Windows 8.1プレビュー版が無料ダウンロード開始など5つ

2013年6月30日

本日で2013年が半分終了。

最近は歳をとったせいか気が付けば金曜になっており、いつの間にか日曜、そして明日は7月という早さ。脳内でオーバークロックが起こっているのかと思ったけれど、性能が落ちて処理に埋もれているのかも知れない。

日曜なので最近の気になったニュース5つくらい。

 

Windows 8.1プレビュー版が無料ダウンロード開始

6月27日、Windows 8.1の無料お試し版が公開。

Windows 8.1プレビュー版がリリースされたのでインストール-GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130627-windows-8-1-preview/

windows-81-start-gigazine-2013-06.jpg

偉大なるマイクロソフト様から慈悲深い御メールを頂戴し、早速馳せ参じるもISOファイルのダウンロード配給は待てとの事でタブを閉じたけれど、現在はISOもダウンロード可能となっております。

Windows 8.1 Preview のダウンロード - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/preview-download

Preview版はテスト用。これが何かはEngadgetが分り易い2行で表現。

クリーンインストールと聞いて世界の終わりのような顔をするかた、ひとつしかないWindowsマシンでクリティカルな仕事をしている人は導入してはいけません。

source:Windows 8.1プレビューは本日リリース、FAQ公開 - Engadget

一行にすると、主に開発者向けの評価版なので、PC初心者はお帰り下さい版とも言える、ノンサポートかつ不具合が出ても知りませんバージョン。

Windows 8へ上書きインストールすると元には戻せず、今年の秋頃に出ると噂の正式版8.1アップデートを待つ事になるので、その点もご注意有れ。

インストール方法はGIGAZINEを参照。インストールした後の情報はEngadgetをご参照有れ、と言いたいけれど引かせてもらうと、こういう人用。

  • 最新のソフトウェアを使って新機能を試してみたい。
  • PC のバックアップ、ハード ドライブのフォーマット、オペレーティング システムのクリーン インストールが苦にならない。
  • PC で問題が起きた場合に自分で解決できる。
  • ソフトウェアを頻繁に更新することが苦にならない。
  • Windows 8.1 Preview のテストが完了した後に以前のオペレーティング システムに戻すためのインストール メディアやリカバリ メディアを持っているか作成でき、その知識がある。

個人的には試してみたくは無いし、面倒で何かと苦になるのでやりたく無いけれど、ヒツジ先輩が釣られないわけには行かないでしょうな。

現在、私が所有している実験用ノートには、プレインストールのWindows 7とアップグレード用の8が同居しておりデュアルブート状態。要するに8のアップグレード版をクリーンインストール出来ております。

ライセンス違反と思われ、7が潰されるだろうと心待ちにしているけれど一向に音沙汰無し。今度は8.1のクリーンインストールを試みトリプルブート出来るかやってみましょうか。

誰得感が半端無いけれど、開発者では無いもののWindowsを評価する人間の1人として。フィードバックとか面倒な事はもちろんしない為、マイクロソフト様は私のPCを勝手に監視したり情報を盗んで欲しい。

話を8.1に戻すと、待望のスタートボタンは付いたものの中に「すべてのプログラム」は入っておらず、どうしてもスタート画面を使わせストアで金を落とさせたいのでしょう。

win8-ins-18_m.png

「プログラムと機能」をクリックするとスタート画面へ飛ぶなら笑う。または、この表示は右クリックと説明が有った為、スタートボタン左クリックでスタート画面へ飛ぶなら失笑。

デスクトップ画面を職場の有るビルとするなら、スタート画面は遊園地。

私の場合はWindowsにテーマパークを求めておらず、仕事や作業をするもの。その遊園地もアトラクションやグッズ販売の品質がしょぼく、舗装もされていないので歩きにくく、何かとうるさい。評判が悪く金を払う人が少ないのは当然。

次でネタにするけれど、本物の(7までのような)スタートボタンを付けると、スタート画面はWindows XPのMedia Center Editionレベルのおまけになると思う為、マイクロソフトは本物スタートボタンを付けられないと推測。

