(苦笑)

>ポインティングデバイス
ウィキ見るとペンタブまで含まれちゃってw 自分がやってることが特殊だというのを踏まえたうえで1万円以上としてます。
ネット等かる~い使用なら3000円位の5ボタンマウスだけど、本気モード入ると2万軽く超えていくのを使うので、おおざっぱな真ん中で1万以上(←おいw)

>単純にM570tを3つ買える。
先輩が保証期間内に3回ぐらい壊したんで、それを見越してちょっと部品をつけてリネームしたとか。

M570tを職場に持ち込んで使用してますが、私用メイン機にはKensington Expert Mouseが継ってるので、5~1万円くらい で回答。
コレって5千~1万円って意味ですよね?5万~1万円ってことは無いですよね?(重箱

>これの本体内側を開くか閉めるかで角度を調整できる
興味が無かったため記憶にありませんでしたが、そんな陳腐な構造でしたっけ。値段も値段ですし、内部に小型のエアジャッキでも搭載されていて、無段階で調節できるのかと思っていました。

>1.2万円もする割に2年しか保障されていない
もしかしたら耐久性が3倍、だと変わりないから4倍くらいあるのやも。

>鉄板で角度調整?確かにあればあるで困らないだろうけれども
低価格で角度をつけたいなら、ドアストッパーでも使うと良いやも。

Amazon|Kat猫 かわいい猫形状ドアストッパー
https://www.amazon.co.jp/dp/B07429RMDS

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。