Windows 10端末が2億台突破とMicrosoftが発表など

2016年1月10日

正月休み明けから約1週間。

昨年の今頃に自作PCを魔改造したのであれから1年。5インチベイを3つ潰して12cmファンを搭載しておりDVDドライブを取り払ったものの、光学ドライブ無しが全然不便では無い事を実感しております。

日曜なので最近の気になったニュースなど。

Internet Explorerサポートポリシー変更の重要なお知らせ - Microsoft
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/

iepolicy

要点を引用。

2016 年 1 月 12 日 (米国時間) を過ぎると、使用しているオペレーティング システムでサポートされる、最新バージョンの Internet Explorer だけが、技術サポートとセキュリティ アップデートを受けられることになります。

日本は14時間くらい早いので11日ならば実は明日。

簡単に言わなくとも読めば判る、各Windowsの最新IE以外、言い換えると少しでも古いバージョンのIEはサポートが終了するという意味。

これの何がマズいかは、マイクロソフトがもう知らないと宣言するわけで、それにより攻撃者が古いバージョンのIEへのイタズラが簡単になってしまう事。マイクロソフトは修正や対策をしてくれない。

ChromeやFirefoxは意図して設定を変えていなければ自動更新されて行くものの、IEの更新は半手動状態なので古いなら最新まで上げましょう。自分のPCは大丈夫でも、離れて住む親兄弟や親戚などへ確認してあげると親切。

さり気なくWindows 8(8.1にしていない初版)もOSそのもののサポートが同時に終わる為、Windowsストアで探し8.1へ上げましょう。そして8.1へ上げると、やらなくても良い10への更新がお待ちかねております。

 

Corsair、Cherry MXスイッチ採用ゲーミングキーボード - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151215_735344.html

STRAFE-RGB-MX

珍しい気がするコルセアのキーボード、しかもメカニカルキー採用。

更に珍しい点は、1680万色に発光可能という誰得な特徴の他、スイッチに茶軸と赤軸まではあるあるだとしても静音軸という聞いた事の無い物が登場。もしかして静音化リング付けただけとか、そういうオチ的な仕様なのだろうか。※リンクは当サイト内記事

USB2.0接続の割に全キー同時押しに対応、アンチゴースト(素早いほぼ同時押しでも順序を判定)などゲーミング仕様を網羅した感。

珍しく無い点は重量1.5kgと重い以外に価格で、茶と赤軸は税込にすると2.5万円、静音軸は2.6万円を多少オーバーする辺りがメカニカルらしさ。

それにしても高過ぎ笑えないと思えば、LED赤のみ、茶か青軸で良いなら税込2万円弱のSTRAFE MXも紹介されております。

ゲーミング仕様やLED要らないなら素直にFILCO製品をお勧めしたいけれど、1万円は超えるので万人向けでは無いでしょうな。赤軸にしても、おそらく静音でも普通のキーボードよりカタカタ音は大きいので御注意有れ。

 

スタバでMacは都内だけ?東京圏でシェア2位の売行き - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151217_735797.html

スタバでMacは東京だけ?

何と東京圏のみ他の地域よりAppleシェアが高いという驚きの結果。

ヒツジ先輩としては「本当かよ」と疑うが基本なので本文を読むと、調査した組織はBCN、という事はPOSレジのデータを見ていると予想。Apple公式の通販では無く、家電店の店頭での購入と思われるという意味。

グラフの色や場所が変わり分かり難いのでAppleのみ抜き出すと、

  • 東京・・・18.8%
  • 大阪・・・4.3%
  • 名古屋・・・4.6%
  • その他・・・5.4%

東京圏のドヤ率はその他の3.5倍、大阪圏の4.4倍もの数値を叩きだしております。やはりナウでハイカラなヤングは田舎者とは感覚が違うのでしょう。若者とは限らないけれど。

不思議な点は、なぜ名古屋は名古屋圏なのか。愛知県や愛知圏、東海地方、尾張周辺では駄目なのか。尾張は駄目だと思う。

東京圏以外の特徴を見ると、他の地域と比較し都心部ほどNECが弱く、名古屋は何故か東芝が少々強め、大阪は安さ重視なのかAcerとASUSの人気が高い御様子。

話をAppleへ戻すと、スタバは関係無いと思う。

単に東京圏は人口が多いので店頭へApple製品を置く余裕が有り、逆に田舎は店頭にAppleコーナーが無いとか、通販でも価格差が無いのでネットで買うのだろうと予想。Apple直営店舗の存在感も東京と他の地域では違うと思う。

