スマホ選びで重要視することアンケート(2020年7月)

2020年7月13日

スマホ選び調査再び。

以前、anan総研に合わせた回答項目でミニアンケートをしてみたところ、ほぼ男性と思われる当サイト常連の回答では女性の意見と全然違うほどまともな調査にならなかったので再調査へ。

1問のみながら23択+その他な計24択なマジキチ設定。

その以前の調査結果がこちら。 

スマホ選びの基準の女性の思考は独特すぎ

source:BTOパソコンjpアンケート調査結果(2020年6月)前編

「その他」がトップに来てしまい調査の意味が無いも同然。どうしてこうなったかは、こちらの設問に合わせたため。

anan6-600x450.jpg

source:女性約200人に聞いた「スマホの選び方」 | anan総研

「その他」以外に「固定料金」は割と多かったけれど、それ以外のカメラ性能や容量などは当サイト調査では1割にも満たず。

というわけで、今回は複数回答できるフォームをご用意した次第。いくつかわかりにくい選択肢があるので少々解説。

容量

ストレージ(記録装置)の容量のこと。

内蔵メモリ容量のことでも良いし「SDカード非対応なのでiPhoneは論外」のような容量として。カタログ表記ではなぜか「ROM」と称されることが多いアレ。

性能(CPUやメモリなど)

通信速度は別に選択があるのでそちらとし、これはCPUのコア数や周波数、メモリ(RAM)容量など本体個別の性能を指しております。

通信速度(キャリア・Wi-Fi)

こちらは純粋に回線速度のこと。格安の速度では話にならないので月額高いけれどドコモ派だとか、Wi-Fiはacやax付とか、5Gも対応必須のような色々含む。

対応周波数帯

周波数帯はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク、それら系格安SIM)で違うため、そこまで重視したSIMフリー端末選びを重要とするかどうか。

※3つまでの選択で *

今回は択一式ではなく、やろうと思えば全24項目チェックできる複数選択となっているけれど、基本的に3つまでの選択を。「まで」なので「その他」1つだけでもOK。2個しか当てはまらなくともOK。

アンチスマホな人は「その他」だけでも良いし、今後ガラケーから乗り換える予定があるなら何を重視するかの3つまでで空想しつつな回答を。

選択肢多すぎるのでややこしいけれど、適当に5~10個くらいをチェックして行き、そこからの消去法で3つ以内に抑えると良いやも知れず。

どうしても3つ超えるならそれはそれで仕方ない。多く回答すればするほど自分の票は薄まると考えて。

スマホ選びに関する調査
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf0yc5QDycwgCu-02iIHsV1SwbtiK-mJ6SaoAZK6QuoqueoLw/viewform

anan-res-2020.gif

ご協力ありがとうございます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

メーカーですね。
音楽持ち出しにipodを使っていたので過去資産の流用という意味でずっとiphoneです。
機種変更のデータ以降後も使用感変わりませんし。

あとは周りの高齢者もiphone多い&トラブルの相談があるので合わせておくと対応が楽

私が新しいスマホを買うときに重視したのは、本体色、SIMフリー、DSDS対応、おサイフ機能、メーカー(中華は避けたかった)ですねw

>1問のみながら23択+その他な計24択なマジキチ設定。
サイコムでのPC注文に慣れた方々なら、24の選択肢から3つを選ぶなど余裕なはず。

サイコムBTO
CPU×クーラー×マザボ×メモリ×ストレージ1×ストレージ2×ストレージ3×グラボ×その他カード×ケース×電源
=8×10×6×8×10×10×10×30×6×10×16
=110,592,000,000
=1,105億9,200万通り

アンケート
24×23×22
=12,144
=1万2千114通り

※実際のサイコムはもっと選択肢が多いです。

>対応周波数帯
コレは新機種を回線契約と一緒に店頭で購入よりも、格安SIM&スマホ単体購入で運用する場合に気にしたほうが良いところ。特に海外製でけっこうスペックが高いわりに低価格、と思ったら国内で使えない仕様だった、という場合もありがちなので注意。

そもそも技適マークが無いスマホなんぞも良くありますけれど。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。