Amazonのダッシュボタン注文で値上がり事故が発生

2018年10月 1日

やると思った値上がり発注。

友人がAmazonのプライム会員用ダッシュボタンを購入したという記事を以前書いた時期は昨年12月のことなので1年も経たず、ダッシュボタンは無事に分解されゴミ箱行きになったので紹介。

プライム会員はご注意あれ。

何の話かは、私が以前遭遇したこれに近い。

何年か前に定期お届け便にしたトイレットペーパーが気づけば大幅に値上がりしていた件。値下がりは教えてくれても、値上がりは内緒。汚い。

ダッシュボタンも同じで、今その商品が現在はAmazon最安や割安だろうと、いつ値上がりするか判らず、前回と価格が違えども教えてくれない(はず)。

source:BTOパソコン.jpミニアンケート調査結果(2017年12月)

幸いというべきか、当たり前だろう感さえある値上がりのお知らせは来るようになったらしく、その値上がりメールに気付いて私へ相談の連絡が来た。

  1. 午前7時頃にダッシュボタンでトイレットペーパー発注
  2. 19時頃に帰宅し注文メールを見ると同時に値上がりしたと案内
  3. ->どうすれば良いのか私へLINEで相談
  4. 22時過ぎに気付いて注文履歴からキャンセルしてみるよう返信
  5. ->発送手配中なのでキャンセルできない
  6. 友人PCを遠隔操作して「詐欺かよ」メールをAmazonへ送信
  7. ->翌朝、Amazonから受取拒否してくれと返信アリと連絡アリ
  8. ->ヤマト運輸の不在伝票が入っており受取拒否にて一件落着

返金、この場合はカード決済を取り消してくれる予定に。

ダッシュボタン注文確定メールには68%値上がりしていると書かれており、なぜそうなったのか私が職場PCから確認したスクリーンショットがこちら。

20180921

source:Amazon | エリエール トイレットペーパー 60m×12ロール

法人価格は税別表記なだけで個人用と同じ値段なので気にせず。

当時488円がこの商品の税込価格で1~2日以内に発送と書かれている、その下に新品の出品702円よりと書かれており、この702円の方がダッシュボタンでの発送に使われた方。

何が起こったか推測すると、488円の方は在庫がないが702円の方は在庫があり、702円はマーケットプレイスながらAmazonの倉庫に置いて売るやつ。ダッシュボタンは早さ優先で702円の方にて注文確定されたと思われる。

しかも488円でさえ高い、この商品の以前の価格は408円。Chrome拡張のkeepaにて9/29に確認した価格推移。

20180921-2

9/21 0時~9/22 21時までの約2日間だけ価格が跳ね上がっており、ダッシュボタン押したタイミングが9/21の朝7時なので高値をつかんだというクソ仕様。

値上がりした通知のメールに気付けば良いけれど気付かない場合もあると思われ、ここ数年のAmazonは納品書さえ入れていないこともあるため、トイレットペーパーなら開封し使用した後、返品可能な30日を超えた後に来るクレジットカードの明細でようやく気付く可能性さえございます。クレジット明細さえ見ていなければ完全にスルー。

408円が702円ならまだしも、もし悪意あるマーケットプレイス出品者が7千円とか7万円などと設定してもダッシュボタンで発注されてしまうのかも知れないと思えば、そんなもの軽々しく使うものではないとしてアカウントとの連動を切りゴミ箱へ。

定期お届け便しかり、ダッシュボタンも同じだったという話。

もしかして音声で発注可能なAmazon Echoでも同じことが起こるのか?と思えば、こちらは使い方がやや違うようで。

例えば僕が「○○を注文してくれ」と言うと、Alexaはまず、Amazonで一番人気のあるもの(レビュー評価が高いもの)を教えてくれる。そのうえで、「これを注文しますか?」と訊いてくる。別のモノがよければ、2番、3番評価のモノを教えてもらえる

source:Amazon Echoで買い物するとき、何度も確認がある。注文禁止にもできる

目が見えない人には非常に便利だろうけれども、見えるなら「パソコンかスマホでやれ」と思った。

ボタン一つや音声でもネット通販できるという新しい試みは好きだけれども、それが適材適所といえるか、新たな便利さにつながるかは別の話だと今回つくづく感じた事件。

皆さん、どのくらいAmazonの新サービスを使っているのか知りたいのでアンケート。複数回答できるので、当てはまるもの全てお答えあれ。条件は「今」とし、「過去使ったことがある」はナシで。

Amazonの便利機能の利用率は1割少々

投票後に経過表示、投票せず経過のみ見るなら View Results をどうぞ。※2018.11.07 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>当たり前だろう感さえある値上がりのお知らせ
私は当たり前だと思いませんね。最終的に価格を確認するのは金を支払う側、が私の意見。定期便だって「定期的に注文する」だけで「定期的に同じ金額で商品が買えるサービス」ではありませんし。100年経っても同じ価格で買う気かお前は、と。

ただダッシュボタンは押した瞬間に注文ですから、何らかの救済措置があって良いやも。月に3回までなら「押し間違えたから無料でキャンセルできる」とか。

>しかも488円でさえ高い、この商品の以前の価格は408円
ドラッグストアとかデパートだとそこら辺の価格で売っていた気がします。だいたい398円とか458円とか。

>ここ数年のAmazonは納品書さえ入れていないこともある
私の場合は「100回くらい注文したら1回くらい入っているかもしれない」レベル。月に3~5回くらいしかAmazonで買い物しませんけれど。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。