ちなみに私は、店頭と価格が変わらない+運ぶ手間を嫌いMac miniは公式の通販で購入。iPod Touchも価格差無いけれど、店頭で買うとポイント付くかと期待したものの、Apple製品は対象外との事でガッカリした記憶がございます。

 

4インチの小さなiPhone 6cは2月発売予定 - Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinoharashuji/20160104-00053097/

iphone-6c

source:iPhone 6c 2016 – Mockups detail rumored 4-inch display | 9to5Mac

引き続きApple繋がりでiPhoneのニュース。パソコン関係無いけれど。

廉価版iPhone 5cの後継と思われる6cが2月に発売予定との噂。詳しく知らない人へ少ししか知らない私が簡単に説明すると、無印の5とか6sのようにSの付くやつが正統派向けの製品で、cシリーズは性能を落とし比較的安くし、カラーバリエーションが多いという違い。

本文より。

iPhoneは6からその液晶サイズを4インチから4.7インチに、Plusでは5.5インチまで拡大しました。

iPadもminiを出したり大きくしたり大変ですな。

大きさを変えて革新的とか言われても困るので、クックCEOは今の空気を早く何とかした方が良いと思う。Apple社的には現CEOをどうにかした方が良さそう。

 

Windows 10端末が2億台を突破とMicrosoftが発表 - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/05/news048.html

os-share-2015-12

source:NetMarketShare

大本営の御発表なので嘘かも知れない、何と10端末が2億台とか。

12月時点でのシェアが画像の通りで、この数値が正確とは限らないものの当てはめると、10が9.96%=2億台規模とするなら他のWindowsは7.72倍にあたる15億台くらいになる計算。

突破なので2億と何台かは不明なものの、ペースが遅く無いだろうか。

マイクロソフト(中略)によると、現在 Windows 10 で動いているデバイスは7500万台以上

source:Windows 10は192か国 7500万台に普及 (マイクロソフト) - Engadget

やはり7500万と何台かは不明だけれども、8月下旬の発表ならば1ヶ月足らずで7500万台へ到達したものの、それから4ヶ月経過で2億プラスαなら3倍くらいなので伸びていない印象。

ITmediaの本文でも書かれております。

これまで同社が発表したWindows 10稼働端末数は、リリース24時間後の1400万台、リリース4週間後の7500万台、2カ月後の1億1000万台。

そして5ヶ月後にようやく2億台突破?ならば右肩下がり。

Microsoftは、「Windows 10端末を2~3年以内に10億台にする」という目標を掲げている。

Windows内シェアで約66%、3台中2台のWindowsを10にしたいそうな。

同社によると、Windows 10の普及速度は、「Windows 7」よりおよそ140%、「Windows 8」よりおよそ400%速く、Windows史上最速という。

これで最速?※当サイト内の10シェアより(2015年12月時点)

発売後の期間で比較

10はアップグレード無料の割に有料のWindows 7と良い勝負。

注意すべきはここ。

10へのアップグレードプロセスを、2016年初頭から「推奨される更新プログラム」に“格上げ”すると予告した。これにより、Windows 10稼働端末はさらに増えそうだ。

どの程度の格上げなのか見ものですな。

嫌われているにも関わらず、しつこく言い寄りウザがられているキモい男のような印象。遂に原作レイプへと走ってしまうのだろうか。

10へアップグレード(なのか?)され、動かなくなったソフトウェアや周辺機器が出たならどうしてくれるのか。7や8.1へロールバックしても格上げされた推奨更新プログラムとして何度もしつこくWindowsアップデートが襲って来るのか。

7の延長サポート終了は4年後。その時になれば高い金を支払い10を購入して差し上げると思うので、強引に平和な環境を壊さないで欲しい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

なんと2億台は、
なお、Windows 10はこれまでのWindowsとは異なり、PCとタブレットだけでなく、Xbox One、Windows Phone、IoT(モノのインターネット)にもインストールされる。2億台という数字は、これらの非PC端末も含む。
とのことなので、比較が難しいですね


