ゲーム用ワイヤレスマウスがロジクールから登場など

2017年9月24日

AppleがiOS11をリリース。

iPod touch(5th)は見捨てられたけれどiPhone 5sはiOS11に出来るようなので情報収集すると、どうやらコントロールセンターからWi-FiとBluetoothが完全にはオフにならないらしいので10で止めるか12待ちする事に。

日曜なので最近の気になったニュースなど。

ゲーム向けワイヤレスマウスがロジクールから登場 - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1082093.html

無線充電マウスパッド

頭良いと思った、マウスパッドでマウスを無線充電。

実に理にかなったスマートさですな。他のメーカーが先に出しているかも知れないけれど私は初めて見た。充電式なのだからトラックボールのMx Ergoでも対応して欲しいところ。

と思ったものの、充電ベースのマウスパッドG-PMP-001の価格は何と18,800円とか高すぎる件。そこまでしてワイヤレスに充電したいかと言えばそんなわけ無いのでやはり要らない。

そして同時に2機種出るらしいゲーミングマウスもバカ高く、上位モデルのG903は何と約2.1万円、G703でさえ約1.2万円、しかも税別なのでG903と充電マットを購入すると4万円オーバー。

まあ、1.4万のトラックボールと2.7万のキーボードを買おうとしている私が驚くべきでは無いかも知れないけれど、マウスセットに4万は無理過ぎる。

ロジクール製品は安い割に操作感良いとか、少し高いけれど他のメーカーには無い良い物が多い印象だったけれど、最近はトラックボールにしても高級路線で行くのか不安になる新製品ばかり。

トラックボールは形を見れば操作性は何となく想像つくところ、マウスの場合は重さや全体の持ち易さなど合う合わないがトラックボール以上にあると思うので、1万円超えはギャンブル過ぎる印象。

ツクモとかドスパラが展示品してくれる事を祈りましょうか。

 

30㎝の距離からワイヤレス充電できる充電器「Pi」 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1081727.html

pi

これまた頭の良い発想。専用パッドの上に置かず無線充電とか凄い、けれど気になる箇所がここ。

専用のケースを充電したい端末に装着することでワイヤレス充電が可能

良く見ると上の画像は黒色のAndroid端末ではなくiPhoneとiPadか。スマホはベゼルの下が広くホームボタンがありそう。タブレットは縦横比がiPadのように見える。

ケース装着に抵抗無い人は気にならないだろうけれども、私は放熱の点でバッテリや内部のパーツにダメージが無いか気になるのでケース着けない派であり、そういう人には向いていないでしょうな。

そこまでして無線充電したくなく、端子を挿せば良いわけで、1日に何度も挿すわけでも無いのでケース着けるくらいなら有線でも良いと思った。

発表のみで発売はまだ、2018年の予定で価格は200ドルとなっており日本に来たなら24,800円くらいだろうか。

ところでiPhone X発表で無線充電の話題が出た時、そう珍しい機器では無いはずと考えAmazonで検索してみると出まくって笑えた。

無線充電という技術的に何か凄そうなので安くとも1万円前後はするだろうと思っていたらハズレ。安い物なら2千円前後、激安品は600円くらいで販売しており少し驚いた。iPhone 8用もあり2,380円。

もちろん端末側が対応している必要があり、していないならやはりケースを着けるか、スマホの裏に無線用の何かを貼り付け、更にそれをUSBやライトニング端子へ接続するという、あまりスマートとは言えない方法に。

無線充電便利そうと思っていたけれど、良く考えると端子挿せば良いだけなので、そうでも無い気がして来た。あと、無線だと充電速度が遅いというレビューもある点も気になる。

 

Google検索で回線速度測定「スピードテスト」でググるだけ - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/20/news095.html

スピードテスト

やってみた結果、下り12.1、上り13.6Mbpsとか本当かよな数値を叩き出した。40MB以下くらい通信するらしいのでスマホ、キャリア回線はご注意。

スピードテスト以外にはspeedtestでも日本語のテスト環境がトップにデカく表示されるので、スピードテストサイト運営者の広告収入を邪魔する感じになる点をGoogleは自覚しているのだろうか。 

