BTOパソコン.jpでの一部PC関連業への批判記事を自粛

2013年8月 5日

主に長年当サイトを愛読されている方々へ。

実は2013年4月から、私(ヒツジ先輩)がオフライン(現実)で勤めている職場にて、パソコンのメンテナンス事業を始めております。というわけで、当サイト及び私の方針と反する事が起きてしまうのでお知らせ。

手短に参ります。興味が無ければPC Watchでもどうぞ。

サイトポリシーについて

まずは、当サイトの前ページ右からリンクしているサイトポリシーに、このような一文がございます。

業者(法人に限らず)を根拠に基づき批判する内容があります

これは批判されてしかるべき妙な事をしている業者、要するにパソコン関連事業でおかしな事している商売を発見した場合、ヒツジ先輩がその箇所を指摘し記事を1本書くというもの。

最近はそのような記事を書いてはおらず、ここ2年以上はやっておりません。理由は簡単、コメント機能が閉じている為。

過去に何度かインチキ臭い人間と対戦した際はコメント欄を開放しており、私(ヒツジ先輩)宛の批判はOKとしていたので遠慮無くやらかしていたけれど、約2年前から事情が有り停止中。

コメント欄が無くとも、はてブや現在ならTwitterなどのSNSで反論は出来るけれど、残念ながら私がそれらを見ないので意味が無いわけですな。

同業への批判をしない理由

良いか悪いかは別として、最近の例で分り易いものがマイクロソフトのGoogleやAppleに対する批判や皮肉。

Siri(iPadの音声)が何と言っているか、ギズモードより引用。

「すみません、そのようなアップデートはできません。」
「すみません、1度に1つのことしかできません。」
「あー、PowerPointは得意じゃないです。」
「もうピアノでも弾いてますわ。」

source:マイクロソフトが新CMにAppleのSiriを起用(動画あり) : ギズモード

Windowsの鬱陶しいアップデートや8の使いづらいマルチタスクもどき、PowerPointという自社製品で比較した上、ラストにマイクロソフトのBGMで終わり。

過去にはAppleがMSを批判したり、日本でもセガとソニーがやらかしていたけれど、それらは当サイトや私には無関係。

何が嫌かは、同業者を貶める行為は下衆(ゲス)と感じる為。

商売は弱肉強食、法を犯さなければ良いのかも知れないけれど、日本国内や日本人には合わないでしょう。一部の下衆な人を除き。

該当する一部PC関連業とは

主に以下の2種類。

  • PC用ソフトウェア開発と市販ソフトウェアのサポート
  • データ復元とストレージの物理的な破壊による抹消

開発は企業向けの専用アプリケーションの事で、市販ソフトはそのオリジナルソフトウェアに関連するソフトの導入とサポート。

データの復元は一般PCユーザでも出来るレベル(論理障害)の範囲、ストレージの破壊はドリルでHDDをぶっ壊すような感じ。

私はこれら事業に直接関わってはいないけれど、自分の所属する組織がやっているなら同業者と言えましょう。

過去の記事は同業となる以前のものなので知った事では無いと言いたいけれど、企業ドメインや該当サイトのドメインからのメール発信による正式な依頼なら、削除(正確には無期限公開停止)も検討する予定としております。

ちなみにパソコンなどのハードウェア修理はしていない為、そういう事業に対しては同業では無いので悪しからず。

同業は敵でも味方でも無い競合(おまけ)

私は趣味で当ブログを書いており競合とかは無いけれど、同じようにパソコン関連や修理や改造をしているブログや個人サイトは、繋がりを持つよう考えております。

今は更新が止まっているけれど、水冷PC変態のネグロックさんや、BTOパソコンというより自作PC寄りなDOS/Vラボ(トップページ消滅?)管理人殿とも付き合いがございました。

仮に私が、とあるBTO PCメーカーを退職せず居残っていたなら当サイトは生まれていないけれど、更に仮に在職しつつBTOパソコン.jpをやっていたなら、自社の事は書かず他社を称賛しまくるブログになっていたでしょう。

何故か?

他人(他社)の悪い所は簡単に目に付くもので、良い所は探さなければ分かり難い。他人(他社)の良い所を真剣に探し、認め、時には本気で称賛する事で自分(自社)がそれを吸収し良い方向へ成長すると考える為。

AppleやGoogleは、ユーザが求める利便性を考え、自社の方針と発想で成長しておりましょう。Windows 8からのマイクロソフトは逆で、他社を貶めまくり、収益の為ならユーザが不便になっても構わない暴君のような状態。

昔のマイクロソフトはAppleの良いところをパクり、PCメーカーと協業でWindowsを2000かXP(SP1)辺りで完成させたけれど、昨年10月発売の8からは暴走しており、将来性に不安有り、成長も期待出来ない、のような違い。


以上。

データ復旧なら、当サイト全ページ右下からリンクしている、有限会社IUECがお勧め。自社ソフト開発は、私が所属するような中小や零細レベルでは無く、多少高くとも将来性の有る大企業を推奨。

長々と書いたけれど、過去2年と今後は全然変わらない為、暇ならもうしばらくお付き合い有れ。

余談(やや内輪ネタ):某TakaQさんよりGeForceネタを寄稿戴いた為、これを機にサイトのメンテナンスをやる予定としております。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。