3大キャリアのテザリング機能が一部プランで有料化

2017年4月24日

早ければ今月末で無料期間終わりらしい。

テザリングとはスマホやタブレットをルータ化してPCなどをWi-FiまたはBluetooth、もしくはUSB接続してインターネットへ出入りする機能で、固定電話を持っていないならこれでPC使っている人も居そう。

記事は短め、最後にアンケートを設置。

元ネタはこちらのまとめ記事。

テザリング無料、いつまで? 各社の状況を確認 - ケータイ Watch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1054560.html

tethering-docomo

source:テザリング | サービス・機能 | NTTドコモ

3社分をまとめつつ、どのプランが有料化対象か解説されております。

テザリング機能の料金について、現在の大手3キャリアの施策をみると、通常のプランでは、無料か、月額500円に設定した上で契約から2年間は無料というキャンペーンを提供している。

ドコモユーザな割に知らなかったその理由は、私は今時なFOMA仕様のガラケーであり、ドコモのSIMは格安のMVNO2社しか使っていない為。

もう一箇所概要部分より引用。

一方、2016年から提供が本格化した大容量プランでは、3キャリアともにテザリングの料金を月額1000円と、従来の倍に設定した上で、無料の期間を、KDDIとソフトバンクが2017年4月までに、NTTドコモは2018年3月までに設定している。

というわけで、使わないのにテザリング機能を入れているなら外さなければ損。機種変更やキャリア変更した際、無料に釣られて無意識に契約しているパターンは大手キャリアあるあるだろうから確認しておきましょう。

詳しくは本文や記事のラストに貼られている各社へのリンクで確認してもらうとして、3つの疑問。

1.なぜテザリングが有料なのか意味不明

テザリングはAndroid、iOS、Windows 10 Mobile、全てのOSで機能として標準で付いており、出回っている有名どころな機種ならば大抵は使用可能なはず。

また、テザリングはその端末とOSを経由しているだけで、スマホなどから直接通信する場合と同じなのだから有料化する理由や意味が理解不能。

例として月20GBの大容量プランだとして、それをスマホで使おうとテザリングで消化しようと同じ事であり、どうしてテザリングすると有料になるのか、見方によっては端末とOSに制限をかけて解除するなら有料、のような理不尽さを感じる。

おそらくキャリア側の言い分や考え方としては、テザリングは一度の通信量がデカいのでそれなりに金払ってもらわなければ割に合わない、と言いたいのだろうけれども、それはキャリア側の設備の問題でありユーザには関係無いかと。

2.モバイルルータでの使用はどうなるのか

例として私が所有し毎日のように使用しているこういうやつ。

buffalo-DWR-PG

source:ドコモ対応DWR-PGでDMMのSIM使用とロック解除方法 - BTOパソコン.jp

左の黒い機器へドコモ系のSIMカードを入れるとスマホのテザリングと同じ状態になる、使い方によりテザリング専用機器とも言えるモバイルルータ。

テザリングの有り無し以前にテザリングでしかSIMを使えないのだけれども、この手の機器は有料対象プランならば月額支払わなければ使えないのだろうか。また、使えなくするならどうやって通信機能を止めるのだろうか。

3.そもそもテザリング使用率は高いのか?

腑に落ちない点がこれで、有料にするほどテザリング利用者多いのか、逆の考えでは月額500円や1,000円でキャリア側の割に合う程度の事なのか。

暗黒的な予想をすると、機種変更などの際に「最大2年無料だから」と抱き合わせでテザリングを入れておき、2年経過した忘れた頃から勝手に課金が始まり収益拡大を狙っているような気がしてならない。

それは置いておき、皆さんどのくらいの人がテザリングを使用しているかのアンケート。実験とか試しただけは除き、過去1年間でテザリング機能を実用として使用したかお答えいただけると幸い。

SIMのキャリア問わず、モバイルルータやWiMAXはテザリングなのか、それに値するかは回答者お任せにて。

btomr-4-tether

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。※2017.05.01 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>テザリング
たまに社内でルータの電波が届かない場所、たとえば奥まった場所にある会議室なんぞで使うPCをネット接続したいとき、スマホのテザリングでしのぐ機会がありますね。月のテザリング利用量は恐らく1GBにも届かないはず。コレが有料化されたら大損。

>3キャリアともにテザリングの料金を月額1000円
た か い わ

月額1,000円て、MVNOなら月3GBくらいのプランが契約できるレベル。

SIMをUSB経由でPCに挿してPCモバイルしているのでデザリングしたことないですので自分は関係ないわけですが、有料化とはなんぞ???ってことで、ヒツジ先輩と同じ疑問がわきました。

数GBのLTE接続分や、低速接続をスマホで消費しようがデザリングで使おうが自由な気がしておりましたが実際はそうじゃなかったと???

実際はデザリングの制限とかコントロールとか、キャリア内部の事情とか、どのようなことが起こっている(起こっていた)のか知りたいところですね。

昔auではガラケーにWi-Fi対応なんて機種があり、
それらを対象にWi-Fi WINなんてものがありました。

月500円でWi-Fi経由でデータをやりとりできるという、
ものすごくぼったくりでした。
※ガラケーがアクセスポイントになるのではなく、ガラケーを無線LANの子機として使えるようになる。

数ヶ月使ってみたんですが、そもそもデータ使い放題だし、
切り替えがめんどくさくて辞めました。

今はSIMフリースマホに格安SIMぶちこんでタブレットにテザってます。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。