M-Labというサイトのスピードテストを採用していると説明があるので直接M-Labで計測してみると、だいたい上の数値と同じ結果に。

他のサイトで計測すると結果はまばらで、最速表示するページでは上下50~60Mbpsくらい、しかし10Mbps台は見た記憶が無いのでかなり厳しめなのだろうか。

スピードと言えば、SSDのSATAとPCI-Express、メモリのクロック周波数の差、CPUのCore i7とi3、私はいずれも違いが体感出来ておらず、ネットも上下10Mbpsくらい出ていればOKと思っております。

別の速度差と言えば当サイトの表示速度は結構速いはず。個人ブログに限らず、やたらと開くまでが遅いサイトはサーバーの品質問題以外にプログラムの形式が違うので当サイトは速いという豆知識。

ページの最後がhtmlやhtmで終わっているなら紙をめくるようにただ表示しているだけ。/とか拡張子なし、あるいはphpが混ざっているなら、アクセスする都度変換している感じなので遅いサイトはマジで遅い。

Googleの検索結果は速ければ問題無いけれど、あまりにも遅いページはランキング下げられるので、企業や通販サイトを持っているなら表示速度にも気を遣いましょう。

 

8Kと4K、区別つかず 先が見えた画素数競争 (1/3ページ) - SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170919/bsg1709190500004-n1.htm

2k4k8k

source:KDDIとJ:COM、4K/8K/HD映像をCATVで同時伝送する技術 - AV Watch

なるほどわからんというやつで、私も見分けが付かない。

上の画像は縮小&圧縮率上げたJPEGなので本気で見たいならAV Watchのページでどうぞ。並べて比較すると辛うじてフルHDがどれかは判るけれど、4Kと8Kの見分けは付かなかった。気のせいか4Kが最もきれいに見える。

8Kと言えば先日シャープが8Kテレビを発表し12月1日に発売予定で価格は100万円の税別、しかも8K用のTVチューナが20万円くらいになるとか訳の解らない事を言っております。

ちなみにPC用モニタはDELLが出しており販売中。

昔のまだテレビが面白かった頃、ビートたけしが軍団で馬鹿をやっていた頃ならまだ解るけれど、今のテレビ番組を見るために100万とか出す人の気が知れない。

不謹慎厨のせいなのか制作側の手抜きなのかテレビがつまらなくなり、リッピングの違法化で映画も取り上げられ、逆にネットはAmazonがオリジナル番組で面白馬鹿を展開したりいつでも好きな時に48時間レンタル出来たり。

しばらくして8Kの価格が下がり同時に4Kテレビが値下がるなら、良く解らず高いテレビを購入している人の財布には優しいかも知れませんな。

とりあえずPC用は4Kでさえ普及しているとは言えないレベル。8Kは映像職人用とか専門な人に限られ、もっと普及しないと思う。

技術的には8Kは超大型スクリーン用でしょう。デカいほど画素が粗くなるところが対策出来る程度と予想。

 

MCJのフィスコ二期業績予想 | ZUU online
https://zuuonline.com/archives/173012

MCJとはマウスコンピューターとかパソコン工房の会社。

MCJ<6670>3ヶ月後予想株価1,350円

今これを書いている現在の株価は1,205円で、半年くらい前まで上がり続けた後は1,200円台付近で上下しております。3ヶ月後は12月の下旬なので当たると思うならギャンブルしてみる手もアリかと。

売買単位は100株なので今の相場で言えば最低12万500円から。本当に1,350円になるなら14,500円の利益になるので何口買うかでしょうな。下がればもちろん損するので自己責任にて。

私に言わせると直近3ヶ月では予想も付かないけれど、来年さえ切り抜けたならば翌年は2019年。Windows 7のサポート終了まで1年を切り始めるので、XP終了祭りの再来になるなら業績は上向くはず。

