LINEのインターネット利用調査結果が妙(2017年7月)

2017年7月31日

LINEが定点調査の結果を発表。

主にスマホとPCによるインターネット利用状況の最新版となっており、いかにスマホ利用者が多いか、PCでネット利用していないかを伝えたいような妙な内容となっております。

最後にアンケートやるのでご協力を。

元ネタはこちら。

インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期) | LINE Corporation
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1819

全体

タイトル下のカッコ内の通り、職場と学校を含むのでPC利用は多めに出ているとするならば、自宅でパソコン使わない人も居るだろうからプライベートでのPC利用率46%はもっと低いはず。

逆にスマホを持っているならパソコンが無い時はスマホでネット接続するだろうからこちらは所有率85%なのだろうという高めと言えそうな結果に。

LINEの調査なのでスマホ利用が多くて当然と思ったなら違う。

  • 調査地区:全国
  • 標本抽出方法 : 住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て
  • 調査方法: 調査員による個別訪問留置調査

という事は国勢調査が抜き取り方式になったような方法であり、LINEを利用しているともスマホを持っているとも限らない精度の高そうな調査結果。

ひとつケチをつけるとするならサンプルが少なめ。

調査対象者:15~59歳の男女 合計759サンプル

「世帯」なのでGoogleで1世帯あたりを検索すると2.54人、という事はおおよそ299世帯となり片寄りが出ているのだろうか。

年代別も何かおかしい。

年代別

以下、私個人の感覚にて。

  • 10代・・・スマホは納得、しかし25%もPCでネット利用?
  • 30代・・・スマホ率高すぎ、PC利用しない職種が約6割も?
  • 50代・・・スマホ率高すぎ、PCは納得

スマホ率が30代で9割超えているのだから20代も当然9割超えでしょう。40代は62~92%の間とするなら77%前後か。あまりにもスマホ普及しすぎなデータになっている印象。

また、総務省調査によるPCの「世帯」「所有」率は7~8割ながらLINEでの利用率は低く、全世代および全体でも5割に満たない辺りも違和感。私がスマホ使わずPCばかりなのでそう感じるだけなのか。

というわけでまずはLINEの調査結果についてミニアンケート。

LINEの調査の信頼性について

※結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。※2017.08.03 締めて画像へ差し替え

そしてここでもやってみましょうといういつもの流れへ。当サイトは10代が少なく、パソコン系ブログなのでパソコン持っていない人は来ないであろう点は承知の上で。

年代別インターネット利用環境 - Google フォーム
https://goo.gl/forms/jSgkmI1TnTKjq8SB3

gform-2017-07

こちらは8月上旬までには結果発表する予定。年代入りの理由はクロス集計用。結果の公開後はこちらのページからリンクされる予定。

ご協力有難うございます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

スマホをオフラインで使うユーザは珍しいですね。ガラケーユーザより少ないはず。

>ひとつケチをつけるとするならサンプルが少なめ。
利用条件の「週1回以上」もやや疑問。3日もネット接続しないユーザは、果たしてアクティブなネットユーザと呼ぶのでしょうか。

>10代・・・スマホは納得、しかし25%もPCでネット利用?
中高校生ならPCの授業で使うでしょうし、大学生なら自分のPCでレポートを書くのも自然。10代(15~19歳)の20%くらいがPCを使っていても違和感は無いのでは。

>30代・・・スマホ率高すぎ、PC利用しない職種が約6割も?
職場のインターネット接続が制限されているならともかく、54%がスマホのみは確かに高すぎますね。もしかして会社員はアンケートに答えるが面倒で、アンケートを受け取った方らが代わって答えたのやも。また国勢調査ならともかく、LINEという企業に対して「職場のPCでインターネットへ接続しています」とは答え辛いところもありますし。

>LINEの調査結果についてミニアンケート。
どうしてその結果が出たのか考えられるから面白いという観点に立てば、順当な結果が出るよりも、予想外な結果となった方が有意義ですね。今回に限ってはアンケートの設問文さえ明かされていませんから、検証のしようがありませんけれど。

>年代別インターネット利用環境 - Google フォーム
個人的には「ガラケーで日常的にネットを利用するユーザ」がどれだけ多いか気になります。内容によっては「ガラケーでパケホーダイプランが必要か否か」の根拠になりそうですし。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。