Windows8が発売一ヶ月でシェア3倍へ伸びるなど5つ

2012年12月 9日

今年も残り約3週間。

連想で年末>掃除>エアダスター在庫切れを思い出し、ふらりとヤマダ電機へ。PCコーナーを通ると当然ながら展示PCにはWindows8が映っており、店員の話を聞く購入見込客。8発売というより襲来や侵食と感じた夕暮れ。

日曜なので最近の気になったニュースなど5つくらい。

 

Windows8が発売一ヶ月でシェア3倍へ伸びる

はいはいとか、見出しの後に「(笑)」とか付けたくなる表現。

Windows 8が発売1ヶ月で市場シェアを3倍に伸ばす - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20121204-windows-8-share/

cap0004.png

上のグラフのy軸は%などでは無く、2012年11月のWindows8を1としたような良く解らない数値なのでスルーすると、OS全体のシェアで見るとWindows8が11月に急激に伸びているそうな。

良く有る売り文句で、売上12倍のような、元の数値が低いほど倍率アップし易い、くだらない煽り方。

リンク先のNet Matket Shareでは割合が出るので引かせて貰うと1.21%。

os-share-2012-11-netmarketshare-com.gif

source:NetMarketShare

Windows8の11月分占有率は、当ブログ内かつWindows内なら約2.66%以下。

windows7-vista-xp-ga-2012-11.jpg

source:Windows8普及率は発売後1ヶ月間で約2.7%(2012年11月) - BTOパソコン.jp

以下とはNTの中でおおよそ10未満がWindows8以外の為。

7の時は11月の段階で8%くらい行っていたけれど、8はアップグレード版を叩き売ってもこの程度なのでしょう。OS全体で今見て来ると、11月のWindows全部は78.34%なので8はOS全体の2.08%くらい。

叩き売り効果によるアップグレードを一時的に試しただけというユーザが7へのアップグレードより多いとするなら、伸びは7より遅くなるでしょうな。

所有しているWindowsのバージョンは何ですか?と聞いた場合、7は2人中1人以上、XPは3人に1人くらい、8は現状38人中1人程度。

まだ出て2ヶ月弱なので8叩きも程々にしたいけれど、XPユーザが仮に7と8へ各半数移行したとしても、8は7を抜けず次期Windowsが出るでしょう。

 

初めてのPCはタッチ対応Win8ノートが良い?

初めてのPCならWindows8以外が良いと思うけれど、ITmediaが日本HPのノートで提灯記事を書いているので紹介。

初めてのPCは何がいい? と聞かれたら:タッチ対応で、Windows 8時代のスタンダードマシンに進化――「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」を試す (1/3) - ITmedia PC USER
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1212/06/news022.html

hp-envy-touchsmart-ub4.jpg

価格は約10万円。ITmediaの記事では仕様が分かりづらいので、日本HPの直販へアクセスするも該当の機種が見当たらず。

型番で行くとこれだと思うけれど、やたら価格が安くタッチパネルが有るとも書かれておらず、違うのでしょう。

hp-ultrabook-4-1100.jpg

日本HPのノート全部。2012年12月上旬現在。

hp-note-pc-2012-12.jpg

14インチは2つ上の画像で挙げた69,930円の物と、約3万円のノートのみ。発売前に宣伝記事を公開したという事でしょうな。

というわけで、ITmediaが借りているノートは約7万円のウルトラブック(4-100)とほぼ同じ。メモリが8GBでは無く4GBなものの、4GBメモリは2千円くらい。

という事は、タッチパネル代が約3万円も盛られており、そこまでして初めてのパソコンでWindows8を使わせたいのか疑問。

そしてHPのノートに限らないけれど、Windows8=タッチ操作で勘違いしているのか、間抜けな仕様が多い。

タッチパッドのセンサー面は、110(横)×70(縦)ミリと幅広く

これが利点とは到底思えない。

l_ki_envy05.jpg

キーボードを打てば分かるけれど、手がタッチパッドに当たり易く誤操作の原因。マウス外付前提ならタッチパッドの意味無し。

左上をダブルタップすると、タッチパッドの有効/無効を切り替えられるのは、HPのノートPCではおなじみの一工夫だ。

仕組みとしては上手いけれど、切り替える状況が思い浮かばず。ユーザがパソコンを操作している状況を考えて設計しているのかこれまた疑問。

どうしても今、Windows8でタッチ操作のノートが必要なら、ASUSのVivobookというノートが11.6型で46千円くらいなので、小さく性能がやや低めでも良いなら試すには手頃かも知れない。

Windows7ノートは型落ちだから安い、8ノートは出たばかりで高いと言われているけれど、タッチ操作が原因で元から3万円くらい8仕様の方が高額なので、それでも8が良いと思うなら有りかと。

