評判の良いハッスルサーバーが役立たず過ぎたので口コミ

2013年7月 1日

コメント機能補完計画其之壱。

某TakaQさんがSSDネタで変態解説を2記事分もやらかしてくれた為、1日で2記事分が完成。1日分の空き時間を利用し、当ブログのコメント機能復旧テスト。何と1日で終わったので経緯を報告。

手短に参ります。

コメント機能について

当ブログのコメント機能は現在停止というかぶっ壊れており、おそらくデータベースが逝かれてしまったと思われるけれど、記事は書けており原因不明。

CMS(ブログのシステム)を丸ごと再インストールするしか無いと考え、今回試みたという流れ。

ハッスルサーバーを選んだ理由

必要な機能は、CGIが動くとか今時のレンタルサーバなら当然と言える仕様以外、MySQL、Cron、PHPが動作する事。レンサバはMySQLが使える時点で結構高くなるけれど、ハッスルサーバーが安い。

ハッスルサーバー (略)が使える格安レンタルサーバー
http://www.hustle.ne.jp/

hustle-server.jpg

初期費用が千円、年間2500円という激安価格。現在、当ブログが入っているサーバーはさくらサーバーで年間6千円くらいなので維持費は半値以下。

必要な機能が全部揃っており10日間無料。というわけで、CMSをインストールし設定を変更。データベース移行は面倒なので後回しとし、トップページのみリンクを書き換えコピー。

細かい設定やパーミッションなどを確認。コメント機能を復旧させ書いてみるとエラーは出たものの動作はしている為、どこか何か間違っているけれど、おそらく直せる不具合なので後回し。

深夜2時過ぎ、さくらサーバーの当ブログトップページのみハッスルサーバーのコピーしたトップページへ一時的にリダイレクト。※リダイレクト->https://btopc.jp/に来た瞬間、ハッスルサーバーのトップページに飛ぶ設定。

すると何という事でしょう。

hustle-500-error.gif

瞬殺。エラー500。※アクセス多すぎて無理の意味

深夜2時過ぎにアクセスが集中するわけが無く、しかも土曜。「分かった、おそらくまたYahooニュースとかに載ってしまったのか」と妄想しGoogle Analyticsで確認。

ga-2013-06-30-mn.gif

中と右のグラフ、1分間のアクセス(ページビュー)数は10くらい。いくら個人向けサーバーとは言えひどすぎる。私がリダイレクトさせたのはトップページのみなので1分10さえ行っていないかも知れない。

何かの間違いだろうと、リダイレクトを中止し管理画面から色々とリビルドしていると、またもや500エラー。5分くらい動かなくなる仕様のようで使い物にならない。

移転するとどうなるか簡単に言うと、常時エラーが出っぱなしになるという。ちなみに1分少々かけて14回リロードするとエラー500で落ちてしまった。

後で気付いたけれど容量3GBの時点で終わっており、当サイトの現在の容量は確か10GB超えるくらいなので移転不可能。

これにも気付いたので突っ込んでおきましょうか。

hustle-server-update.jpg

お知らせの更新が昨年4月で止まっており、現在まともに運営しているのか分からない状態。いくら趣味サイトとは言え、このような管理体勢では私で無くとも不安になりましょう。

結論:ハッスルサーバーは安く高機能で遊ぶ自己満足サイト向け

時々居るけれど、WordPressをインストールし、レイアウトやプラグインなど凝りまくり、テスト記事を2~3本書いて飽きてしまう人。または、数人の仲間内のみで使うなら有りでしょう。

遊ぶなら高機能で安い。しかしアクセス数が1日1000程度で落ちてしまうと思われる貧弱仕様はアクセスが多い、または上げようとしているサイト管理者には不向き。

なぜ評判が良いのか改めて調べると、どこも広告収入(アフィリエイト)目的で書かれており、要するに提灯記事やリンクなのであてにしてはいけなかった。

ちなみに、さくらサーバーはライトプラン(MySQL無し、年間1500円)でさえ1日2.3万アクセスまで耐えた事が有り(2.8万で一時的に陥落)、現在当ブログが利用しているスタンダードプラン(年間6千円)は1日7万アクセスを超えた日も落ちずに動いておりました。

2時間以上掛けて何も残らなかったけれど、収穫はCMSの再インストールでコメント機能の復旧は可能という事。当たり前と言えばそうだけれども。

次回は素直にさくらのスタンダードへ移転する為、しばらくお待ち有れ。(スタンダードはMySQLが1つなので、ここで2つのCMSは動かせない)

しかし2年近くコメントが止まっているとは、時間の経過が早い。TakaQさんのコメントを読みたいというお便りも来ており同感なので、とっとと何とかする予定は未定なものの何とか早めに。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。