1万円前後で買えるスマホPCタブレット特集(2016年3月)

2016年3月30日

安物端末情報2016年春。

大昔のWindows PCは安くとも10万円を切らなかったけれど、数年前には3万円のノートが出るまで価格は下がり、現在は形を変えて1万円前後で手に入る端末がいくつか販売されしております。

全てWindows仕様で7種類。

1万円前後で買えるスマホPCタブレット特集(2016年3月)

1万円前後という表現が曖昧なので、税込かつ送料込で実質1.2万円未満。パソコン2、タブ3、スマホ2種類の順で参ります。

ドスパラのスティックPCが1万円を切っている件

本当はこれで1記事行こうとしたけれど、棒PCネタは食傷気味なので自粛。

DG-STK3

送料500円+本体9,241円+消費税で計10,520円。

以前も別の機種を1万円切りで販売していたものの、当時の棒PCは月額数百円が発生するセーフティサービス加入が条件となっており鬱陶しかったところ、今回は素で税込9,980円となっております。

仕様は画像を見ての通り、Win10の32bit版+Atom Z3735F+2GBメモリ+低容量eMMCというスティックPCあるあるな構成。

マウスのスティックPCは直販では無い方が安い

マウスのm-StickはWindowsが標準で10になり、公式の直販でMS-NH1-W10が18,800円(税+送料込)で売られているけれど直販ではない方が安い。

MS-NH1

source:価格.com - マウスコンピューター m-Stick MS-NH1

理由は単純に旧機種なので処分価格となっているのでしょう。最安はエクセラーというショップで送料無料、カード決済可、価格コムなので税込表記。

Windows 8.1だけれども現在は10へ無償アップグレード中なので問題無し。私の棒PC、同じ仕様でアップグレードしたところ無線LAN+光回線で1時間かからず完了したので参考まで。ちなみに8.1へ戻すのは10分くらい。 

低価格タブレットの定番は「Ployer momo7」

安さで言えばこれが有名だと思う。

momo7

source:Amazon.co.jp:Ployer 7インチ Windows10 Homeタブレット momo7W

Ployerという聞いた事の無いメーカーはもちろん中国。

ここからもスティックPCと性能は同じくらいだけれども、メモリが1GBとかeMMC容量が16GBに絞られていたりするのでレビューは必読。

価格はもちろん税込、Amazonの倉庫から出るので送料無料。Windows 8.1で良いなら7,500円というわけのわからない激安価格で販売中。

Windows+Androidデュアルブートなら「原道 W7」

Windows 10とAndroid 4.4を入れた物ならこちらがやや有名か。 

原道

source:Amazon.co.jp: タブレットPC 原道 W7 Windows10+Android4.4 デュアル

Windows 8.1でも良いなら現在ジャスト10K円。

評判の悪さの理由は性能や用途では無く製品としてショボいとのレビュー有り。タブレットとしてはAndroid、艦これする時だけWindowsという使い方も有りでしょうな。 

円高化するなら「Cube iWork 8 Ultimate」もアリ?

こちらもデュアルブート可能。但し海外からの発送。

Cube-iwork8-Ultimate

source:Cube iwork8 Ultimate Tablet PC-92.89 and Free Shipping| GearBest.com

元の価格は94.54ドル。上の画像はデュアルブート版にしており、Windows 10のみで良いなら10,570円になったので187円しか差がございません。

送料が気になるけれど在庫が中国に有る為か結構安い。

  • Expedited Shipping:4 - 7 business days・・・$5.53
  • Flat Rate Shipping:7 - 25 business days・・・FREE SHIPPING

有料でも送料600円くらい。おそらく上は航空便で下は船便と思われ、ビジネスデイズという事はドンブラコするなら7~25営業日、9日~1ヶ月くらいは見ると良さそうなので待てるなら。

ヒツジ先輩も持っている「FREETEL KATANA01」

スマホは同じWindows 10でも~Mobileが付くやや別物なOS。

katana01

source:ヨドバシ.com - freetel フリーテル FREETEL FTJ152E-KATANA 01

価格は13,100になっているけれどヨドバシを頻繁に利用するならポイント相殺で実質11,790円くらいの手出しになる計算で現在は価格コム最安より安い。

特に支障無く使えており、バッテリも1日もつので問題無し。しかしOSがWindowsなのでアプリが超少なく、冗談で買うとかAndroidタブレットとiPod~持っているので話のネタにスマホはWindowsという変な人にしかおすすめ不能。

Windows 10 Mobileでは艦これ(というかFlash)動かないので御注意有れ。

ドスパラはスマホでも1万円を切っている御様子

ラストもドスパラ。

DG-W10M

発売3ヶ月でまさかの大幅値下げ。高い時に買った人を敵に回すのでは。

そして送料はスティックPCが500円なのだから無料か同じく500円だろうと思い込み上げてしまい失礼。何とこいつパソコン並、税別2千円なので2,160円も送料が乗ってしまい合計は12,140円、条件から外れてしまった。

買うなら秋葉原などの店舗へ出向きましょう。在庫有るかは知らない。

 

激安PC登場はインテルとマイクロソフトのお陰?(まとめ)

