PC性能の格付けアンケートへご協力を(2020年7月)

2020年7月27日

2chのPC性能格付スレッドより。

CPUのコア数とVRAM容量、メモリ容量の3種類を組み合わせ、スペックがハイ・ミドル・ロー・超ローの4種類に分けるというもの。設問の境界線が厳しいけれど、当サイトでどのくらいの割合でハイが出るか。

月曜なので手短に参ります。

元ネタはこちら。

2秒でわかるPC性能www : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/56898161.html

格付を引用。2秒ではわからないと思う。

A ハイ

  • CPU:10コア以上
  • GPU:6GB以上
  • メモリ:24GB以上

B+ ミドル

  • CPU:4コア以上
  • GPU:1.5GB以上
  • メモリ:8GB以上

B- ロー

  • CPU:2コア以上
  • GPU:500MB以上
  • メモリ:4GB以上

C ?

  • どれにも満たさない

8コア以上はAで良いのでは?とも思ったけれど、そうするとメモリを特盛しているゲーマーが簡単にAクラスになってしまうのでこれで良さそう。

問題は私のようなグラボ非搭載ユーザで、グラボのような専用のVRAMが無くメインメモリを使うので何GBかを意識している人は少ないはず。

そこでどこを見ると良いかはここで。

mon-res-vram.gif

Windows 7の画像ながら10も共通で、デスクトップ画面の何も無いところを右クリック->画面の解像度(1)->詳細設定(2)で小窓が出るはず。

(3)で赤枠している中での画像の例ではこう。

  1. 利用可能な全グラフィックスメモリ 1888 MB
  2. 専用ビデオメモリ 384 MB

1番の方、なので1888MB、ということは約2GBとすると格付のB+となっている1.5GBはギリでクリアしていると解釈し、CPU4コアとメモリ8GBもギリでクリアしているので私のメインPCは「B+」ということに。

B-かC判定になりそうな場合、Core iシリーズ世代のCPUならばAtomでさえ最大748.5MBなので、Windowsが10でCPUが相当古いCore 2以前でも無ければまずB-の500GBはクリアしております。

ちなみにインテルのこのページ、豆知識的に役に立ちそう。

Windows 10 上のグラフィックス・メモリーに関するよくある質問
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000020962/graphics.html

mon-res-vram-2.gif

メインPCがAtomな人はまず居ないだろうから、VRAM1.5GBはまずクリアしていることでしょう。

更にちなみに、GTX 4桁のグラボを搭載しているにも関わらず、(3)の下段「ビデオ専用メモリ」が数百MBになっていたなら、マザーではなくグラボ側の端子へモニタの接続を変更しましょう。グラボの意味がない。

一覧をもう一度。「C?」は「C 超ロー」へ変換。

A ハイ

  • CPU:10コア以上
  • GPU:6GB以上
  • メモリ:24GB以上

B+ ミドル

  • CPU:4コア以上
  • GPU:1.5GB以上
  • メモリ:8GB以上

B- ロー

  • CPU:2コア以上
  • GPU:500MB以上
  • メモリ:4GB以上

C 超ロー

  • どれも満たさない

条件は3項目セットで満たさねばならないとして、手持ちの最高スペックなバランスのパソコンでお答えあれ。

PC性能10コア以上構成は1割未満

投票後に経過表示、投票せず経過のみ見るなら View Results をどうぞ。※2020.08.04 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>CPU:4コア以上
>GPU:1.5GB以上
>メモリ:8GB以上
今やRyzen3やi3でも4コアは当たり前ですから、言うなれば
>下の上
かと。
ですから
>中の下 6コア以上
>中の上 8コア以上
ぐらいが妥当では無いでしょうか。
ただ、あまり細分化するのもアレなんで、
>中 6コア以上
で纏めるのも良いかと。

4つに分けるならシンプルに「ABCD」で良かったのでは、と思いはしますが。B判定で「ロー」を冠するにはやや違和感ありますし。

>ハイ
スレ主の意図は「それなりのゲーム」だとか。おそらく3DCGゲームでそれなりの重さを想定していると予想。PUBGで「最高画質×フルHD×100fpsオーバー」を目指すくらいのスペックでしょうか。

ほか馴染みのあるタイトルで、スレ主の言うハイスペックが必要そうなゲームは以下。()内は推奨スペック。基本的に最高の解像度・設定・画質で。

1.コール オブ デューティ MW(i7-9700K、16GB、RTX 2080 Super)
2.黒い砂漠(Core i7-8700K、32GB、GTX 1080Ti)
3.隻狼(i7-8700K、16GB、GTX 1080Ti)
4.バトルフィールド5(i7-8700、16GB、RTX 2080)
5.モンハンワールド アイスボーン(i7-9700F、16GB、GTX 1080Ti)

>デスクトップ画面の何も無いところを右クリック->画面の解像度(1)
Windows10では名前が違います。

右クリック → ディスプレイ設定 → ディスプレイの詳細設定 → ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します

以上のやや深い階層に変わりました。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。