ファーウェイLTE対応1万円台の8型タブレットなど

2017年8月27日

エキサイトモバイルのSIMが到着。

こちらは通話SIMでもMNP(番号移転)していない新規なので切り替えの必要は無く、スマホのAPN(キャリア設定)をvmobile.jpへ変更するのみで準備完了。iPhoneとWindowsスマホの2台で262gはやや重い。

日曜なので最近の気になったニュースなど。

数ヶ月ぶりにタブレット引っ張り出したらバッテリがヤバい:PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/51913967.html

Si01BB

これは怖い、タブレットのバッテリが堂々の妊娠発覚。

なぜ膨張したかはリチウムイオンであり、繰り返しの充放電や高温が続くと膨らんでしまう物。久々に引っ張り出したと書かれているので夏の高温下では厳しかったのでしょうな。

販売はコジマおよびビックカメラ、「インテル はいってる タブレット」で販売当時2万円くらいで出回っていたようで、インテル入っているけれどOSはAndroidという、やや珍しいかも知れない仕様。

7.9インチ1024x768ピクセル、Atom Z2580、メモリ2GB、ストレージ16GB。無線がBluetooth 3.0と802.11b/g/nなので今時では無い性能としてあきらめもつきそう。

過去出た中華タブレットの評判を見ていると、だいたい2万円以下の製品は評価が低めな物が多く、コスパは良いけれど何らかの不満があるというレビューが目につく。

本気で使うつもりならASUSなど多少でも有名なメーカーの製品、少しくらい値が高くとも評価の高いタブレットにするべきでしょうな。

ちなみに半年くらい前にイオシスにて1.3万円で出て衝動買いしたAQUOSタブレットは引き続き絶賛放置中。レビューすれば1記事行けると思うものの、どうレビューすれば良いのか悩んでおります。

 

約6万円でデュアルSIM対応のWindows 10 2in1 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1076361.html

C109S

ファーウェイまたはレノボか?と思いきや、スマホドック24。

新規後発メーカーなのだろうかと調べてみると、パソコン修理専門店なのにスマホドックらしい、町中で時々見かける修理屋ですな。なぜ新品のパソコンを販売するかは不明。

どこが作っているのか更に調べると、メーカーはTripodというブランドでC109Sを出しております。CPUはもちろんAtom、メモリ4GB、ストレージにeMMC64GB、なので補助的なモバイルとしてはそれなりに使い物になりそう。

よく判らない点はデュアルSIM仕様。

キャリアSIMカードとMVNO SIMカードを使い分け、どこでもインターネットを利用しつつ、月額費用を抑えられる

このような使い方をしたい人が居るのだろうか。

という私が所有しているWindowsスマホもデュアルSIM仕様で、一時期SIMカードを2枚挿していたものの、どちらかしか使わないので意味が無い事に気付いて1枚抜いた。

普段はMVNOで通信し、プランの容量まで達して低速化したならスマホから3大キャリアのSIMを抜いてこれに挿すとかなのだろうか。それなら2スロットでは無くともSIM交換するだけで良いと思う。

 

ファーウェイ、LTE対応で1万円台の8型タブレット - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1076567.html

MediaPad-T3

最近評判が良い気がするファーウェイ、の低価格タブレット。

特徴は税別約2万円な割にLTE通信に対応。しかし性能はお察し状態であり、OSとCPUは良いとしてもメモリ2GB、ストレージ16GB、解像度1280x800は今時どうなのか。

ところでファーウェイ、ノートPCなMateBookを10万円オーバーで出すという強気な設定でリリースしていたので、てっきり今後は高級高性能路線で行くのかと思いきや低価格。レノボの売り方に似ております。

ファーウェイはサムスンのような爆発仕様という話は聞かず、中国企業とはいえども低価格な中華タブとは一線を画すデザインや評価の高さ。中国版ASUS、但し低価格、もしくはレノボ亜種な印象。

私は一時期7型のGALAXY Tabを携帯端末とする暴挙に出た事があるので判る、7型350gは困るレベルに大きく重いので、マジでモバイルLTEしようと思っているなら同じサイズと重さの何かを2~3日携帯してみましょう。

個人的にはタブレットは室内で使う物、Wi-Fiで良いと実感。

 

あなたのスマホにもっとも負担を掛けているアプリは…… - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1708/22/news076.html

app-worst-rank

サムスンがワースト3独占は使わなければ良いとしても、Google先生凄まじいですな。10件中6つがGoogle、4つサムスンの2社のみな点もえげつない。

パソコンのメモリを食いまくるなら盛れば良いものの、スマホやタブレットは性能や容量は限られているのだから何とかする気無いのだろうか。Androidは低価格が特徴なのだからパフォーマンス低下は矛盾しておりましょう。

