高価過ぎて普及しないThunderbolt対応機器など5つ

2012年11月18日

PC遠隔操作いたずらの自白強要事件で新たな展開。

一応これもパソコン関連のニュースなのでネタにし続けておりますが、私は漫画が好きな上、警察側が踊らされている大捜査線ネタにしか見えず大好物な釣り報道。先週でやめると言っておりましたがもう1週。続きは後記にて。

日曜なので最近の気になったニュース5つくらい。

 

高価過ぎて普及しないThunderbolt対応機器

インテル純正の超小型PCが発売予定、但し海外の話。

インテルの手のひらミニPC「NUC」は12月発売 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/11/12/pc-nuc-12-thunderbolt/

inte-nuc-engadget.jpg

大きさは10x10cm、厚みは書かれていないので知らないけれど、見た目から判断すると2~3cmくらいと推測。

何故パソコンを小さくしたいのか私には理解出来ないけれど、小型好きマニアが私の周囲に1人居られるので少しは需要が有るのでしょうな。

予定価格は300~320ドルくらいらしく、CPUはモバイル用省電力版Core i3が載っており、ストレージはSSDでメモリは何GBかと思いきや別売り。ベアボーンというやつですな。

また、小型過ぎる為かストレージはmSATAなので、よりマニアックな仕様。私が気になった仕様はそれらでは無くThunderbolt(理論値最大10Gbps、USB3.0の2倍の速度)の有無。

  • DC3217IYE・・ギガビットイーサネットあり、HDMI出力 x2
  • DC3217BY ・・Thunderbolt あり、HDMI出力 x1

最大1Gbps対応の有線LANを取るか、Thunderboltにするか。

インテルはThunderboltモデルのみとして普及させたいのかと思ったけれど、そうでも無いような選択肢。

価格はThunderbolt版の方が高いとすると、ギガLAN搭載PCとの差額は20ドルくらいなので大差無いと言えましょう。

本体そのものが高いので、Thunderboltの高額さを隠す為に非対応の方を高めに設定しているのかも知れないけれど。

しかし、CPU(Core i3-3217U)の大人買い、インテル出荷参考価格が225ドルになっているので、300~320ドルは良心的。

Thunderboltが何故普及しないかは、接続する機器の方に問題が有りそう。

Thunderbolt接続SSDがWindowsパソコンに対応 | プレスリリース
http://buffalo.jp/product/news/2012/11/14_01/

機種と価格を引かせて貰います。

  • HD-PA128TU3S(128GB SSD)・・38,850円
  • HD-PA256TU3S(256GB SSD)・・62,370円

容量差による差額が2.3万円くらいなので昔のSSD価格でやっているのかも知れないけれど、それにしても元から高額過ぎでしょう。

現在、128GBクラスのSSDは7千円くらい、256GBクラスは14千円くらいなので、Thunderbolt(とUSB3.0)対応の接続用ケースが3~5万円弱の計算に。

仕様が決まり1年半以上が経過。今年の夏頃からThunderbolt対応マザーボードをGIGABYTEなどが出しておりますが、普及しない原因は周辺機器の価格でしょうな。

 

レノボの500台限定販売ThinkPadは純国産?

妙なタイトルの記事が公開。

NEWSポストセブン|青黒檀の箸も付属! 500台限定“純国産パソコン”の衝撃
http://www.news-postseven.com/archives/20121114_154574.html

純国産パソコンとは本当に衝撃的。そんな物が製造出来るのかと思いきや、伝言ゲームのように、またはNEWポストセブンがパソコンの事を良く知らず勝手に置き換えてしまったのか、元の記事はこちら。

日本限定500台。Made in JapanにこだわったThinkPad20周年モデル : ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2012/11/500made_in_japanthinkpad20.html

