Logicoolの激安スピーカーZ120BWの評価口コミ レビュー

2012年8月 3日

ロジクールの激安スピーカーを約1200円で購入。

音にこだわる人には茶を吹かれそうな安物では有りますが、私は3千円程度のカナル型イヤホンやBluetoothヘッドセットで音楽鑑賞出来るくらいこだわりが無し。安い割に評判が良いので実際に購入しレビューと評価を口コミ。

PCモニタやノート本体から音を出しているなら是非お読み有れ。

Z120BWの在庫品をヨドバシの通販で購入

ロジクール公式の価格は1480円。

更に送料が682円掛かる上に「お取り寄せ」などと意味の解らない事が書かれている為スルーし、いつも通り価格コムで最安調査。 

z120bw-kakaku-com.jpg

source:価格.com - ロジクール Stereo Speakers Z120 Z120BW [ブラック&ホワイト]

送料無料な1と4位は問合せになっており、他は全て送料別。

さすがに千円程度の物を送料無料にするは厳しいと思われ、最安で無くともAmazonが合計で安くなるかと思いきや、あきばおーの委託になっており送料380円。

しかもロジクールより高額。

z120bw-amazon.jpg

更に言うと、あきばおーはカード決済の場合は手数料を乗せて来るので話にならず。Amazon慣れしてしまい送料を出すくらいなら適当な家電店へ行こうかと思ったものの、電車や車のガソリン代を掛けつつ時間を使うは勿体無い。そして在庫が無ければ間抜け。

ふと、ヨドバシカメラの通販がAmazonに対抗していた事を思い出し、型番+ヨドバシで検索。結果、外出せず購入成功。

z128bw-yodobashi.jpg

source:ヨドバシ.com - ロジクール Z120BW

上のスクリーンショットは購入後に撮っているので違うけれど、ヨドバシは届け先に近い店舗から発送するようで早ければ翌日、遠ければ翌々日になるかも知れないけれどAmazonより早めか同じくらい。ちなみに住所部分は捏造。

ここまでに価格コムとAmazonのレビューで評価の高さを知っていたので、迷う事無くヨドバシのカートをセンターに入れてスイッチ。

写真を取り忘れたけれど梱包は的確。焼酎を吹きそうになった点は、ダンボールを封しているテープの端が折り返され開け易くなっていた事。

梱包担当者のオリジナルかマニュアルに有るのか、何度か注文してみなければ判らないけれど、気にせずカッターで縦に切り取り出した所からは次へ。

 

安い割に結構でかい2.0chスピーカー現物

梱包箱から取り出したロジクールの箱。目薬は大きさ比較用。

logicool-Z120BW-box.jpg

箱の側面に載っているイメージでは小さく見えるけれど、中身を取り出すとやはり結構な大きさと重さ。

スピーカーは径が小さいより大きい方が良いと聞いた事が有るので、安物にしては良いという事でしょう。

logicool-Z120BW-note-set.jpg

上のイメージでは小さめに見えるものの、画像のノートは良く見るとテンキーが付いているワイド液晶。

私の手元にはスピーカー現物が有るので、高さの比率からノートの大きさを推測するとモニタサイズはおそらく15インチ。左に写っている花瓶のせいか小さく見えるので小型が良いなら御注意有れ。

中身を取り出したところ。

logicool-Z120BW-speaker.jpg

音声入力はミニプラグでUSBは電源用。

ACアダプタでは無くUSB給電なので、パソコン以外の機器でUSB端子が無いならコンセント用の変換が500円くらいで売っております。

各ケーブルの長さを測ったので一覧。

  • USB端子・・約120cm
  • ミニプラグ・・約120cm
  • スピーカー間・・約70cm

スピーカー間のケーブルが短めなので、32型以上のモニタで両側に設置するは無理が有り。現在主流のパソコン用モニタなら特に問題は無いでしょう。

裏返すと左と右の表記有り。 

logicool-Z120BW-left-right.jpg

灰色の丸の奥側(写真下)に小さくLとRが載っており、ボリューム兼電源スイッチの有る方が右、無い方が左。

下の説明を見ると全部解ると思うので一応掲載。

logicool-Z120BW-box-summary.jpg

ボリューム兼スイッチの横に緑色のLEDランプが付いているだけの単純な物。使い方で迷う事は無いでしょう。 

 

テレビとPCに接続し音質を比較(動画無し)

