BTOパソコン.jpブログを7年も書き続けている件

2015年10月 3日

BTOパソコン.jpが始まり昨日で丸7年。

本日より8年目に突入となり、我ながらマジキチと思う総記事数は2,500ページを突破しております。今日は年に一度のPCやIT関連にかすりもしない事を書く日だけれども、ネタが無いので昨年と似た感じで。

過去1年をアクセス数で振り返る。

2014年の9月までは昨年の10/3記事で晒したので、今回は2014年10月1日より2015年9月28日までの約1年間。なぜ30日では無いかは、私がこれを29日深夜に書いている為。

当サイト内のガラケーページを除くセッション数。

セッション全体

平均すると月間セッション(アクセス)数は約55万、ユーザー(ユニーク)数は約38万といったところですな。約2/3が新規、1/3くらいが変態 常連という割合は以前から変わらず。

コメントを入れている4月はGoogleがスマホ対応した時期で、多少影響が出ている御様子。当サイトは対応していないので、いくら需要に合うページでも検索結果のランキングを下げられるという理不尽なシステム。

グラフの右が下がっている原因はパンダの影響では無く、8月中旬より更新を停止した為と予想。

モバイルフレンドリーの影響はこちら。モバイル端末のみのグラフ。

GMF

対応前はスマホなどからは1日6千前後の訪問が有ったところ、対応後は見事に低下し5千前後へ。アクセスが2割減するようなので、EC(通販)系のサイトでは対応するべきでしょうな。

話を全体へと戻し、私がいかにSEOに強いかを表すグラフがこちら。

参照元

分かり易くなるよう書き直すと、

  1. 検索(無料)・・・8割
  2. 直接来た・・・15%くらい
  3. リンクから・・・わずか3%
  4. Twitterなど・・・1%未満
  5. 検索(広告)・・・0%に近い

広告を出しているわけが無いので5番は何かの間違いでしょう。検索8割の内、Googleが6割くらい。2の直接とは、ブックマークやURLコピペなどの参照元が無いアクセス。

3番のリンク元はこちら。

リンク元

変換。

  1. ブラウザ「Sleipnir」からの検索
  2. Yahoo知恵袋
  3. feedly(フィード読みツール)
  4. Twitter
  5. ライブドアブログ(2chまとめ)
  6. 情報屋さん
  7. ニフティの検索
  8. NAVERまとめ
  9. はてブ
  10. hao123

Sleipnirを除外するとYahoo知恵袋がトップ。当サイトのようなクソ記事が少しでも役に立ったのなら幸い。とは言え、3%の内の7%なので大した数値では無いですな。

話を戻し、私が7年前から変わらず心がけているSEOのポイント。

  1. タイトルや見出しの書き方など基本を抑える
  2. 「こういう事で困っている人が居るかも」を常に考える
  3. 大手サイトにも勝てそうなビッグウェーブには積極的に乗る

1と2で98%くらい。3はおまけ。

昔々、私が「SEOでランキングなぞ気にしていない」と言うと、自称プロ集団のSEO業者から盛大に馬鹿にされたけれど、昔も今も気にしていない。基本に忠実+訪問者の事を考えて書く、ただそれだけでマジでキーワード分析とかランキング推移見たりとかやっておりません。

3番はある程度サイトにパワー(SEO用語でオーソリティの事)が付いたなら、例として「Windows 10」で検索すると、なぜか個人ブログで有る当サイトが一時的にでもトップランカーになってしまうという遊び。この遊びを真顔でSEOと称する業者が多いと思う。

とりあえず10年目指すなどの目標は特に無く、単純に今日書いて明日も書く。

PC選びに役立ったかも知れない、メーカー修理に出さず不具合を解消出来たかも知れない、何と無く読んだ記事が後々見ておいて良かったと思うかも知れない、そう思い込む事が更新出来る動力。解決数や役立ち数というコンバージョンは見えないけれど、アクセス数というスコアとなって表れております。

キーワードは探すのでは無く、テーマ内の事を真剣に考えていれば感じ取れるもの。ランキングは上げるのでは無く、上がるもの。アクセスはアップさせるのでは無く、第三者が上げてくれるもの。

これを取り違えている自称SEO業者が多いので、私は彼らが嫌い。

当記事はPC無関係なのでコメントも無関係で良いけれど、ネトウヨ話やミリオタ関係は引き続きゲストブックにてどうぞ。

しかし、間2ヶ月くらい抜けたとは言え7年は凄まじいですな。小学6年生の子どもが、ヘタすると社会人になっているレベル。3日で飽きた割に良く続いていると自分で思った。

※私信:今年もWeb担はご容赦有れ。意味不明失礼。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(8)

>Googleがスマホ対応した時期で、多少影響が出ている御様子
>アクセスが2割減するようなので、EC(通販)系のサイトでは対応するべき
もともとBTOパソコン.jpはスマホに関係する記事が少ないため影響は小さいでしょうが、ニュースや情報サイトが即時対応したところを見ると、関連性が高いサイトは影響が甚大なのでしょうね。

>10.hao123
昔の話かと思っていたら、今でも生き残っているのですね。はてなブックマークと同等とは驚き。

>SEO業者
知名度がほぼゼロのサイト、しかし中身は良い、という条件でなら、SEO対策へ熱心になるのも頷けますがね。新型で使い勝手が良くコストも安いネジを開発したけれど発表する場所がない、だから「ネジ」や「ボルト」などのキーワードで検索上位に来るよう自社サイトをSEO対策、なんぞ。

