Buffaloの無線LAN親機「WZR-450HP」簡易レビュー

2013年5月 2日

バッファローの無線LANルータ、WZR-450HP(以下、450HP)を入手。

知人がIEEE802.11ac対応のWZR-1750DHPを購入し、450HPが不要になったとの事で下取り。私はWHR-G301N(以下、G301N)を利用しており、通常は有線接続なので450HPは要らないけれど、記事のネタ用として。

結論から言うと大した物ではございません。

450HPの発売は昨年6月末頃。既に在庫限り。

WHR-450HP-toppict.jpg

source:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wzr-450hp/

現物はこちら。目薬は無関係。

wzr-450hp-desktop.jpg

G301Nと比較すると大きく、見ての通り特徴的な物は3本のアンテナ。動作するなら良いという事で付属品はACアダプタのみ。

私がPC関連で最も嫌いな作業がネットワーク設定。有線なら挿すだけで終わる所を、なぜ低速回線の為にセキュリティなど面倒な作業が必要なのかと。

そして予想通り、30分で終わる予定が2時間も要しております。どこでつまづいたか、付属品無しでAirStationを入手した人用に晒しておきましょう。

設定画面からはルータモードをオフに出来ない

私の環境ではモデムにルータ機能が内蔵されている為、二重ルータ回避の為に無線LAN親機のルータ機能はオフ(ブリッジモード、アクセスポイント用)へ。

ご丁寧に機器の側面へIPアドレスが記載されております。

450hp-192-168-11-100.jpg

機器背面の(ルータ)スイッチをオフにし、192.168.11.100へ行こうとするも繋がらず。仕方なくオンにして設定画面へ。

デフォルトゲートウェイ(モデムのWAN用IPアドレス)は192.168.1.1なので、無線LAN親機のLAN用IPを192.168.1.100へ変更。DHCP機能をオフにすると、DIAGランプが赤く5回点滅。

愛してるのサインかと思ったけれど、どうやら設定画面からは変更出来ないようでIPアドレス異常の合図。意味不明失礼。

ブリッジモードで設定画面へ行けず設定ツールを利用

ハードウェアリセットしルータ機能をオフにして192.168.11.100へ行くもやはり繋がらず。

G301Nを設定した当時を思い出すと、確か設定ツールなるソフトが有ったと思い出し、検索してダウンロードし実行するとあっさり接続され設定へ。

ネットワーク構成の予定は以下。

  • モデム(電話の横)---450HP(モデムの真横)・・・G301N(玄関付近)

目的は、外出から帰宅する前に外からiPod Touchにてネットワークへ入り、Wake On LanでメインPCの電源を数秒でも早く入れる事。

理解出来ないかも知れないけれど、私は効率厨なので少しでも早く作業を進めたい性格。

現在は玄関から5~6mの範囲でWiFi接続が出来るけれど、それが10m以上になると3~5歩(2~3秒)早くPC電源を入れる事が出来るのではないかと。

書いていて馬鹿馬鹿しくなって来たけれど、これまた出来ず。

450HPは中継用の無線LAN親機/子機として使えない

G301Nを他人の家へ設置した際、2台のG301Nの1台を中継用として設定した事が有り、あれと同じ事をやろうと思っていたけれど出来ず。

なぜ繋がらないのか調べると、450HPはWDS(アクセスポイント間通信)に対応していないらしく、1台のみでの動作。

というわけで、中継したいなら450HPが入ると何ともならないのでご注意有れ。適当に電波を飛ばせば繋がるだろうと思っていた為、これに気付くまで1時間くらい要した次第。

最大450Mbpsは凄いけれど、アンテナは見かけ倒し

450HPは、IEEE802.11n(g系)の40MHzでも3ストリーム。最大450Mbpsは素晴らしく、実測で300Mbpsを超えるなら私の有線接続より早くなるけれど、対応する子機を持っておらず不明。おそらく高い数値が出るのでしょう。知らないけれど。

問題は電波の強度で、私の環境に限るけれど、G301Nと比較し電波が届く距離は同じくらい。iPod Touchを持ち、家の中をうろついたけれどG301Nと変わらず、アンテナ3本のの向きを変えても同じ。

電波の強度が距離では無く別の意味(安定性、速度面)なら強いのかも知れないけれど、実売価格がG301Nの2倍以上する割に大した事はございません。

まとめると、450Mbpsに対応する子機や端末が有るなら良いかも知れないものの、私のように無線はおまけ程度にしか使っておらず、対応子機が無いなら高額なだけ。

見た目がハデ過ぎ、来客時に気持ち悪がられそうなのでG301Nへ戻し、450HPはお蔵入りしております。

以上、無線LAN親機選びは対応機器や環境を考えて購入しましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。