HPより無線インクジェットプリンタが約8千円で発売

2012年6月26日

日本HPより7月6日発売予定のプリンタが7980円。

私が所有しているCanonのMP500は約5年前に2万円くらいで購入したインクジェット。用途は稀にモノクロコピー、カラーは滅多に使わないけれど、無ければ無いで困る物。HPの新製品も良さそうなので適当に見てみましょう。

ちなみに私はプリンタに詳しく無い為、ややこしい箇所は飛ばして参ります。

2012年7月6日発売予定「HP Deskjet 3520」は7980円

PC Watchのリリース記事が読み易いのでこちらから。

【PC Watch】 日本HP、7,980円で無線LAN内蔵のインクジェット複合機
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120622_541887.html

HP-Deskjet-3520.jpg

HPらしい重厚なデザイン。

リリース記事で気になる箇所を挙げると

  • 価格:7,980円
  • OS:Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.6以降 対応
  • 無線:IEEE802.11b/g/n、ワイヤレスダイレクト機能搭載
  • 重量:5.1kg

私が所有しているMP500と比較すると、価格は当時で2倍以上、対応OSは忘れたのでスルーし、無線は無しでBluetooth1.2はオプションで約8千円掛かり付けておらず、重量は約2倍。

HP Deskjet 3520は機能面でMP500に優るものの、性能はMP500より全体的に下。太字がHP、カッコ内がMP500のプリンタ部分の仕様の一部。

  • 最高解像度:4800x1200dpi(9600x2400dpi)
  • 給紙カセット[A4]:80枚(150枚)
  • カラー印刷速度/1分:7.5枚(29枚)
  • モノクロ印刷速度/1分:8枚(19枚)

カラー写真を頻繁に刷るとかデザイン関係の職業ならCanonの方が良く、HPは普通紙や業務用なら充分と言えるレベルでしょう。

 

プリンタはインクビジネス、インクが高額なのか?

プリンタはインクで利益を取るが普通。携帯電話に置き換えると、本体は激安販売し2年間で分割や月額で儲けるような。

インクが高いと言えばレックスマーク。プリンタ(複合機)本体が6千円とかで販売されている事も有るけれど、インクが黒1色2400円とか。

更にカラーはまとめて1本になっており2700円など。1色切れると丸ごと交換するはめになる時代遅れなカートリッジ。

HP Deskjet 3520のインクはHP178シリーズ、黒はCB316HJ。価格コムの最安は842円となっておりぼったくりでは無し。

CB316HJ-kakaku-2012-06.jpg

source:価格.com - HP HP 178 CB316HJ

私が使っているMP500のインクカートリッジも同程度の価格。これが高いか安いかは今使っているプリンタによると思うけれど。

しかしインクで気になる物がHPの仕様書に載っており、増量と称する178XLというカートリッジが存在。こちらの価格を見ると結構高い。

HP-178XL-CN684HJ-kakaku-2012-06.jpg

source:価格.com - HP HP 178XL CN684HJ

価格が約2倍なので、インクの量は2倍またはそれを超えねば存在する意味が無いと思われ、コストパフォーマンスを向上させるなら高い方が無難でしょうな。

HPに言わせると増量かも知れないけれど、私に言わせると標準のカートリッジが減量されており、地球やユーザに厳しい仕様。

1枚あたりの印刷コストはいくらか?

カートリッジの価格は私のようにプリンタの使用頻度が低い人間が気にする事。1枚の印刷コストを比較。カッコ内がMP500。

  • 印刷コスト[A4カラー]:約9.9円(約31円)

約3倍の差。単純にカラー印刷なら、Canonの方がHPより3倍のインク代が必要になる為、安さで言えばHP有利。しかし解像度が違うので質を求めるならCanon。

と言いたいけれど、各社の測定方法が違う上、HPのインクは元から安く設定され、Canonの測定はメーカー希望小売価格が高いので、実際にはそこまでの差は無いでしょう。

 

プリンタ選びの最終的な判断は印刷の品質次第(まとめ)

私が見た最悪なプリンタは、上でも例として出したレックスマーク。

カラーのA4サイズを2枚普通紙に印刷すると、1枚目が出力された後に2枚目が1枚目の上に載るけれど、インクが乾いておらず思い切りにじんでおりました。

良く見なくともインクがずれて載っており変色する箇所も有り、黒ならカラーよりは良いものの、こちらも複数枚印刷すると盛大ににじむ仕様。

こればかりは実際に使ってみなければ判らず、品質はプリンタ本体よりインクの質。価格コムのクチコミが0件なので何とも言えない、と締めようかと思ったけれど、Google検索で大量にヒット。

CB316HJ-google-shopping.jpg

CB316HJをGoogleで検索し、CB316HJのショッピング検索結果へ。

ヨドバシまみれなものの、Amazonでも現在9件のレビューが有り星の数の平均は4.0と問題は無さそうなレベル。

HP公式でプリンタを買うと送料が1050円盛られるので実質9030円。インク5本をヨドバシなどで購入するとし合計すると13千円くらい。

本体が安いというより、この価格で無線の「n」付が利点、ワイヤレスダイレクト(スマホなどから直接印刷)を使うなら、MP500のような旧機種とは比較にならない価値となりましょう。

インク代でぼったくるのかと予想しケチを付ける前提で書き始めた為、予想外の結果に拍子抜け。HP製プリンタも選択肢に入れて良いかも知れない。

ちなみにDELLのやたら安いプリンタはどう見てもレックスマークなのでやめておきましょう。インクはDELL代が載っているようで更に高く、カラー丸ごとで1本3400円とか意味不明。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。