こちらは純国産とは書かれておらずメイド・イン・ジャパン。該当機種の写真も有るので間違いございませんな。

thinkpad-made-in-japan.jpg

純国産という言い方はPC本体全てが日本で生産されていると解釈されると思われる、週刊誌のような独特の煽り。

Made in Japanは規定を満たしているならそう書いて良いと推測。推測では根拠が無いので調べるも、規定らしき詳細が見当たらず。

Wikipediaを参考にすると

パソコンをはじめとする製品群には、主要な構成部品を海外で製造し、筐体への組立てや製品検査のみを日本で行う事例がある。

この場合、「Made in Japan」と表記することはできず、代わりに「Manufactured in Thailand, Assembled in Japan」(タイで製造、日本で組立ての場合)のように表記するか、主要構成部品の製造国のみを記す

source:Made in Japan - Wikipedia

どこまでを主要構成部品と言うかは知らないけれど、NECの米沢工場で生産するらしいので、とりあえずマザーボードはNECが製造出来るとして、他はどうするのか。

そのような事を考える間も無く完売しておりました。

thinkpad-20th-anv.jpg

source:http://www.lenovo.com/jp/thinkpad20/x1carbon_anniversary.html

検索していると、組立さえ国内でやれば国産と表記出来るという意見も有ったけれど、そうなるとほぼ全て海外パーツのパソコンでもMade in Japanになってしまう。

レノボがどこまで国産にこだわっているのか、このThinkpadを購入したなら分解してみましょうとは言わないけれど、して欲しい。

 

ASUSのWindows8タブレットPCはダブル液晶

ASUSの実験やネタに見えてしまう、両面液晶ノート板PC。

「TAICHI」の日本発売が決定、実機を触ってきた - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20121114-asus-taichi/

taichi-2lcd-slate-laptop-gigizine.jpg

左は正面、右は背面から見た画像。

ノートPCのモニタ裏に液晶パネルが搭載されており、ノートPCを閉じるとタブレットPCになるという物。

多くのメーカーがマイクロソフトの難題に液晶パネル1枚で試行錯誤している所、ASUSは液晶パネルも自社製造だからこそ出来たのでしょう。

GIGAZINEのレポートを読むと、ASUSはネタでは無く本気でこれを売るつもり。CPUが高性能、SSDは256GBと大きめ、しかし約14万円は厳しい。

更に厳しい問題は、11.6型と小型な割に解像度がフルHD(1920x1080)とデカ過ぎ。ノート側からは見づらく、タブレットPC側からは操作もしづらいはず。

そして設計の段階で気付かなかったのか。

ディスプレイは両面とも11.6インチのフルHD(1920×1080)で、タブレット側(天板表)は10点のマルチタッチに対応。

タブレット側はタッチ対応、という事はノート側はタッチ操作に対応していないという事なら、キーボード操作しつつタッチ操作が出来ないという事に。

重量1.25kgと重くバッテリ駆動5.2時間と短い為、固定設置になりそうな仕様。実売は下がると思うものの、これに14万円も出すなら素直にiPadと適当なウルトラブックで良いと思う。

 

Surface32GBモデルで使える容量が16GB?

久々にデジマガで面白ネタが登場。

マイクロソフトのタブレットPC「Surface」、32GBモデルでも実際に使えるのは半分の16GB
http://digimaga.net/2012/11/microsoft-surface-tablet-32gb-storage-is-half

このタイトルでは、「32GBモデルのSurface内蔵ストレージが16GBだった」とも取られる、デジマガ編集長十八番の上手い釣り記事。

回答はこちら。

32GBモデルを購入したところ32GBのうちOS(Windows RT)やWord、Excelなどのプリインストールアプリにかなりの部分が使用されている

(中略)

結果的に彼が使えたのは32GBモデルと名付けられている数字のうちの半分、16GBでした。

そしてテンパるマイクロソフト。

マイクロソフトは訴訟に対して「ユーザーはmicroSDカードやUSBポートなどをつかってストレージ(容量)を追加できます」などと意味不明な供述をしており、

32GBモデルなのだからマイクロソフトの「追加すれば良い」発言は問題のすり替え。アップル(故ジョブズ氏)のiPhone左手持ちでのアンテナ減問題に対する「そういう持ち方をしなければ良い」発言並に強引。