今どきは「取引先の近況をFacebookで確認しておいて話題に出す」くらい常識ですから、せめて「会社名を入れると上位10位くらいまでには表示される」程度のSEO対策は必要かもしれません。平凡な会社名だと同名の会社が5つ6つ見つかったり、サイト管理者が居ないと更新日が2年前だったり、情報を仕入れるのにも難儀する場合が多いので、だったらいっそSEO対策で頻繁に更新する小奇麗なサイトが望ましいです。

>間2ヶ月くらい抜けたとは言え7年は凄まじいですな
初音ミクは8周年ですぜw

>小学6年生の子どもが、ヘタすると社会人になっているレベル
ミク誕生時に小学6年生だった子供が大学生か専門学生か社会人になっているなんて胸熱ですなw

多分めでたい事だと思うので、8年目突入おめでとうございますw

継続は力なり、と言いますし、桃栗三年柿八年ですから、来年には収穫できるんじゃないかな、知らんけどw

筆が遅くそれは推敲に推敲を重ねるからでその割には大した文章を書けない私からすれば、7年間も書き続けるのはマジキチか人外かマゾスキル炸裂かと、ただただ感服致します。

>PC選びに役立ったかも知れない、
はい、PC選びに役に立ってます。ココを読んでBTOは買わず自作を選びました(キリッ

>メーカー修理に出さず不具合を解消出来たかも知れない、
そういえばココを訪れるようになって一度も修理に出してませんw
自力で何とかしようとグーグル先生に尋ねてもココが検索上位に表示されますしw
過去に一度だけ、自分にとって初めてのPCをモニタが映らないと言ってメーカーに送ったことがあります。電話したサポートのお姉さんは親切でしたが、
「では画面左下のスタートボタンから~」
「ですからモニタが映らないんです」
的なやりとりをした挙句、モニタごと梱包して送ることに。箱をとっておいて本当に良かった。
今なら分かる。メモリです多分。しっかり挿し直せば治った。

>何と無く読んだ記事が後々見ておいて良かったと思うかも知れない、
そんな謙遜しなくてもw似合わんしw
毎日ココを訪れるのを楽しみに生きています(←ウソですごめん
読ませていただきながらリアルタイムでニヤニヤしてます本当です。例えばネトウヨ話とかミリオタ関係とかすげー面白いしってそれはゲストブッk

周年おめでとうございます。

テレビっ子が帰宅してまずテレビを点けるが如く、PCを立ち上げるととりあえずgoogleの検索窓にbtopcと叩く、そんな日が初めて訪問した2010年(2009年だったかな?)10月から続いています。少し疎遠になったのはコメント欄を閉鎖していた頃でしょうか。少々の「マ」の他は小細工無しでそこそこ内容があって(失礼!)白地に黒で見やすく軽いと立ち寄る側にも優しい。その内容はというとブログテーマのbtopcネタから軍ねた、ネトウヨねたと拡がりを見せています。今後もコメンテータの皆さんと適度な距離感と礼儀をもって肝臓とWeb担女史の根気が続く限りお付き合いさせて下さいませ。

8年目突入おめでとうございます。

私がここに来たきっかけはBotchyWorld跡地でした。
そもそも1年ほど前に「SSDってどれくらいで壊れるのかな?」と気になって調べていたところ、SSDが壊れるまでひたすら書き込み続けるというサイト(ここの跡地です)を見つけたのが最初です。
# それにしても自腹で購入したSSDを壊れるまで書き込み続けるとかMとしか思えないw

で、このページの1階層上(つまりbto-pc.jp)はどんなサイトなんだろうと見てみたところ内容や雰囲気が良く、それからたびたび来るようになって今に至ります。
# URLを直接編集して1つずつ階層を上がる("/"単位でURLを削除する)のは私のくせですw
# 以前はディレクトリの内容とかが見えることがありました。今はもう無理だけど。


>話を戻し、私が7年前から変わらず心がけているSEOのポイント。
>1. タイトルや見出しの書き方など基本を抑える
>2. 「こういう事で困っている人が居るかも」を常に考える
>3. 大手サイトにも勝てそうなビッグウェーブには積極的に乗る
>キーワードは探すのでは無く、テーマ内の事を真剣に考えていれば感じ取れるもの。ランキングは上げるのでは無く、上がるもの。アクセスはアップさせるのでは無く、第三者が上げてくれるもの。

これを見て、内容や雰囲気が良いのを納得しました。やはりこういうのが大切ですよね。
# 私もプログラムなんかでは同じようなことを心がけています。
## プログラムは使う人が最優先
## その上で「あれば便利かもしれない」を提案
## などなど

8周年おめでとうございます。
さて、自分はと思いながら・・・

私がここにきてたのは、Windows Vistaのころだったかと。
まだ独自ドメインに移行前で、どう移行するんだろうとか思ってたら、サーバー移転せずにそのまま独自ドメインに移行してたころ。
仕事で調べ事で来てるのに、ついつい読み入ってたを思い出します。


>1. タイトルや見出しの書き方など基本を抑える
>2. 「こういう事で困っている人が居るかも」を常に考える
大事ですよね。こういうの。

なお、私の場合は、
「天気ガジェット」
でGoogleとYahooは1位のはずです。
Bingは残念ながら、2位なんですよねぇ。
残念ながら。

>判ってくれない気がしたのでやめた。今は安心している
いやなんのことだか全然わからないのですけれども(棒
ペンウッド卿のアレは作品屈指のカッケェーな熱いシーンだと思うの(迫真)
しかしあらためて思うに中途半端な厨二は痛々しいだけだけれども月の裏側まで突き抜けた感のある厨二はほんとしびれますなぁw
ヒラコー先生は断トツで頭おかしいからねそら当然よ(最上級の賞賛)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

最近のコメント

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。