幸い私は6位のGooogle Maps以外は利用しておらず使用頻度が年に数回と低いので気にはならない。他のアプリを利用しているなら代替えサービスへ乗り換えるべきかも知れない。

もう一つのワースト10、「ユーザーが実行しておりパフォーマンスを最も低下させるアプリ上位10種類」もサムスンが3つ、Googleが2つ、そしてLINEが9位に入っております。

パフォーマンスといえばGIGAZINEが翻訳している記事、iPhoneでアプリを強制終了するのは無意味どころかバッテリ食うらしいのでやめましょう。私は気付いた時にiPod touchで終了しまくっていたけれどこの話見てやめた。

 

国内主要企業サイトの常時SSL対応は1割程度 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1077097.html

ssl

調査方法が凄い。

フォーチュン誌「Global 500」2016年版に掲載された企業および「日経225」に選定された企業を対象に、PCによる目視調査

SSLとは暗号化通信の事で、ブラウザのURL欄左に鍵マークが出たり、大企業ならばよりハイレベルかつ高額なSSLもあり組織名が表示される事もあるアレで、目印はhttpではなくhttpの後にsが付くので目視調査が可能。

海外ではSSL率高めなものの日本国内は昨年5月が1.3%、15ヶ月後の今年8月は10倍近くまで増えたとも言えるけれど12%とかなり低め。

併用はおそらく問い合わせ送信フォームなどのページのみとか、何か販売しているならそのコーナーはSSL対応しているなどと予想。

半分くらいの企業が未対応という事は当サイトと同じくhttpで終わるサイトばかりであり、Googleは本気で10月から警告を出すつもりなのだろうか。

当サイトは未対応予定なので、Chromeブラウザで表示するとサイト内検索やコメント入力欄にセキュアでは無いとか表示されるはず。セキュアである必要性が無いけれど表示されると思う。

それ以外にも私が今これを書いているブログ投稿用ページのあらゆる枠に警告が表示されそうで想像しただけでウザい。

もしSSL非対応が原因でこれ以上アクセス数落ちるようなら、一時的または恒久的にサイト内検索やコメント欄を閉じなければならないやも知れず、Googleのオレルール、いいかげんにしてほしい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>数ヶ月ぶりにタブレット引っ張り出したらバッテリがヤバい
デジカメのバッテリでよく見る光景。私が使用していたASUS製のタブレットも、机に置くと水平にならず端を押すとガタガタ動くほど変形しましたから、中を開ければバッテリが膨張していたはず。ちなみにコレは車のダッシュボードで365日中150日くらいは車のナビとして頑張っていた筐体ですから、使用期間2年ほどで上記の状態になるのは当然といえば当然。

ついでに言うと、その状態でも動作に支障は無かったほど頑丈。

>AQUOSタブレットは引き続き絶賛放置中
放置する場合、バッテリ残量が0%は推奨されないそうですね。

富士通 - バッテリーは劣化する!ムダな劣化を防ぐ4つのポイント(1/2)
https://azby.fmworld.net/usage/closeup/20141022/

>約6万円でデュアルSIM対応のWindows 10 2in1
これ画像だとキーボードが英語配列ですから、そのまま発売されるとすると注意ですね。

ちなみにPC Watchは「同社では2年間の通信プラン月パックとして~(略)~も用意する」と書いてありますが、販売ページには

※こちらの商品は「ハード+24ヶ月分通信料+初期手数料」一括払いのプランのみのご案内となります。

とありますから、支払額は最低でも月15GB契約の「137,400円(税別)」です。実際にスマホドックモバイルの販売ページから該当の「C109S」の注文をすると、まず「データSIMプラン」か「音声SIMプラン」かを選ぶ必要があります。単体購入はできません。SIM契約が必須。

スマホドックモバイル - Windows10 2in1 SIMフリータブレット C109S
http://www.sdmobile.jp/other_detail05.php

>タブレットは室内で使う物、Wi-Fiで良いと実感。
タブレットでネットに繋げたい場合、スマホを持っているならテザリングでしのげますから、現状はWi-Fi機でも問題ないですね。そろそろテザリング使用料が月額1,000円になりそうですから、その場合はMVNOで月額500円くらい支払った方がマシかもしれませんけれど。

>あなたのスマホにもっとも負担を掛けているアプリは
私の環境だと、タスクマネージャの使用メモリ容量には表示されないものの、Dropboxのアプリを使い始めてから、メモリの空き容量が200MBくらい減りました。以前はメモリ2GB中800~1,100MBくらい空いていたところ、Dropboxを入れてから600~900MBくらいに収まっています。酷い時は400MB台に。それでも動作に支障が出るくらいの枯渇はありませんから、問題ないですが。

>常時SSL対応
IT強国であるはずの韓国が0%なのも注目ですなw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。