時間を使うのか埋めているのか判断を問われる携帯端末

2013年4月22日

スマートフォンの事。

ポケットベルが携帯電話になり、ガラケーへ進化しスマホへと更に進化しパソコンに近い物となっておりますが、PCとの決定的な違いはポケットに入る大きさと軽さ。どこにでも持ち運べるけれど、それは果たして良い事なのか。

個人ブログで興味深い記事が有り、絡ませてもらいます。

元ネタはこちら。

携帯電話に使われている
http://weblogs.trancedive.com/weblog_1366253005.html

携帯電話を通話や情報端末として使っているのでは無く、人間の方が使われているという内容で、個人的に100%近く同感出来るコラム。

3分で読める長さなので詳細はリンク先にて。

 

「使う」は時間の有効利用、「使われる」は時間を埋める

携帯電話の本来の目的は通話。

どこにいても電波の範囲内なら連絡が有り、発信出来る上にメール機能により文字にて相手の都合の考慮まで出来る事に。

しかしスマホ普及により高機能になり用途が広まった為、より多くの情報を処理や管理などする以外、暇つぶしまで出来る時代になっております。

例として私の1日を一般的な生活や環境へ変換した場合。

  1. -06:00 起床:パソコンでGoogleニュースを読みつつ朝食
  2. -09:00 出勤:電車の中で午前中の予定を思い出しつつ仮眠
  3. -12:00 仕事:主にPCで仕事、席から離れても端末は持たない
  4. -13:00 休憩:同僚と雑談、午後の予定を見直す、時々仮眠
  5. -18:00 仕事:(午前中と同じ)
  6. -24:00 余暇:パソコンでブログ書いたり、酒を飲みに出たり

スマホ上級者の場合、1~6の全てにスマホがついて回るでしょう。

起床してスマホ、電車の中でスマホ、仕事中もトイレでスマホ、休憩中も帰宅してもスマホが付いて回るという。

一人でやっているならまだしも、複数人の時もいじり倒し、更にその複数人全員がスマホいじりに熱中している様は気持ち悪い。

引用。

私がスマホを好まない理由のひとつが「時間を埋められる」ってとこ。結局のところ万能すぎるんですよねスマホって。

筆者殿はWindows、Mac、Android、iOS、スマホPCタブレット全部持ち言われており、説得力が有りましょう。

時間を埋めるとは言い換えると暇つぶし。私も今パズドラを30分ほどやってみたけれど確かに面白い。

puzzle-and-dragons-ipod-touch-3.jpg

自称元ゲーマーなので何がどう面白いか解説すると、ゲーム部分は単純かつ偶然ばかりのパズルに見えるものの、ドロップを入れ替えるルートや時間など、やり込むほど考える要素を発見出来、ドロップが消え連鎖して行く爽快感も。

ガチャを回すとレアアイテムが手に入る為、続けなければもったいないという気になってしまい、特に収集癖の有る人ならコレクター魂がうずくでしょう。モンスターが合成でレベルアップしたり、別物に変化したりも上手い。

そしてハマり続け魔法石を現実の金で購入し続け散財。飽きた頃には何も残らず、次のゲームへという流れかと。

これは金を注ぎ込みレアアイテムを入手し、レベルを上げて行くパソコンのMMO(多人数同時プレイのオンラインゲーム)と同じで、まずい事に携帯出来る端末に入ったわけですな。

スマホいじりに話を戻すと、これをやれど何も残らず時間を浪費するのみ。しかも家に引きこもりパソコンの前に張り付いているわけでは無く、普通の人まで外でやっており、更には人と会っているにも関わらずスマホで時間を浪費する、と。

日本でも最近良く見かける光景。

b35754cf.jpg

source:「人類やばい」アインシュタインが恐れていたことが現実になった:らばQ

写真の彼らがまさか仕事をしているわけでは無いでしょう。

スマホは歴史が浅く、私が使おうと思わない為に珍妙な場面に見えているのかも知れないけれど、単純にこれを見て気持ちが悪いと感じております。

スマホをパソコンに置き換えると分り易く、食事する場所で全員がノートPCを黙々と打っていたならどう映るかと同じかと。

仮にMMOへハマり引きこもっているニートがノートPCを店へ持込み、集団で黙々とゲームに興じる姿は気色悪いと思わないのか。

 

時間を使うか埋めるか本当に判断を問われるか?(まとめ)

もう1箇所引用。

時間って有限ですよね。なんかこう、一生懸命スマートフォン(賢い電話)に操作されて時間を埋めるって作業、虚しくないのかな。

こちらも同感。

たった100年さえ生きる事が出来ない死へのカウントダウンは生まれた時から始まっており、1日の内6時間スマホ中毒になっているなら、6時間睡眠とすると残りは半分の12時間。

しかし同感しつつも自分へ反論すると、他人なのだから好きにすればいいだろう、という事で好きにすればよろしいかと。

毎日、早朝に起床し残業して終電で帰宅し就寝、休日は疲れて1日中寝ている人は、時間を有効に使い金を稼いでいると言えるけれど、過労死する間際に「パズドラやりまくりたかった」では虚しい。

時間は金と同じで投資するか浪費するかの2種類。

スマホで読書し知識や教養を身につけるのは投資。パズドラにハマったり、ツイッターで生産性の無いくだらない会話を延々するのは浪費。

いずれも間違ってはおらず個人の自由。しかし、今どちらをすべきか、バランスがとれていると思うか考えてみましょう。

私が思う、いつでもスマホお触り状態がまずいと思う事は3つ。

  • (集団の場合)単純に見た目が気持ち悪い
  • 他人を突き放す、輪に参加できなくなる
  • その時間は今本当に浪費して良いのか

2番は以前居酒屋で感じた事で、会話に入る事が出来ないのか興味が無いのか、黙々とスマホをいじっており何故来たのか良く解らない人。

電話をいじっているのだから話しかけるわけにも行かず、他人との距離が離れ、コミュニケーション能力が落ちる原因にもなるかと。

ゲームは1日1時間と同じでしょうな。趣味だから金をかけて良いものと言われるとそれまで。その時間をどう使おうと自分で食って行っている大人なら自由。

しかし私は子どもの頃からゲームを際限無くやっていたので、このような大人になっております。

若い人は私のような人間にならないよう、少し考え直してみましょう、とか余計な世話なので好きにすればいいと思う。

パズドラはアンインストール済。ハマる自信が有る為。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。