タッチ操作無しのPCなら7の方が使い勝手は遥かに良いと思う。というか、マウス操作で8は無理が有り過ぎる。

 

mSATA SSDを2.5インチへ変換するアダプタ

マニアック過ぎる変換が上海問屋より新発売。

デスクトップPCにmSATA増設「mSATA~SATA変換アダプタ」-ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1212/05/news143.html

msata-sata-cnv.jpg

基板に載っている、無線LANカードのような物がmSATAのSSDで、基板の大きさが2.5インチストレージ(HDDやSSD)くらいでしょうか。

デスクトップPC用と書かれている通り、PCIスロットへ固定しSATAや電源コネクタを接続して使用する物。

注目は価格の安さで999円との事。しかしmSATA自体が2.5インチSSDより高額なので単品で購入する意味は薄く、ウルトラブックなどノートに搭載のmSATAを外して流用する程度でしょう。

SSD全体やmSATA SSDが更に大容量かつ低価格になり、ウルトラブックなどのmSATAを換装して、という流れになると予想。

まだ早過ぎる製品なので今すぐ必要な人が居ると思えないけれど、この手の需要がほぼ無い上海問屋の安物は完売すると手に入らなくなる可能性が有る為、数年後に必要と思うなら購入し寝かせておいても良いかも知れない。

ちなみにmSATA SSD単品を価格コムより。

msata-kakaku-2012-12.jpg

source:価格.com - SSD スペック検索

容量少なめ、2.5インチより割高で数値上での転送速度は半分くらい。

 

タブレットPCの国内出荷は約6割がアップル?

MM総研より、タブレットPC出荷概要が公開。

2012年度上期国内タブレット端末出荷概況 - 株式会社 MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121205500

mm-2012-h1-tablet-pc-share.jpg

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

グラフで見るとApple(iPad)の勢力が良く判りますな。これは端末のメーカー毎なので分かれているけれど、Apple以外はほぼAndroid。

日本では、2012年上半期に6割の人がiPadを購入したのかと思ったならお待ち有れ。何故かサムスンがございません。

となると、この分析も曖昧。

回線モデル:Wi-Fiモデル比率は47.2%:52.8%でWi-Fiが若干多い

私の勘では回線モデルの方が多いと思っていたけれど、サムスン(ドコモ)分が漏れている可能性がございましょう。

そしてこの文章に違和感。

回線モデルはソフトバンクのiPadシリーズに加えて、NTTドコモの富士通「ARROWS Tab(F-10D)」やNOTTV(ノッティーヴィー)に対応したNEC製「MEDIAS TAB N-06D」が好調だった。

私は7型タブレットPC、GALAXY Tab(SC-02D)を2012年2月頃にドコモの店頭で契約に行っておりますが、下見は2011年11月頃から。当時展示されていたタブレットPCは、サムスンとソニーのみ。4月以降からラインナップが変わったのか。

iPadかGALAXY Tabかで迷っていた為、私の記憶にサムスン製品が強く残っているのかも知れないけれど、ASUSのWiFiモデルは高額、Nexus7は最近出たのでASUSより下(その他に入っている)というのはおかしい。

というわけで、まじめに突っ込む気が失せたのでここまで。

 

アップルが一部機種の製造を米国へなど3つ

ラストはややマニアックなニュースを3つ。

アップル、Macの一部機種を米国で生産へ - Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/12/06/mac-ceo/

AppleはDELLなども利用しているFOXCONNでハードウェアを製造しておりましたが、暴動や自殺が相次ぎ呆れたのか、一部機種となっておりますが米国生産へ。試験的にやっており、全部移す気かも知れませんな。

シャープ、クアルコムとの資本提携を正式発表 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/12/04/mems/

クアルコムは携帯電話などのチップを製造しているメーカー。シャープはクアトロン(黄色は無駄)とかプラズマクラスター(効果不明)とかしゃべる掃除機(意味不明)とか遊びまくりの代償。首の皮一枚で~、とはこの事か。

光学ディスクがついに容量1TB、2015年には実現可能?:ギズモード
http://www.gizmodo.jp/2012/11/1tb2015.html

容量のみならHDDが既に4TB、もうすぐ5TBなので驚けず、光学メディアは読み書きが遅いので何の意味が有るのかと思ったけれど、 価格がブルーレイディスクより安くなるとの事。1TBも必要になる用途は不明。 


年末、年始と来ればカレンダーが無い事に気付き、以前GIGAZINEで紹介されていたサイトへ行くとマニアックな物がございました。

calme-ww-calender.jpg

source:Calme - Calendars made easy

左端のW14などはWork weekの略で、直訳すると週労働日数。W14は1年の始まりから数えて14週目という意味。

製造業やPCメーカーなどではこの数値で期限や予定などを表される事が有り、この手の市販品を見掛けない為、そういう業界の人は印刷して使うとかいかがでしょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。