Microsoft office 2016のプレビュー版をMacで試し評価

2015年4月16日

正確な名前はOffice of Macプレビュー版。

なぜMacで試しているかはドヤっているわけでは無く、Windows用はオフィス365ユーザ限定となっており試せない為。オフィス2016は、今年後半リリース予定の有料版で、従来のMSオフィスの後継。

Mac用では有るものの、どう変わりそうかレビュー。

Office for Macプレビュー版のダウンロードとインストール

年内にリンク切れそうなURLなので切断、失礼。

Microsoft Office for Mac、Apple
https://products.office.com/ja-jp/mac/mac-preview

office-for-mac-preview

オフィス365ユーザ殿からお便りが有り、「Macのこれも2016と同じっぽい」というタレコミを頂戴。有難う御座います。

ダウンロードは緑のボタン。2.5GB級のインストーラが落ちて来るので実行すると、インストール開始。

インストール開始

ここから画像が切れていたりボケているのは、私のカットが手抜きとか縮小した際にボケており、Mac本来のボケ(アンチエイリアスともいう)とは違うとして。

Windowsユーザなら特に迷う事無くインストール可能。クラウドでは無く、ローカルのストレージへ入る仕様。

インストール開始

Windowsユーザなら戸惑う経過が、オフィスに限らずこれ。

パスワード入力

何かインストールする際、毎回パスワードの問合せが有り鬱陶しい。

しかし、Windowsもこのように入れるか否かを聞けば良いわけで、下手にユーザアカウント制御とかするから、私のような人間が最低レベルまで落としてしまう。

それは置いておき、インストール中の画面。

インストール中

HDD搭載で約11分から始まり、実際には3分足らずでインストール完了。SSDなら更に速いでしょうな。インストールが早くても意味無いけれど。

エクセルなど5種類のオフィスソフトがインストール完了。

エクセルなどの内訳

ショートカットを作っても良いのだけれども、おそらく二度と使う事は無い為、ここからダブルクリックでエクセルを起動。

 

Windows用2007とMac用オフィスをエクセルで比較

私のオフィスは2007で、2010と2013は知らない為、2007とどう違うか。下はエクセル起動直後の画面。

エクセル起動直後の画面

Windows 10用のオフィスのようなインターフェイスとなっております。

右のサムネイルが必要な人はどのくらい存在するのか。使えば便利かも知れないけれど、こういうお節介は設定変更でやれと思う。

左はサインインが最上段で、開くが最下段。どうしてもログインさせたいのでしょうな。従来ユーザの利便性を考え、逆にして設定変更で(もういい

新規ブックを作成。2007とそう変わらない。

ホームタブ

という事は、2007~2016は似たようなものなのかと。

グラフを作ってみる。

グラフ機能

特に迷う事無く完成。

グラフ描画後

公式より引用。

Mac のためのデザイン

お気に入りのデバイスに最適化されたデザイン。

新しい Office for Mac のユーザー インターフェイスは、ディスプレイや全画面表示サポートなどの最新の Mac 機能を活用できるように、徹底的に再構成されています。

そうなの?>Macユーザ。いや、私もMacユーザだけれども、どこが最適化されているのか理解不能。Windowsと同じ。

まだ試作段階なので、これから洗練するのかも知れませんな。まさかインターフェイスが灰色とか、そういう寒いギャグ的な何かなのか。

タブの紹介。ここからグラフは無関係で、メニュー、アイコンを御覧有れ。

印刷レイアウト

ページ レイアウトから印刷 レイアウトへ変わり、機能は2007とほぼ同じ。

数式タブ。

数式タブ

アイコンのデザインが少し違うくらい。

データタブ。

データ

やはりアイコンが違う程度。

校閲。

校閲

だいたい同じ。フォルダアイコンが簡略され過ぎ、パッと見でコメントの挿入や編集と分かり難い。

ラストは表示。

表示

マクロの表示と記録が表に出ているのは、マクロを滅多に使わない、ショートカット使わない人には解り易いかも知れない。

保存してみた。

保存

Windowsとは違うけれど、エクスプローラ(ファインダー)から書類フォルダへ行けば判るので問題無し。

現状は、2015年内に完成予定のプレビュー、テスト版なので大差無いのだろうと思うけれど、これのどこが新オフィスなのか、何がどう良くなったのか判らない。

 

良く考えるとオフィスもMSのやりたい放題(まとめ)

現状では2007との違いはサインイン。上の画像をもう一度。 

エクセル起動直後の画面

サインインするとOne Driveへも保存出来るようになり、クラウドストレージを利用して他の端末などからもアクセス出来るのでしょう。

しかし、使わない人には意味が無い以前に邪魔なわけで、One Driveを使わせたいなら、製品版オフィスは値下げするかタダにして欲しいところ。

そう考えると、Windows 10 for Officeがなぜ無料なのか納得。

OneDriveが必要その2

source:Windows 10用Officeプレビュー版を無料試用した感想 - BTOパソコン.jp

ことごとくOne Driveへと保存され、そこから開く設計になっているのでOne Driveの有料版を使わせる代わりに無料化したと推測出来るところ。

しかし、10用のオフィスのメニューはタブレット用。

挿入

タッチ操作に対応する為、アイコンが大きく、ドロップダウン無しの設計になっていると思われ、パソコンでこれは機能が足りないと感じる仕様。まともなオフィスが使いたいなら2016などを買えという事なのでしょう。