 

Windows 8にスタートボタンを付ける有料ソフト

どこかのソフ屋に出して欲しいと思っていたけれど、何とソフマップが自社(?)制作し販売開始。但し、現在は発売延期。

Windows 8の「スタートボタン復活ソフト」がソフマップブランドで登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20130623_604853.html

windows-8-start-menu-software.jpg

価格は何と1,480円、PC同時購入なら980円。

これが安いと感じるか、笑ってしまうかはパソコンの知識や情報量により違いましょう。リンク先の本文内でも紹介されているけれど、同じ機能か、もしかするとこれより高機能なフリーソフトが既に出ており、他にもフリーソフトは多種有り。

しかし、あのダメさ加減を知らずにWindows 8パソコンを購入したPC初心者には親切と感じており、約1500円出せばスタートボタンが付くのかと知る人も増えるでしょう。

要するに「デスクトップ画面へ直行しスタートボタンを付けるフリーソフトを探す」という発想さえ無い、初心者または普通のPCユーザには有料でも存在を知るだけでも良いと考えております。

スタートボタンを押した表示は7に酷似。

windows-8-start-menu-software-install.jpg

右下に小さく「スタート画面」のリンク有り。おそらくこれをインストールすると、Windowsキーの動作が「スタートボタンを開く」になると思われ、脱北に成功したような感覚になるでしょう。いや、知らないけれど。

というわけで、フリーソフトで出来ると知っているなら買う必要は無し。

私は意地でスタートボタンを付けず8を使っていたけれど、せっかくなのでAKIBA PC Hotlineで紹介されている、Start Menu 8をインストール。

チェック

start-menu-8-setup.jpg

セット

start-menu-8-select.jpg

オープン。

start-menu-8-start.jpg

再起動するとデスクトップ画面が開き、ログオフして再度ログインしてもスタート画面には行かずデスクトップ画面が表示。

画像のようにWindows 7と同じ+αのレイアウトになっており、少し使ってみたけれどこれなら8でも実用可能。稀にアプリが使いたくなっても上のような親切設計。

なぜこれが無料なのかは、同社が販売しているスパイウェアを検出しまくり脅して有料版を買わせる良くある商売への誘導。

HDDを修復とかわけのわからない項目も見えた為、このフリーソフトだけ使わせてもらいましょう。または他のフリーソフトでも良いと思う。

話を戻すと、1480円とか980円はソフマップの手間賃とかサポートに期待するとか、パッケージ代と割り切り、初心者向けと思えばよろしいかと。

しかしソフマップでの発売延期が気になりますな。フリーソフトが有ると気付き延期したとは思えず、8.1のプレビュー版を待ちスタートボタンの様子見をしたのか。

 

2013年夏のボーナスで購入する物はPCが1位?

MM総研が20歳以上の就業者1,092人に聞いた調査結果。

ITデジタル家電購入意向調査(2013年夏ボーナス商戦編) - 株式会社 MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120130612500

mm-2013-summer-bonus.jpg

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

全体的にボーナスが上がった率は1割前後で推移しており、今年の変わらない率は7割くらい。

目立つ所は2010年に下がった率が減っております。2009年9月から民主党政権に変わったけれど関係が有るわけが無いと思われ、別の要因が有るに違いないと妄想。公務員のボーナスが下がりにくくなったとかでしょう。知らないけれど。