三菱のモニタ内蔵スピーカーとロジクールの安物スピーカーで同じ音声を出力し動画で撮ってみたものの違いが判らず。

強引に文字で説明すると、東芝の地デジ対応テレビ(REGZA 32BC3)より少し音質が良いくらい。

三菱のPC用モニタ(DRT232WMW)やノートの内蔵スピーカーなどとは比較にならない音質の良さ。

テレビにUSB端子が有るなら給電可能と思われ、私は録画用HDDを接続していない為、下の写真でいう左上のUSBに接続しスピーカーの電源が取れております。

REGZA-32BC3-rear.jpg

私の体感なので意味が無いかも知れないけれど、昔の2千円程度のスピーカーと比較するとかなり良くなっており、ノート内蔵スピーカーやノイズが入りまくる安物で音楽を聞いているならZ120(BW)はお勧め。

Amazonのレビューは75件入っており、星5評価が65%、星4以上にすると90%のユーザ数となり評価はかなり高め。

音質に関する部分を引用させてもらうと

  • 音楽鑑賞に必要な部分を上手く聴かせることが出来る
  • 高音と低音の強調も強すぎず、クリアな音質も損なわれていない
  • 音については値段相応でしょうか。低音は弱い
  • エレコムの同価格帯の物と比較すると想像以上に良い
  • ちょいちょい安いスピーカー買って(中略)こちらはなかなか秀逸
  • 出力も0.6W+0.6Wと控えめですが、音圧不足は感じません

この価格に対してという前置きが有る為、コストパフォーマンスやデザインを含め満足している人が多め。

1万円以上のスピーカーとは比較にならないと思うけれど、千円少々でここまでやるとは私も驚いたくらい。

家電量販店の店頭で3~5千円くらいのスピーカーを適当に購入するくらいなら、これを先に試してみた方が良さそうなレベル。

 

Z120BWの特徴より個人的に感じた利点3つ

ロジクールのこのスピーカーの利点3つ。

スピーカー背面のコード巻取りスペース

スピーカーのデザインが中々良いと思う以外、背面に有るコードを巻いて収納出来る空間が気が利いておりましょう。

logicool-Z120BW-code-reel.jpg

私の場合はデスクトップPCに接続し配線は全てモニタなどの背面へ隠せるものの、ノートや小型な機器は巻取る事で配線の長さを調節可能。

標準2年保証とロジクールのサポートを信頼

もう1つの利点はロジクール製品な事で、私がロジクール信者やファンという意味では無く、M570が何度も故障した時のような神対応が期待出来る為。

logicool-Z120BW-warranty.jpg

保証期間はマウスなどより短めの2年。普通なら千円程度の物の保証書は保存しない所では有りますが、ロジクールは故障の際に新品を先に送り、その新品に同梱されている返送セットで着払いで突っ返すやり方。または廃棄してくれと言われるパターン。

今回の購入でロジクールのスピーカーは結構良い事が判った為、似たような激安スピーカーの新製品が故障時に出ているたなら買い替えるかも知れない。さすがに千円スピーカーで保証内交換はロジが気の毒。

スピーカー電源がパソコン電源と連動

もう1つは私がこれに決めた最大の特徴でUSB給電という仕様。

ACアダプタではコンセントを1つ使用する上、パソコンの電源を切れどスピーカーは切れず緑色LEDの常時点灯が鬱陶しい。電気代は気にしないけれど、パソコンと連動して自動で電源をオンとオフしてくれる物が良かった為。

私のPCは本体の電源を落とすとUSBからの給電も切れるけれど、中にはPC電源オフでもUSB給電が生きているパソコンも有るので、同じ事を考えたなら調べてからにしましょう。PC電源オフで携帯電話をUSB充電できるならアウト。

 

ロジクールのスピーカーZ120BW評価まとめ

2~3千円程度のイヤホンや、当然ながら高級ヘッドホンには到底かなわないけれど、千円という価格帯で比較すると1200円のイヤホンはろくな物が無いとすると、このスピーカーの価値は高め。

1点気になる事は、Amazonや価格コムではクリアな音質という意見が多かったものの、私の耳がおかしいのか個人的には低音がやや こもった音と感じております。

昔販売されていた安物スピーカーとは段違いの性能。音質はそこそこでも安い方が良いならZ120BWはお勧めとしておきます。音響マニアは買わないように。


公開前追記:やはりヨドバシの通販は、マニュアルか何かで統一し梱包テープの折り返しをやっている御様子。

yodobashi-box.jpg

テープが2箇所折り返され、開けやすくなっております。

ダンボールも切って小さくされており、送料が安くなるのかも知れないけれど、届いた方としては緩衝材が少なくゴミが減り助かる仕様。

Amazonと対抗しているのは価格だけでは無さそうですな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。