もう一つ細かなケチを付けると、セル選択はMac用も上の画像のようにセル単位では無く範囲指定。図形を描画しているのでは無いのだから、セル単位で良かったところ、意味不明。選択範囲が分かり難く、地味にストレスになる。

Macの古いOSの画面を画像検索すると、新しいOSには画面下部へショートカットが付いた程度のマイナーチェンジ。

Windowsは8から超変化し、オフィスも2007から丸ごと変化。8以降のWindowsはストアやクラウド、Skypeなどでの収益目当て。2007以降のオフィスはインターフェイスの特許を取り、互換オフィスにパクられない利益確保。新しいオフィスもクラウド誘導の収益が前面へ。

ユーザの利便性を考えるからこそ収益化が上手く行くわけで、先に金儲けが来るのは違うと思う。それが見え見え過ぎ、げんなりしてしまうのが最近のマイクロソフト。

MSがラーメン屋、私が客ならばのイメージ。

  • MS「サービスです」 ※チーズケーキをラーメンにぶち込む
  • 私「アッー!」
  • MS「2つ目以降は有料です」
  • 私「1つも要らないんですがそれは・・・」

新オフィスが今の状態から大差無いなら、新バージョンは必要無いどころかやや使い難い設計。しかし、2007は2017年で延長サポート終了。

無料オフィス LibreOffice を勝手に評価・レビュー - BTOパソコン.jp
https://btopc.jp/etc/libreoffice.html

MacやLinux版もございます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

> MS「サービスです」 ※チーズケーキをラーメンにぶち込む
> 私「アッー!」

チーズケーキが置いてある時点で、そのラーメン屋はどうかと思うが、そういう訳の解からなさが今のマイクロソフトなのだと妙に納得。

まぁ、世の中にはいろんな人が居るので、「食べてみたい」と好奇心に駆られる人や、「意外と合うー」とか言う人が居るかも知れませんがw

いつまで待てば
「使ってみたいと思わせる機能」とやらがでてくるのか。
ワクテカ ワクテカ ワk・・・

>2007以降のオフィスはインターフェイスの特許を取り、互換オフィスにパクられない利益確保。
>新しいオフィスもクラウド誘導の収益が前面へ。
マイクロソフトを弁護するわけではありませんが、オフィスのクラウド誘導が始まったのは2013からですよw
2013ではデフォルトの保存先がOneDriveになったw 知らずにOneDriveに保存してしまうw

>MacやLinux版もございます。
MSオフィスとのやりとりを考えなければLibreOfficeでも十分かもしれませんw 私はいろいろな縛りからMSオフィスを使いますがw

ところでヒツジ先輩はMacを何に使っているんでしょうか?

>何かインストールする際、毎回パスワードの問合せが有り鬱陶しい
面倒ではありますけれど、1日に何回もインストール作業を行うでもなし。1年に10回くらいなら、セキュリティを考えると余裕で許せるレベル。私はUACも特に気になりませんが。むしろ「ちゃんと危険なレベルなら感知しているんだな」と安心します。

>エクセルなど5種類のオフィスソフトがインストール完了
分類としてはHome&Businessですね。Office365だと、これにAccessとPublisherが加わって7種類になりますね。私はExcel:30%、Access:30%、Word:20%、PowerPoint:10%、OneNote:10%、くらいの使用率ですが。

>エクセル起動直後の画面
いきなりサムネイルが並ぶため、最初は戸惑いますね。テンプレートは無視して空の(Windowsだと「空白の」)ブックを開きますが。変更点として親切なのは、標準で作成するシート数が、1ブックにつき1枚になった所でしょうか。以前は標準で1ブックに3シートだったため、社内で回って来るExcelファイルは、シート2と3が空のまま、という間抜けな形が多かったので。

>ユーザの利便性を考えるからこそ収益化が上手く行く
個人的な利便性なら

「検索ボックスにやりたい操作を入れると、自動でマクロを組んでくれる」

くらいして貰えると大助かり。

Excel 2007以降、自分の選択しているシートの色が背景色とほとんど変わらないため
(このページで言うと最後の画像参照)
作業グループの設定を解除し忘れることが多々あります

Excel 2007以降をデザインした人は作業グループを使わないんでしょうかね

参考までにkingsoftだと、色はExcelに合わせてあるのですが
さすがに見難いと分かっているらしく、選択しているシートに下線が表示されるので
作業グループも一目瞭然です。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。