>>2016年初頭から「推奨される更新プログラム」に“格上げ”すると予告した。

昨日10マシンのテスト機一台を7に戻しましたw
10に変えてもう3ヶ月以上経ってますが、リカバリ用HDD(と呼べるのかどうかわからないけれど、10にアップグレードした直後に作成したHDDクローン)に付け替えて、すぐに7へのロールバックをしたら、アップグレードから3ヶ月以上経ってたけれど、復元できてラッキーでした。

推奨アップデートでうっかりアップグレードしないようにしないと。

>Internet Explorerサポートポリシー変更
ここ半年くらいはIEを使っていなかったため、バージョンがいくつか忘れていました。Windows10でも最新バージョンは11ですね。

>静音軸という聞いた事の無い物が登場
アルプス軸には消音軸と呼ばれるキー軸がありますけれど、その類ですかね。消音白軸とか消音クリーム軸とか有りますけれど、今回のCorsair製品が何を採用しているのかは分からず。基本的にはキースイッチの中にゴムが入っていて、メカニカル特有のカチカチする音を低減しています。

さらさら:FILCO_FKB-107Jのキー軸交換
http://mitateda.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

>スタバでMacは都内だけ?東京圏でシェア2位の売行き
東京なら「Macオンリーのインターネットカフェ」を開いても、ある程度は需要がありそうですね。誰かやって欲しい。

>4インチの小さなiPhone 6c
4.5インチを超えると邪魔だと思う私には朗報。SIMフリーモデルが3万円以下で中古市場に流れて来るなら、格安SIMで運用したいと思えるスペック。

マイナビニュース:半数以上の人が新型iPhoneにiPhone 6以下のサイズを期待 - マイナビニュース調査
http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/05/iphone_size/

>10へアップグレード(なのか?)され、動かなくなった
個人的に問題なのは「動かない」より「動いているけれど部分的に機能が無効になっていた」ですね。一見すると問題なく動いているように見えて、実は以前と結果が異なっていた事に時間が経ってから気付くケース。

Excelの関数なんぞは増える事はあっても減る事は稀ですから、よほど特異な関数でも使っていない限り、バージョンを上げた事による計算結果の間違いを検証する必要はありませんが、特にフリーソフトだと完動しているのか検証が面倒。

>単に東京圏は人口が多いので店頭へApple製品を置く余裕が有り、逆に田舎は店頭にAppleコーナーが無いとか、通販でも価格差が無いのでネットで買うのだろうと予想。Apple直営店舗の存在感も東京と他の地域では違うと思う。
・・・いや、単にお金に余裕がある人がApple製品を買うのだと思う。名古屋圏は意外と豊か。大阪圏のApple率の低さに驚いている。

>4インチの小さなiPhone 6cは2月発売予定
・・・最近のiPhoneのサイズが大きくなったのは老眼が増えたからかと勝手に推測。一方、古くからのiPhoneユーザーの中には「何で大きくしたんだ!ゴルァ」という人が居たのでしょう。それにしても液晶ガラスが割れて困っている人多数。

>IEの更新は半手動状態なので古いなら最新まで上げましょう
先日私はIE10から11に上げましたw

>1680万色に発光可能という誰得な特徴
もちろん水色にも発光できますよねw

>茶と赤軸は税込にすると2.5万円、静音軸は2.6万円を多少オーバー
水色のみ発光でもう少し安いのが無いかなぁw

>話をAppleへ戻すと、スタバは関係無いと思う。
記事でもスタバは触れられていませんでしたw

>Apple直営店舗の存在感も東京と他の地域では違うと思う。
都内ではApple Storeが3店舗(伊勢丹新宿のWatchのみも含めれば4店舗)もありますもんねw

>店頭で買うとポイント付くかと期待したものの、Apple製品は対象外
Appleは小売店に安売りとかポイントとか許可していないのかなw

>cシリーズは性能を落とし比較的安くし、カラーバリエーションが多い
水色がない時点で無いわーw

>嫌われているにも関わらず、しつこく言い寄りウザがられているキモい男のような印象。遂に原作レイプへと走ってしまうのだろうか。
ユーザーの環境をレイプするのかな?w

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。