2013年の下がった率が過去5年半で最低となっており、企業側も今回は様子見という所なのでしょう。上がった率が過去と比較し3位も中々良さそうな割合。

しかしこの率は前回同時期のボーナスとの比較なので、最新から2つ左の12年夏がその対象。一概に上がった率や下がった率はどうとは言えませんな。

今夏のボーナスでの使い途を尋ねたところ、「商品・サービスを購入する」との回答は全体の30.2%で昨夏の38.0%、昨冬の36.9%から大きく減少

強引にPC関連へ当てはめると、昨夏はまだWindows 7でパソコンを売っており、冬は8発売直後、またはiPad mini、9月頃はNexus7と新製品祭り。

変わって今回の夏は話題の新製品は特に無く、Windows 8パソコンでタッチパネル搭載が多くなれど、興味を持つ人は一部のマニアや富士通信者などでしょう。

なぜパソコンなどへ強引に当てはめたかは、ITデジタル家電は何を買いますかの上位5件のグラフでPCが1位、次いでタブレットが来ており、スマホも入っている為。

mm-2013-summer-bonus-pc.jpg

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

パソコンは相変わらず求められていると見えるけれど、この数値は物を買う予定の約3割、更にIT~家電の中だけの話で、1位のパソコン(13.9%)でさえ回答件数は32という少なさ。

また、タブレットは7.8%、スマートフォン6.1%になっているけれど、6位の携帯型音楽プレイヤーがiPod Touchの事なら、あれはもはや音楽プレイヤーとは言えず小型タブレットでしょう。

全部がiPod Touchとは言わないけれど、タブレット端末と音楽プレイヤーを合計すると10.4%くらいなので結構多いと思える数値。

今夏のボーナス商戦ではマイクロソフトからWindows8を搭載したタブレット「Surface Pro」も新たに登場し、競争はさらに激化するとみられる。

Surfaceシリーズは7月14日まで全機種1万円値引き中。

いくらMSオフィス入りでもあれが10万円から9万円になれど競争激化とは全然思えず、むしろ割合で言えば5万が4万円になっているRTの方が買得。但し用途不明。

3万少々出せばiPad miniの16GB版が購入出来、AndroidならNexus7が2万弱。4~6万出せばタッチ対応のWindows 8ノートやタブレットがASUSやAcerで購入出来るのだから、Surfaceは競争に参加さえ出来ていない印象。

良い言い方をして、Surfaceの価値が分かる人にしか選ばれない端末とするなら、デザインや質感を求めるなら有りでしょうな。個人的には無い。

 

スマホがドアホンに対応したり玄関の鍵を開閉

Squareリーダー(レジ)に続きPC無関係、携帯端末の用途として頭良い使い方を紹介。

スマホで玄関先に誰が来たかを映像・写真で出先から確認できる「DoorBot」 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130624-doorbot/

doorbot.jpg

ドアホンのモニタがスマホやタブレットPCという、実に用途として正しいと思う発想。25万ドル(約2500万円)の出資は余裕で到達し、めでたく製品化されております。

私の家にもドアホンは付いているけれど、不便な所はモニタが壁に固定されており動かせない。

スマホのような携帯端末でモニタ可能なら、庭の射撃場や屋上のプールに居ても問題無し。そんな物は無いけれど。

リンク先の記事を全部読まない人用に特徴を書き出すと、

  • カメラはWiFi接続、モニタは専用アプリで動画確認可
  • 単三電池なので工事が簡単、約1年は長持ち(と思う)

日本で似た物が出ていないか調べたけれど、約1万円の物は評判が悪く(価格コムAmazon)、本格的に工事する物は集合住宅用なのでおそらく数百万レベル。

WiFiなのだからパソコンでモニタという考え方も有りとは思うけれど、常時PCの前に居るとは限らず、寝ている間はシャットダウンしているなら使えない。スマホやタブレット端末の方がパソコンより適しておりましょう。

関連リンクのこれも凄い。

鍵の開閉が携帯電話・スマホから可能な「Lockitron」 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130619-lockitron/

Lockitron.jpg

WiFiのドアホンと併用すると鍵の解錠まで可能。

携帯電話から、とも書かれている為、3G回線などを利用し外出先からスマホで鍵を締め忘れていないか確認も出来るのでしょう。

開閉の条件も私如きでは想像さえしない素晴らしい発想。

  • スマホなどで開閉を確認し、スワイプで解施錠が可能
  • ドアへのノックに反応し、スマホのアプリで来客を通知
  • 利用者がドアに近付くと解錠、遠ざかると施錠も出来る