また、以前ネタにした時の専門家らしき人の話によると、MCJは近々東証二部から一部へ上がる準備をしていそうとか言っていたので、下がるネタは無いはず。

マウスがパソコン工房を吸収して販路を狭めてしまうとか、金が余り過ぎてネットカフェ以外に手を出して失敗するなどの変化が無ければ、今買って2年放置しておけば良い気がする。

という私は博打はしないと決めているのでもちろん買わない。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>iOS11
私はWifiはオン、Bluetooth は常にオフなので、どうでもいいですが逆に不便な気がします。
ios11はしばらく様子を見て、アップデートする予定です。

>iPhone 5s
iOS10で使っていますが凄く動作が遅いわけではなく、Safariでウェブサイトを閲覧したりTwitter、LINEは普通にできます。
5sは2013年発売なのでiOS12はわかりません。


>スピードテスト
下り314Mbps上り98Mbpsでした。

http://beta.speedtest.net/
で測定したら下り314Mbps、上り446Mbpsでした。

>8K
フルHDテレビと4Kテレビを比較すると4Kの方が綺麗です。8Kは見たことがありません。

>iPhone 5sはiOS11に出来る
私の知り合いはソレをやったら、途中で「失敗しました」となり二度と起動しなくなりましたよ。PCに接続してiTunes経由を試した結果。

2世代以上前のモデルを最新OSへアップデートすると動作が鈍くなりますから、基本的にはiPhone 5sのアップデートをお勧めはしません。セキュリティを重視する、遊び用端末だから不具合が出ても気しない、という体なら問題ないかと。

iPhone Mania - 【iPhone5s】iOS11へのアップデートでアプリ起動は何秒遅くなる?
https://iphone-mania.jp/news-184812/

>ゲーム向けワイヤレスマウス
高速なワイヤレス通信技術「LIGHTSPEED」と、独自開発の新型光学センサー「HERO」を組み合わせたのが、記事で紹介されている「G603」とのことですから、こちらの扱いももう少し大きくした方が良いと思うのですがね。ワイヤレス充電対応の「G903」と「G703」ばかり大きく取り扱い、G603はオマケ程度。

4Gamer.net - 「G603」が採用する光学センサー「HERO」は,独自開発の完全新作だった。Logicool GのChris Pate氏に,新型マウスの秘密を聞く
http://www.4gamer.net/games/023/G002336/20170917003/

個人的にはこちらのG603の方が気になる次第。9,000円くらいしますが。

>専用のケースを充電したい端末に装着することでワイヤレス充電が可能
それは「ワイヤレス充電に対応しない端末でも充電に対応させるアタッチメント」であって、Piで充電する端末にすべて取り付ける必要がある訳では無いです。その後にすぐ「新型のiPhoneのように、ワイヤレス充電機能がすでに内蔵してある端末であれば、専用のケースを装着する必要はない」と書いてありますし。

画像のiPhone、手の大きさから見るとかなり小型ですし、iPhone4か5あたりなのでは。

>Google検索で回線速度測定
計測した時間帯によって大きく差がつきますから、他サイトと比較した際の参考程度に留める方が良さ気。ちなみに私は「下り455.1Mbps、下り322.0Mbps」という結果。私の場合レイテンシは表示されませんでした。理由は不明。試しに計測画像をアップロード。

Axfc UpLoader ファイル名:Googleテスト.jpg
https://www.axfc.net/u/3847920.jpg

4Gのスマホで試したところ「下り51.2Mbps、上り4.11Mbps」とのこと。同じ端末で4Gから3Gに切り替えたら「下り7.43Mbps、上り1.05Mbps」に変化。ちなみにブラウザが古いのかOSが古すぎるのか、Android2.3のスマホで「スピードテスト」と検索しても、Googleのテストボックスは表示されないため注意。

>8Kと4K、区別つかず
フルHDと4Kでも、特に静止画では区別がつけ辛いですよ。4K解像度でも撮影した機材がスマホなら、フルHDで撮影したビデオカメラ未満の画質ですし。重要なのは画素数ではなく、高画質が生きる機材と題材を揃えること。高画質なだけで良いなら、テレビなんぞ8Kで撮影した監視カメラの映像でも延々と流しておけば良い話になりますし。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。