この訴えは集団訴訟へ発展する予定と書かれておりますが、話を戻すとこの訴えが「情弱」と思ったか「正当」と感じたか。

マニアやオタクや上級者で無くともPCユーザなら情弱と思うでしょう。しかし携帯電話世代から言わせると正当と感じるやも知れず。

パソコンの場合は基本的に1ストレージ(HDDやSSD)にOSやプログラムファイルなどが入っており、空き容量という空き容量という考え方が常識的。

しかし、携帯電話などはOSが本体に内蔵されておりユーザが意識せず、データの保存はSIMや数GBのSDカードなどへ入れるが普通。

Surfaceというノートもどき板PCを、パソコンユーザが使うか、携帯電話ユーザが使うかで捉え方が変わるのでしょう。

OSなどが入っているのだから空き容量は減って当然か、OSなどが出荷時から内蔵されているのだから32GB全て空き容量で当然かの違い。

Windows8を入れてもモニタがタッチ操作にならないというクレームよりは質の高い訴えと言えそう。マイクロソフトもそこまで考えていなかったわけですな。

マイクロソフト、Windows RT版Surfaceはまずまずの売上 -Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/11/12/windows-rt-surface-ceo/

結果、思ったほど売れずに良かったのかと。

 

Windowsトップがマイクロソフト退職など3つ

ラストはややマニアック小ネタを3つ。

Windowsのトップ、マイクロソフトを退職 | Computerworld
http://www.computerworld.jp/topics/577/205488

なるほど、と何故か納得してしまったのは私だけでは無いでしょう。それが原因とはどこにも書かれておらず、そうとは限らないけれど。私が何の事を言っているのか解るなら次期バージョンには期待しましょうか。

AMD、身売り報道否定 自社売却や資産処分は考えず|Computerworld
http://www.computerworld.jp/topics/634/205517

AMDが身売りして困るのはインテル。生かさず殺さずを続けなければ、特に独禁法(のような法律)が厳しいヨーロッパ圏でパソコン販売が厳しくなる為。火の無い所に煙は立たず、AMDはWindowsを見限るつもりか。

アップル、英国でサムスン側の裁判費用も賠償を命じられる-Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/11/11/appleuk/

アップルがアップルらしい意地を張り過ぎ、英国判事の逆鱗に触れてしまった制裁おかわり第三弾。呆れを通り越し笑ってしまうという表現が合いそうな流れ。意地を張るほどアップルは自分の首を締めております。  


自白強要事件もみ消しの、なりすましイタズラ犯追跡ごっこの新展開は以下。

真犯人からの自殺をほのめかすメールを報道などが各所で受信し、わざとらしい添付画像と編集可能なExif(写真撮影の環境)情報を元に聞き込み捜査。

本当に自殺していなければ、画像の神奈川新聞やExif情報をそのまんま入れているのは撹乱用。別件でFBIに依頼など、イタズラ者は大喜びでしょう。

警察も真偽は別とし恥を覚悟で聞き込まねばならず、真犯人はここまで大きく報道されるなら遠方からでも状況を確認可能。

2chまとめを見ると警察は笑われたり批判されており、益々真犯人の目的通り。今回の新展開により、真犯人を早く見付け出し拘束しなければ、現状がいつまでも続く可能性が出て来たわけですな。

警察が浪費した税金に対し、真犯人がどのような罪でどの程度の罰になるのか、コストパフォーマンスが気になる。

大規模に捜査や追跡する量に比例し警察側は恥の上塗り。自白強要のもみ消し目的が、後に引けなくなっておりましょう。

不謹慎承知の上、いたずら犯は国家試験に合格するという頭の良さ(勉強出来るとか記憶力が良い)では無い頭の良さ(生き残る為の応用や先読み)が有ると思われ関心。

まとめ。今回の件の被害者は警察、冤罪の加害者は警察と思うので、多くの人が無駄な税金を使うなと申されているわけですな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。