その他、わけのわからないレベルにも達しております。

カスタマイズも簡単にでき、特定の行動をとると鍵が開く、などのようにLockitronをカスタマイズすることもできるようです。

スマホやタブレットを無理やりパソコンの代用にしてドヤ顔する大手メディア、強引にPC禁止日をやらかして従業員に迷惑を掛けるYahoo、果てはPCを無くし全部iPadに置き換え結局共有PCを後で追加するという間抜けなノバルティスファーマなどとは違う頭の良い使い方。

タブレット祭りやスマホ騒ぎで浮かれている阿呆が多いけれど、無理やりパソコンでやる事をスマホでやる必要は無く、逆もまた然り。

物も人と同じく適材適所、得手不得手が有るのだから、このようにPCでは無くスマホの方が明らかに便利という用途が増えて欲しい。

今まで無かった高機能な小型端末。パソコンには出来なかった、またはやり難かった新たな用途はもっと有るでしょう。

私なら冷蔵庫内に設置された広角レンズ付カメラを3G対応させ、スーパーでカメラを呼び出すと冷蔵庫内全体の写真が送られて来るとか。

いや、出掛ける前に写真を撮れば良いのか<このレベル

 

イー・モバイルが3Gの最大速度を半減など3つ

ラストは小ネタを少々。

イー・モバイル、3G速度最大21Mbpsに半減、LTE高速化のため-@nifty
http://bizmash.jp/articles/46735.html

問答無用の低速化で42Mbpsが21Mbpsへ半減。とは言え、下り最大速度の話で実測で21Mbps超えていないなら大した影響は無いと思うけれど、2年縛りユーザの違約金も半減するべきだと思う。

覗かれたプライベート情報フェイスブック離婚に至る場合も–ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/368437

Facebookで不倫相手と遊んでしていたり、ツイッターに赤裸々つぶやきを垂れ流しているならご注意有れ。mixi含めこれら3種類のSNSならExif情報は削除されるらしいけれど、ブログは別なので要注意。

SamsungがデスクトップPCビジネスからの撤退を決定 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130625-samsung-shutdown-desktop-pc-business/

いつどこでデスクトップを作り売っていたか知らないけれど、本場韓国ではやっていたのでしょう。一体型のボードPCもデスクトップPCと称される為、そちらの話かも知れませんな。日本は関係無いと思う。  


先日、ガラケーからスマホへ乗り換えた友人から「いつ乗り換えるか?」と聞かれた為、「今では無く、ドコモがガラケー(FOMA)をやめた時」と答えると、これで1記事行けるのでは?と思えるほどスマホの良さを延々と 語られた次第。やらないけれど。

ちなみに、この人は私がiPod Touch(第5世代)やタブレットPC(7型GALAXY Tab)を持っていると知っております。

なぜ乗り換えないかは

  1. 今、スマホが必要と思っていない
  2. 月額が高過ぎるので値下がり待ち
  3. 後で入手した方が高機能で安い(はず)
  4. ドコモからiPhoneが出る事に期待 ※夢ともいう
  5. iPod Touch(5th)がiPhone5と同じ ※但し3Gと電話は無し

パソコンに置き換え私と逆にしてみると、こういう人も居られましょう。

  1. もうパソコンが必要と思っていない
  2. 光回線やWiFiを使わないので無駄
  3. 後で入手した方が高機能で安い(はず)
  4. Windows 8がダメ過ぎて話にならない
  5. 新Mac Proがゴミ箱

後半が強引過ぎるけれど、それが不要な人へいくら良さを伝えても時間の無駄。そして待てば待つほど高性能(高機能)で割安になる辺りはパソコンもスマホも同じ。

固定回線に限らずスマホも同様に回線屋は2年縛りが有る為、導入は遅いほど得。しかし、必要な割にいつまでも見送っていると、その間の時間(寿命)が無駄なので、要るならとっとと買いましょう。


私信1:バックアップ用フリーソフト「ばっくんちょ」の記事へ、Windows 7の場合のユーザデータフォルダの場所を追記。

私信2:SSD選びについてメールにてお便りの件。某SSD変態の人が調べまとめてくれる予定なのでTakaQさんからの報告待ち。これで1記事やる予定。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。