ぬいぐるみ付いてくるパンダキーボード2.4万円など

2018年11月 3日

3万円のキーボードを使用し1年。

1年でどのくらい汚れるか一度も掃除せずを試しており、近々ヤバそうな画像をアップする予定なRealforce1年越しのレビューを3連載。2記事は10ヶ月くらい前に書いて在庫しております。

祝日なので最近のよくわからないニュースなど。

ぬいぐるみも付いてくるパンダキーボード - エルミタ
http://www.gdm.or.jp/crew/2018/1008/278826

panda-kb

パンダの白黒と笹をイメージした、とはどこにも書かれていないCherry製スイッチ採用のメカニカルキーボード。

大問題なのはパンダがオスなのかメスなのかではなく価格であり、税込24,000円はマジキチすぎてパンダのことが頭に入らない。付属のぬいぐるみが4千円だとしても2万円はありえない、1.3万も出せばFILCOのメカニカル買える。

パンダ好きや金持ちだとかYouTuberなら話のネタにどうぞ。ネタならスイッチを緑軸とかにして欲しかった。

 

ディスプレイに走査線を追加できるジェネレータ - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1146692.html

実はひそかに欲しいと感じてしまった斜め明後日志向な変態ゲーマーな私が私であり、少々ピンぼけしたような映像&走査線(昔のテレビの横に入る線)にハァハァしてしまい失礼。誰に失礼なのかは知らない。

「あえて出そう、走査線であると」 と思ってしまうスーパー懐古主義だとか、単なるおっさんホイホイ。実売約5千円は最近の若者が腰を抜かすであろう意味不明な価格設定。

やはり私は普通の液晶画面でOK。500円なら1記事レビュー用に欲しい。

 

MSI、M.2 SSDを最大7基搭載可能なIntel X299マザー - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1146966.html

これは凄いと思ったものの、なぜM.2にこだわり7つもストレージを使いたいのかがわからない、更にチートのようなウリ文句はさすがMSIでございます。

そのほか、M.2 SSDを4枚搭載できるクーラー付きのグラフィックボードのような拡張カード「M.2 XPANDER-AERO」やThunderbolt 3のカード「ThunderboltM3」も同梱。

マザーボードあまり関係ないのでは。

 

5インチベイに2.5インチを8台搭載できるリムーバブルケージ - エルミタ
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/1011/279341

MB998SK-B

その発想は無かった、5インチベイに2.5インチを8個もぶち込める何か。

それは良いのだけれども、SATA接続ならホットスワップではないのだから結局はケースの側板をくぱぁして換装する作業になるのではなかろうかと思えば存在する意味が割と不明。

USB3.1のGen2が普及するならアリなのだろうか。そういうのは外付でやれば良いと思われ、やはりなぜ存在しているのかよくわからない逸品。※逸脱品の略

 

9列のメカニカルキーボードが資金調達中 - INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1147505.html 

TYPI

source:TYPI: Efficient Mechanical Keyboard — Kickstarter

「実はこれ正しいのでは?」と、一瞬自分の感覚を疑えた多段キーボード。

通常のキーボードは横5+1なので+3もキーが多いという、一体何と戦っているのか小一時間問い詰めてみたくなるキーの多さであり、目標額を達成しているので製品化待ったなし。

キーが多ければ正義だというのなら、ゲームのコントローラにボタン106個くらい付けておけばよろしそうであり次回作に期待。

 

マザーをケースに固定する時に絶縁ワッシャかましてる人どんだけ居るかな? : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/54242618.html

オレは一回かまさず固定して最初の火入れ時にマザーの電源部チップから 発火して本当の火入れになるとは思わなんだったな~それ以来ワッシャは欠かさずかましてる

どのレベルのポンコツなマザーボードとPCケース(シャシー)を組み合わせるとそうなるのか意味不明であり、ワッシャとか自作PCでも修理現場でも見たことさえございません。

それどころか、安物ならスペーサーさえ付属しないケースも珍しくはなく、ワッシャなどかませるくらいなら最初からプラスチックのスペーサーをご用意してあげるべきでしょう。

ヤフオクの「神経質な方の入札はご遠慮ください」をなぜか思い出した。

 

趣味:自作PC←これwwwwww : 汎用型自作PCまとめ
http://www.jisaka.com/archives/28953819.html

自作と言う割にレゴブロック以下の組み立て作業らしいwwwwww

「らしい」と書いているところから、この1は自作しないorできない側の人間なのでしょう。こういう情弱な人へは自作PCと言わず、セルプロ(セルフプロデュース)PCとでも言えば伝わるのだろうか。

自作PCは構成を考えるところが最も楽しくハードルが高いであろう趣味であり、組立なぞ誰がやってくれてもOK。但し技術や趣味的な差が出るグリス塗布と裏配線以外は。

という感じが自作PCで、構成考えて納得できる提案したり修理などサポートをしてくれるならレゴブロック以下と称してOKであり、クソスレに認定申し上げる。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>パンダキーボード
パンダならキースイッチは「パンタグラフ」一択でしょう。なぜメカニカルにしたのか。

>付属のぬいぐるみが4千円だとしても2万円はありえない
更にマウスパッドも付いて来るそうですよ。40cm×89cmの特大品が。ぬいぐるみは2,000円、マウスパッドが4,000円として、キーボードは18,000円くらいと考えれば激高という訳でも無し。割高ではあります。

>走査線
ブラウン管テレビって最近はあまり見かけなくなりましたね。中華料理屋とか蕎麦屋とかでギリギリ見かけたこともあります(動作しているか不明なこともあり)。

>9列のメカニカルキーボード
やろうと思えば安いテンキーのキー配列を方向キーに変えれば良い訳で、方向キーがキーボードの左側にレイアウトされているからといって欲しくはなりませんね。変態ゲーマーにとってそこはアピールポイントにはならず。

>自作PC
できる人は簡単だと思うし、できない人は難しいと思うのが当たり前。日本語より英語の方が簡単なんだからすぐ習得できるでしょ、と言われても大抵の日本人は困る訳で。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。