Excelに関するアンケートへご協力を(2019年10月)

2019年10月23日

エクセルのピンポイント調査。

いつの間にか表計算といえばExcelのことと言えるほど標準となったMicrosoft製品、そして互換ソフトについて9問+年代任意の全10問となっており、Excel系ソフト使わない人も回答できる仕様でアンケート。

ご協力ありがとうございます。

説明不要ならいきなりどうぞ。画像を押してもフォームへ飛ぶ仕様。

Excelに関するアンケート
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd2K90uHOWtnNKV-epnlPMtiVO4Q0jYF5TYW1MqM07LyWptfA/viewform

Excelに関するアンケート

いくつか補足。

Q4.数式はどう入力しますか?

「1.画面上部にある「数式」メニューから」はこれ。

res-excel-fx.png

と、下の赤枠の「fx」を押して探すパターンも含めましょうか。

「2.数文字を手入力した後にポップアップメニューから選択」はこう。

res-excel-pu.png

私がこれ派で、VLOOKUPしたい時はカーソルを下へ6つ動かす。

Q5.マクロは使用しますか?

この場合のマクロ使用は他人が書いたり設置したものを利用するのではなく、マクロ機能を利用して自分で設定した(書いた)使用を指すとして。

Q8.Excelファイルを他人へ送るとき、パスワード保護はかけますか?

パスワードはZIPやRARなど圧縮時やファイル送信サービスでの設定ではなく、純粋にExcelまたは互換ソフトの機能としてファイルを開く際にパスワードを求めるようにするか否かでお答えあれ。

Q9.Microsoft Office製品の価格は高いと思いますか?

「6.価格に興味はない・意識していない」の意識していないとは、完成品PCでオフィス入りならばオフィス代がいくらなのか知らない人が多いだろうし、知る必要性もないとするなら。

以上。私がエア回答した結果、送信ボタンまで1分2秒で行けた。

Excelに関するアンケート

ご協力ありがとうございます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

メールでファイルを送るときはzipにパスワードをかけて送りますね

>数式
新しいバージョンで追加された数式は旧バージョンで正常に動かないため、少し面倒な目に遭いますね。私の場合でハマったのは「IFS」という2016で加わった新関数。なんとこちらは「Office 2016を単体購入」だと追加されず、Office 365など「サブスクリプション型を契約」だと追加されるという謎仕様。私はOffice 365 Soloを利用していて便利だからけっこう使っていたものの、いざ契約を解除してOffice 2016を購入後に使ってみたら動かない。

Microsoft Office サポート|IFS 関数
https://support.office.com/ja-jp/article/ifs-%E9%96%A2%E6%95%B0-36329a26-37b2-467c-972b-4a39bd951d45
「注: この機能は、Office 2019 または Office 365 サブスクリプションをお持ちの場合に、Windows または Mac で使用できます。」

知らんよそんなもん、と。このためだけに2019を買い増すのは無理。おかげでifsを使った全関数をifで置き換える面倒事が加わったという。

>パスワード保護
なお「他のセルは自由に変更して良いけれど、このセルとこのセルは変更して欲しくない」という場合は

1.全セルを選択(Ctrl+AやA1セルの左上スペースをクリック)
2.セルの書式設定→保護タブを開き、ロックのチェックを外す
3.変更を禁止したいセルを選択(数は自由。後から追加・解除も自由に可能)
4.2と同じ場所を開き、ロックにチェックを入れる
5.シート名を右クリックか上部「校閲」タブから「シートの保護」を選ぶ
6.必要ならパスワードを入れてOKでロック完了(パス無しも可)

以上の方法が便利。

マクロの記述言語であるVBAは大分過去に取り残されています。
VBAの元になったVBがVB.NETに進化した際に思い切って互換性まで捨たのに、VBAは互換性を重視したのか言語体系はそのままでした。
結果、以前は「VBを覚えればVBAも簡単に理解できた」のが、「VB.NETを覚えたところでVBAは一から覚える必要がある」状態に。
Pythonという今流行りの言語が使えるようになるかもという話がありましたが、没ったようでExcel2019でも非対応。

VB.NETのように a+=1 で加算したり(a=a+1と書くの面倒)、Dim a as integer =1 で変数の宣言と同時に初期値入れたりしたいし(潜在バグ防止)、Try...Catch...Finally で例外処理したい。近代的な書き方がしたい。
マクロ付Excelファイルの拡張子が.xlsm なら、VBA.NETマクロ付Excelファイルの拡張子を.xlsn とでもして共存できないものか…。
とはいっても、ExcelだけでなくをWordやAccessでもVBAは使われていますのでから、いざ対応したで混乱起こりそうですが。

>Excelファイルは主にどんなソフトで編集していますか?
Office OnlineやGoogle SpreadsheetのようにWeb上で編集している場合はどれを選べばいいですか?

>マクロは使用しますか?
VBAで手書きをしている場合は含みますか?

私はそのせいでVBA以外の言語が書けなくなってしまい、プログラマーを諦めました…。
VBAを捨てずに、Excelでも複数の言語が使えるようになればいいんですけどね

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

mouse

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。