パソコンやモバイル端末の仕様の見方が良く解らない人には、「1万円前後?そんな物が使い物になわけない」と思うかも知れない。

ある意味確かにその通りで、性能が低く容量が少なく、高級機と比較すると解像度の低さやバッテリのもちも短い物が多め。しかし使い物になるかと言えばなるので多くの人が購入しているわけで、すなわち用途次第。

なぜ最近の端末が激安化しているかは主に2点。

  • CPUが安い・・・インテル
  • OSの無料化・・・マイクロソフト

インテルの技術力が上がり省電力&低発熱な割に処理能力が比較的高いCPUが安くリリースされ、マイクロソフトはWindows 8系の頃から販売戦略が変わり現在は無料またはそれに近いライセンス料でWindows 10を提供。

なぜそのような事をするかは、インテルの場合はモバイル端末の普及によりARMプロセッサが同時に普及しパソコン以外の市場でも戦わねばならなくなった為。

マイクロソフトは、パソコンならばMac OS Xのアップグレード無償化とChrome OSが実質無料でばら撒かれており、モバイルではAppleが自社ブランドのみで出すiOSとGoogleのAndroidがこれまたやはり実質無料な為。

インテルは激安プロセッサも出さざるを得なくなり、マイクロソフトもWindowsシリーズを無償化しなければ将来的に明るくは無いといったところなのでしょう。

「なるほど、そういう理由が有るなら納得」はお待ち有れ。

利点にしか見えない2つには裏が有り、CPUは4コアも有りバーストで処理能力が高まる無理をしている代償として高温になると性能を落とすという難点が存在。

Windows無料は一見すると無償ボランティアに見えるかも知れないけれど、今後はWindows上で広告表示や収益の導線を貼る方向へと方針を変えているはずなので、それらがどこまで鬱陶しくなるか、使いづらくなるか未知過ぎる。

Atom系CPUなので安い、Windows 10なので安い、利点以外に難点も承知の上で多くの人は激安端末を購入していると思うので、買うなら理解も必要。

しかし1万円程度なら冗談で買っても良さそうですな。ここまで安いなら不満が有れば誰かに譲れども後悔しないレベル。

但しWindowsスマホは1.2万円でも割と後悔しております。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

誰かに譲れども後悔しないレベル

押入れにおるちょいパソくん今なら送料無料で進呈いたします
http://akart.jp/products/95.html
押し付けたくなるレヴェル

使うとか使わないとかじゃなくネタというにスキル全振りしています(押付文句


>ドスパラのスティックPC
マカフィーのセキュリティソフトが付いて来ますから、更にお得ですね。スペックの低いPCにマカフィーは、やや拷問気味な気がしない事もありませんけれど。

>Ployer momo7
Ployerってフランス語ですよね。読みは「プライエ(プルワィエ)」で意味は「曲げる」辺りでしょうか。電子機器メーカとしては不吉な響きですけれど、安いから大丈夫なのですかね。

デフォルトのシステム設定が中国仕様らしいですから、コントロールパネルから地域の設定を日本に変えたり、ブラウザのフォントを日本語に変えたりと、購入後は少し手間が要るようですが、これだけ安いなら我慢できます。

>Windows 8.1で良いなら7,500円というわけのわからない激安価格
こちらでしょうか。

Amazon.co.jp: Ployer MOMO7W 16GB intel 3735G IPS液晶 BT搭載 Windows8.1 Bing
http://www.amazon.co.jp/dp/B00U7CDNRI

商品説明に「OFFICE365対応モデルとなります」との文言がありますけれど、Soloではない方のOffice 365は法人向けの月額サービスではありませんでしたっけ。不思議です。


私が12,000円未満でPCを買うなら、中古から選びます。MARプログラム対応PCなら価格も安いですし。激安でストレスの溜まる新品を買うくらいなら、使い潰すつもりで乱暴に扱おうが壊れようが後悔しない中古の方が得。

5年前のノートPCのブラウザーで複数のタブを開くと遅く感じるようになった(スマホのほうが速いというw)ので、外出先のネット用にノートPCかタブレットの購入を検討していますw マウスを使いたいのでできればノートPCのほうが良いかもしれないw

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:2in1で先行するWindowsタブレット、iPad Proに負けない優位性とは - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1603/31/news090.html
こういう記事がw

>スマホは同じWindows 10でも~Mobileが付くやや別物なOS
スマートフォン比較表 - OS:Android 5.0
http://www.smph.info/index.php?subval=16&sub=os&table=v&sort=-release_date
スマートフォン比較表 - OS:Android 5.1
http://www.smph.info/index.php?subval=18&sub=os&table=v&sort=-release_date
スマートフォン比較表 - OS:Android 6.0
http://www.smph.info/index.php?subval=20&sub=os&table=v&sort=-release_date
VS.
スマートフォン比較表 - OS:Windows 10
http://www.smph.info/index.php?subval=19&sub=os&table=v&sort=-release_date

「うわ…Windows10 Mobile、少なすぎ…?」 ?ではなく少ないのデス
Andoroidは最近のものだけにしてみましたが、圧倒的ですねぇ。少数精鋭なのか衆寡敵せずなのか。Windows10 Mobileの明日はドッチダ

【年収低すぎ娘】うわっ…私の年収、低すぎ…?画像まとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133261797079739701
サイトトップの一番下に元ネタが同じバナーが有りましたw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。